疲れている、ウクライナも

土曜日になった。
8時半に起床、もっと寝ていたかったが歯医者の予約があった。
帰宅して、昼食。一昨日の半額とんかつと缶チューハイでヘビーな昼食。
こうしてブログを書いているが、ウトウトしてきた。
テレビやビデオではなく、久々にオーディオシステムに通電、ユーミンのベスト盤をチョイスした。
先日、ひょんな事で姪っ子がらみで小学生の子供達数人と話をした。サーフアンドスノーを知っているか、の問に1人だけ「聞いたことがある。」。次に映像で「私をスキーに連れてってを知っているか」の問に「父母が見ていたかも」と答える子供がいた。ユーミンホイチョイは確実に次世代に受け継がれていく。
というわけで、荒井由実の時代の楽曲にうるうるしながら午後を過ごすことになる。

もう一つ
アメリカとウクライナのニュースについて。
アメリカは多額の軍事物資の支援をしている。本音は軍を派遣したいのだろう。今のロシアになら勝てそうである。ところが、このご時世それはしない。ベトナムイラクの悪夢があるからである。アメリカ人の人的損失は許されない。というわけで物資だけの支援となっている、と推理している。
もちろん、半分は戦争しているわけで、アメリカの主幹産業である軍需産業はおおいに栄えるわけで。
どうせなら廃棄直前の戦闘機などの航空兵器もくれてやればいい。戦争は泥沼にしか向かわないのである。世界大戦もドイツや日本は破滅一歩手前で政治的に終戦したが、本当に平和になったわけでなく、終戦させたはずの米ソで戦争状態が代理戦争というかたちで長く続くことになった。ヒトラーが言ったようにどちらかが消滅するまで続けようとするのが戦争なのだ。

私が考える解決策は
ガンジーに代わる誰か、天皇ローマ教皇、大国の首相、ノーベル賞をとった若い環境活動家、石油富豪、有名ミュージシャン、が数十人モスクワに行って停戦交渉を直訴する。ついでに有名芸術家工芸家などがお土産を渡して停戦を訴える。政治や軍事ではない平和交渉がボディブローのように効くのではないか。

差別発言の荒井首相秘書官

同性婚カップルを差別する発言をした首相秘書官を更迭する考えを明らかにした。
というヤフーニュース。

今の世の中、SDなんとかズが主流のようでそれに反する発言をすると弾かれるという構図になっている。私から見れば言論統制にしか見えないけどね。
環境問題にしても、木を見て森を見ずという考えや発想ばかりが目につく。そもそも科学者の発想ではなく政治家の発想なんだ。
あなたが「同性愛してみろ」と言われれば「嫌だ、気持ち悪い」「セクハラですか」と言われるのが関の山。つまり秘書官の発言の前の記者たちの「同性婚を」という質問がセクハラなんだけど、そこはSDなんとかのせいでツッコまれない。不平等なシステムなんだ。一方的な考え方を良しとしてそれ以外を排除とするわけで。
秘書官は「いいことです。私もやってみたいです」と言えば良かったのか。それもおかしい。正解のない質問だったわけだ。当然、正しい答え方があるのだろうが、それしかないことが言論統制、戦時中に暗躍した憲兵の代わりが馬鹿マスコミとネットということだな。
マスコミだってSDナントカに反する記事は書けないわけで。

ワタクシゴトだが
先週から腰痛がひどくなる。今週はさらに痛みが増した。木曜日の午後にギックリ腰状態になり自分の業務が終わったところで1時間早退、整骨院へ。いつもの低周波だけでなく超音波も。金曜日は少し楽になったが「続けて来てください」の言葉通り早退して治療した。
土曜日は奥歯の詰め物がとれたので歯医者へ。その奥にある親知らずがグラグラして歯肉炎も、抜いたほうがいいと進言された。来週抜歯することになった。
年度末に近づき業務量も増えているし、寒いし、通勤で使う16号線の渋滞もひどいし、私だけではないのだろうが、しんどいのである。
SDなんとかは大事なことだが、自分の健康や生活のほうがもっと大事だ。

迷惑行為被害「スシロー」

けしからん。厳罰を。というのではツイッターなどの一般的な投稿と変わらない。
少し斜めにみてみた。

なぜ、アホ動画をアップしたか
アホに「アホとはどういうものか」を論じても意味がない。このアホたちの原動力は何かを考えてみた。ユーチューバーの活躍がある。アホみたいな動画をアップして大金を得ている人たち。アホみたいな動画を喜んでいるのは小中学生とアホな大人である。一部の小中学生には「やってはダメ」ということがしたくてしょうがない。だから小学生や中2は間抜けな事件を起こすわけで。
〇〇をやってみた、は子どもたちの願望の表れでもある。実際アホ動画の出演者たちも楽しそうである。

なぜ回転寿司か
休日の回転寿司に行くとわかる。すごい人気なのである。いい歳したおっさんやオバハンが馬鹿みたいにお皿を積み上げている。お寿司をたくさん食べた、という贅沢感がたまらないのだろう。普通の寿司屋じゃ一人前安くても2000円。回転寿司は半額以下だな。貧乏人の楽園なのである。残念なことだが、こういう庶民的な人がたくさん集まるところには一定割合で迷惑な人達やアホも存在するわけで。
記事では対策に躍起になっている、とのことだがこれはパフォーマンスで実際はアホの存在も必要経費なんだろうね。

なぜ今なのか
これは都合の良い推測だが。
最近の回転寿司には不満がたくさんある。その一つが値上げである。一皿100円という長いこと続いた神話は終わった。実は、その前にも値上げで、ちょいと高級な食材が一皿150円になっていた。鉄火巻はもう注文できなくなった。接客人件費がかからないネット注文のテイクアウトも値引きがなくなり実質値上げだ。様々なコストが値上がっているわけで「文句あるか」という値上げである。その上マグロ100円などすじが多いひどいネタ。1ヶ月に何回か、一回に二皿頼むなどしてみたが、見事に品質は同じだった。100円でマグロを食いたいならこんなもんだ。と言われているよう。スーパーでパックのにぎり寿司を買うより安い回転寿司だが、値上げと品質劣化でスーパーと変わらなくなってきた。ちょっと美味しいネタは一皿150円200円である。
テレビのグルメバラエティ番組ではやたら持ち上げられている回転寿司だが、反感すら覚えている。
というタイミングでの今回の迷惑行為動画なのである。

このご時世、経営が大変なのはよく分かるがあれだけの集客があるわけで。もう少し店舗に負担が少ないテイクアウトなどを優遇するなどしてくれてもいいのでは。お皿を積み上げてニヤニヤしている良客からたっぷりお金を貰えばいい。

室内マスク問題 卒業式マスク問題

歳をとったせいか呼吸が浅くなった。お陰でマスクをすると息苦しくてしょうがない。自宅ではもちろんしないし、我が家を訪問する客がいたとしても敷地内ではマスクはしない。
もちろん、ウイルスを貰わない生活に気を使っている。不特定の人との接触はしたくないし、職場でも同僚と昼食を取ることもない。基本的に外食はしない。先日回転寿司に行った。外食ではなく注文してパックに詰めて持ち帰るだけ。この回転寿司はネット予約のテイクアウトの割引制度をやめてしまった。クーポン券も店内注文のみ、時代に逆行している。仕方なく店内に入りテーブル席で注文してパックに詰める。
隣の席では家族連れ、反対側ではおばさんのグループ。それがでっかい声で笑っている声。それなりの高さの仕切りがあったにしても聞こえるということは空気がつながっているということ。不快なことこの上ない。
外食は嫌だ。

後輩の話や近所の人の話で学校の状況が少しだけ分かる。
マスクなしについては賛否両論。理由は生徒も教員もそれなりに感染して、もしくは家族の感染で濃厚接触者として休む人が多いと言う。
いくら学校で気をつけていても家族が飲み会などで家にウイルスを持ち帰るわけで。マスクがどうのこうではない。できれば感染歴がある親は学校に来てほしくない。さらにそういう家族がいる子供はマスク着用にして欲しい。差別とかではない。病気になることは、特に感染症になることは悪なのである。まして、大人が子供に病気を感染させることは虐待である。もし、そんな悪意はないというのならどうして感染したのかを検証してほしい。飲み会や食事会などの行動歴があればそれは「悪意」なのである。真面目に感染対策して生きている子供にコロナを感染させるのは悪ではないのか。
そういう親を締め出せば卒業式はマスク無しでできるのではないのか。子どもたちには安全安心を担保したい。

私の友人からコロナに感染した、という話を聞いた。(多分初めて)
公務員で管理職になった人物、ものすごく気をつけていたはずなのに。年頃の息子が持ち帰って家族全員家庭内感染だったそう。本人に落ち度がなくても家族に落ち度があれは結論は一緒。マスク無しで卒業式とはならないだろうな。

今日の月


上弦の前からちょいちょい撮影しているのだけど、仕事の疲れと寒さで体力が弱っていて寝てしまうことが多くなった。
おまけに月の南中高度が異常に高い。ほぼ真上だな。首や腰が痛くなる。(笑)

もう一つ
バックカントリースキーというらしい。
アホが雪山に入って勝手に遭難して周囲に迷惑をかけていると言う。
外国人観光客が多いそうだが。どうせ保険も使えないわけでたっぷり捜索活動費用や医療費をいただけばいい。アイツラはお金を使いにきているのだからちゃんとお金をもらうべきだな。
今日のニュースで日本人遭難。40代後半と50代前半だそうだ。フンベツがついている年齢。自己責任ということで雪に埋もれてもらって春に遺体収容でいいのではないかな。「命の軽視」と批判されそうだが、あの雪山にレジャーで入って遭難しているのである。命を軽視しているのはバックカントリースキーの人たちではないのか。

自分へのお年玉


CMでもおなじみの本屋で買える付録付き書籍。
HOゲージシリーズということで7000円もする。それでもこのスケールなら割安感がある。ついつい手を出してしまった。

本物と比べるともう少しディテールを、といいたくなる。

本日はこんなでかい箱が届いた。

運悪く、嫁さんが開梱始めたところで帰宅、まあこんなでかいもの隠しようもないが。
中身は

中古品、キズキズ、サビもある。送料込みで数千円程度である。それも中古と言っても昭和の遺物、骨董品に近い。発売当時、6万円もした。金属パーツが多くずっしり重い。BB弾が出るそうだが今となっては飾るだけだな。
M16A1、私が一番好きなアサルトライフルである。特に初期のベトナム仕様はいい。残念ながらこのガンはマガジンだけベトナム仕様であるが。
仕事関係の付き合いで夜の街に出ることもない私、2つで1万円台前半程度の自分へのお年玉なら嫁さんからそれほど文句も言われないだろう。
というわけで狭いゴミ屋敷にまたゴミが増えたのだった。

今日の月


寒い日が続いている。
今週の始め、金星と土星と月が大接近という天体ショーがあったのだが、見事に天気が悪く見られなかった。ようやく昨夜寒波とともに冬晴れとなって月が見えたが、寒くて撮影断念。
今日こそと思って帰宅したものの、雲が広がっていてあきらめて帰宅。
空を見上げるとぼんやり月が見えている。と思ったら近くを飛行機が。ええ、羽田アプローチが南風都心運用に。そんなに温かい南風が吹いているとも思えないが。
お言葉に甘えて、アプローチ機を庭で狙っていたら、早速月に向かってきた。
結局この1機だけだった。

最強寒波

関西ではそこそこの被害が出ているそうだが、東京での積雪という予報の検証はなされていない。
全く降らなかった。今朝、早めに起きて出勤をどうするか思案していた。が、外は道路が濡れていない。全く普通にクルマで出勤できた。風が強かったが京葉線も止まらない。
あれだけ首都圏が麻痺するような報道だったが、何も起こらなかった。 
大外れだったので、気象庁フェイクニュースに乗っかったマスコミはしっかり検証、言い訳をすべきではないのか。
さんざん脅かしておいて「実はなにもありません」というのは、何も予報しないのに災害が起きたというよりマシだというスタンスなのか。
いつまでも、この間抜けな天気予報を容認してはならない。彼らにあおりに煽った罪悪感がない。それはスーパーコンピュータがだした予報だという意識が強いからだ。そもそもがコンピュータの責任で自分の責任ではないという無責任な天気予報のシステムが問題。これを許すとするなら気象庁気象予報士の免許も必要ない。

少なくとも、あれだけ大変な寒さ積雪になると報道されていたわけで。それでもクルマで出かけて10時間も動けないと言うやつ。なんか被害者のように言っているが、単なるアホではないのか。自業自得、雪の中でおおいに寒いひもじい思いをしていただきたい。それが嫌なら大雪の予報が出ているのにクルマでお出かけ、高速道路に入るべきではない。

JAL、着陸直前の揺れで乗客1人骨折

1月7日午前10時ごろ、日本航空JAL/JL、9201)の羽田発宮崎行きJL687便(ボーイング737-800型機、登録記号JA307J)が宮崎空港への着陸に向けて降下中、揺れに遭遇して乗客1人が肋骨(ろっこつ)を骨折するけがを負った。国土交通省航空局(JCAB)は23日、けが人が出たことから「航空事故」に認定した。
というヤフーニュース。

ツッコミどころ満載のニュースである。
揺れたというのは、まあ確かなこととしよう。降下中に揺れることは珍しいことではない。その揺れ方が問題なわけだが、どうもそれほどでもないようだ。その証拠として
☆怪我したのはその一人
☆他の証言がない。
☆怪我した人がどういう人なのか報道されない。

つまりこの人だけの事象だと思われる。
さらに、シートベルトをして座っていて、どうやって肋骨が折れるのか。具体的な検証もないニュースだ。

もう一つ
今夜から東京地方でも積雪、低温のニュースがトップで伝えられている。10年に一度の寒波がいつの間にか史上最強の寒波に入れ替わっていた。根拠のがない。
ニュースでは過去の人が転ぶシーンを繰り返し。ニュースではないね。
さらに、ホームセンターやスーパーで関連商品が売り切れ、というニュース。毎年この程度の寒波は来るものだが、この人達は経験していないのだろうか。1年以内に南の島から引越して来たのかね。こういうすぐに動き回る人たちを最強寒波と脅かして経済を回すのが目的としか思えない。
最後に寒波で携帯が動かなくなるという。見てみると寒さで内部結露という。内部の水分で言うのなら真夏の汗だくのシャツのポケットだろう。0度がマイナス2度になったとして携帯にそんなに被害が出るとは思えない。もしそれが本当なら札幌や旭川では携帯は使えないことになる。よっぽどネタがなくてひねり出した寒波あるあるネタなのかね。

高すぎる電気料金、東電3割値上げ

東電から届いた電気料金を見て驚いた。16000円を超えている。去年より6000円高い。1.5倍以上。使用量は去年と変わらない。その上に値上げというのである。私たちは黙って受け入れるべきではない。ここはロシアでも中国でもミャンマーでもない。日本である。
どこから考えればいいのかわからないがとりあえず。

その1 円高
すでに落ち着いて来ている。

その2 ウクライナ情勢
天然ガスが高騰している。全世界で困っているわけだが。
実は、これも時がたつに連れて価格が安定しつつある。まだ怪しいが。
それはロシアのガスを切り捨てての世界での新しいバランスができつつある。ウクライナ以前とはいかないが3割も上げる要因にはなりにくい。

その3 馬鹿みたいに火力発電
馬鹿みたいに高い天然ガスを購入して、馬鹿みたいに燃やして火力発電してCO2を排出、馬鹿みたいに原発を無理やり止めて、馬鹿みたいに太陽光発電システムに助成金を払わされている。
原発に反対するならその分余分に払わされている電気料金を反対する人が肩代りすればいい。そもそも原発反対か賛成か国民投票をしていない。原発推進派の自民党過半数なのだから政治的には原発稼働で良かろう。

その4 福島
私達東電ユーザーは福島原発事故の保証金も料金にのっけて払わされている。あの事故は私達ユーザーの責任ではない。なのに連帯責任みたいな感じになっている。

まず、電気料金値上げに国民は強く反対すべきなのだ。電気料金値上げと増税はほぼ同じ意味である。一般企業の商品の値上げと電気料金の値上げをごっちゃにしてなし崩しにしてはいけないのだ。