F35B、FA18などのニュース


画像は私の撮影した趣味の写真です。(笑)

ニュースその1
合同訓練で護衛艦いずもでF35Bが離発着したという。
まあ、いずれそうなるとわかっているわけだが、現実になったというのは大きい。
F35B部隊を海自が持つのか、空自と合同で運営するか。

ニュースその2
普天間でF35Bの離発着、ナイトも頻繁だそうだ。
ニュースの出どころは琉球新報? とある。
ある意味ローカルな話なんだけど、地元民は轟音で通報しているとか。
軍事基地の近くに住んでいて「轟音で」というのはある意味わざとだよね。

ニュースその3
辺野古上空でFA18機がごう音、というニュース。
こちらも出どころは琉球とある。
琉球のローカルを続けざまにヤフーニュースでというのは何か恣意的なものを感じる。
この近辺をF15やFA18が飛び交うのは日常にも思える。

ニュースその4
F-2B が歓迎フライト…ツインリンクもてぎSUPER GT
このニュースはいろいろな意味で興味深い。
F2は百里ではなく松島から来るらしい。菅生のレースで松島なら同じ宮城県で、となるのだけど栃木のツインリンクもてぎとなるとどのようにつながったのか。
さらに記念飛行なら空自にはブルーがいるわけで。コロナでブルーも暇をしているはず。にも関わらずあえてF2というのは何か、興味深い。
私個人ではブルーの演技については世界的に見ても素晴らしいのだけど、ただ編隊飛行で飛ぶだけならT4練習機である。やはりF15やF2の方が華がある。実はこれからの記念飛行を考えたとき、いいニュースなのである。

ニュースその5
戦闘機とは関係ないが、「SLやまぐち号」の台車に亀裂というニュース。
C57-1だけの問題ではないが製造されてから70年80年経っている機械である。まともに動いている方が不思議なのだ。
梅小路の技術者たちはSLの延命に必死、コンピュータでパーツを解析すると強度計算も形状も理にかなっていないそうである。だからといって基本設計を変えるわけにも行かず80年前の技術を結果的に継承しているそうだ。
私が最も驚いたのはSLの車軸にベアリングが使われていない。軸受との間には潤滑オイルのみという。
もしそれでも走らせるというのならEF58や新幹線0系100系などを動態保存しても良かったのではないか。(ついでに583系181系や201系も) 碓氷ではEF63を動かしているという、できない話ではない。お金の事情があるのはわからなくもないが産業遺産として残すことに異論がそんなにあるのだろうか。
さらに言わせてもらえば、自衛隊の基地の入口にF104などの静態保存の機体を見かける。茨城空港にはF4も置かれている。なのにB747などの時代を飾った旅客機の静態保存はほぼない。747などそれなりの土地が必要だけど東北の被災地復興だと湯水のように予算が出るのならほんの一部で産業遺産の保存ができるのではないか。

今日の月 十三夜


先週からずっと天気が悪いと予報されていた割にけっこう月見ができた。
明日の14番目の月は雨の予報だが。

福島県は、白河市で2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。個人宅で行われた宴会での感染者が16日までに5人を数え、クラスター(感染集団)と認定された。宴会は今月、約10人が参加して行われた。マスクなしで長時間に及び、換気もしていなかったという。
というニュース。
やっぱり宴会はダメなんだね。このごにおよんでクラスターとは、である。1300万人の都市東京でも50人前後、確率でいうとスーパーのくじ引き大会で1等が出るより難しいのではないか。そんな中での個人宴会で5人のクラスターとは。
解析すると多分参加者10人の中に一人感染者がいたのだろう。ご丁寧にマスクを外して大声で長時間、きっちりウイルスを感染させたということ。
もう一つのポイントは多分であるがワクチン接種を終えていたのではないか。だから安心して宴会してしまった。だから5人しか感染しなかったし、多分であるが無症状。これからのwithコロナの時代はこのての事案をどうするか、である。
きっちりウイルスを撒き散らしたのに感染率は5割である。飲食店で職場で家庭でと一日数千人が感染していたことを考えると限定的な、今となってはレアケースに近いクラスターである。
ウイルスが完全に消えたわけではないので、もう少しの間はこのような宴会は「蛮行」として考えるべきなんだろうね。

政党候補のうち女性18%

男女の区別だの差別だのいちいち批判する人がいるそうだ。
選挙というのは「われこそは」と志を持って立候補するもので、男女だからどうこうというのはないのである。
そんなことを言ったり報道すること自体が男女差別ではないのか。
電車の女性専用車両や野球や相撲のプロスポーツの男女の区別、陸上競技や水泳競技だって同じトラック、同じ距離を走ったり泳いだりするのだから男女の区別はなくてもいい。トイレだって女性トイレだけが混むとか差別があるわけで、個室が確保されているのならトイレも小さいレストランのように男女兼用でいい。などなどこんなこといい出したらきりがない。そもそも男と女は違うのである。それをむりやり同じだとくくりつける方が差別ではないのか。
思春期になって男女の違いを痛感するのだが、周りのアホな大人が「同権だの平等だの」とたきつけるもので、皆さん爽やかに青春しているように見える。が、ちょっとでも女性のいにそぐわない言動をしたものなら○○ハラスメントと叩かれてしまう。おかげで多くの若者が結婚しようとしなくなっている。
少子化の一因になっていることに気づくべきではないか。

今日の月

今日のガリレオ衛星

下手くそな木星

まあまあの土星

昨日の月


この写真は貴重なのである。
昨日は曇り空、時々晴れだったが夕刻は雲が厚くなり雨も降った。雨がやんで夜、雲の切れ間から月がちょっとだけ見えた。雨上がりはおぼろでクリアに見られなかった。
酒を飲んでウトウトしたあとの深夜、この写真を撮影、その後雲は厚くなり今日は朝からそこそこの降り方をしている。

昨日は朝、職場でちょいと仕事の後、県道を通って出身大学の近くの恩師の家へ用事があって車で行った。県道というのは船取線という千葉県北西部を南北に貫く幹線なんだけど片側1車線の普通の田舎道。普段から混むのだけど、昨日の土曜日はひどかった。たかだか20kmを2時間近くかかった。
私は気が短いほうなので渋滞は大嫌い。船橋市内に入り渋滞がひどくなると早速抜け道へ。大学へは就職後も何年か通い、近くの高校へも勤務したことがある。ところがである。抜け道もえらい混雑なのである。1時間で行けると思った行程が2倍近くかかったわけで。帰り道は使い慣れた裏道で混んでいたけど設定の時間で帰れた。
千葉県北西部を走るなら船取線と木下街道はできるだけ使わないルートを検索すべきだな。
今日は朝からザーザーと雨降り。数キロ離れた市内の先輩に青ゆずをあげようと午前に家を出る。これまた市川から流山への幹線道路、ほんの数kmだからと渋滞にハマったら全然動かないのである。いつもなら10分かからない行程を30分かかってしまった。
原因の一つがコロナ感染の終息なんだよね。緊急の解除は終息と同等ということでとにかく皆さん出歩きたいらしい。乗っかってしまった私も悪かった。これから年末にかけては出歩くならバイクがいいのだろう。
この状況は千葉県北西部だけではなく、さいたま南部、神奈川東部南部でも似たようなものだろう。コロナ終息バンザイということだ。

令和元年台風

この画像は2019年9月9日のもの。

関東地方直撃のひどい台風だった。
我が家は台風のおかげで屋上の防水が切れていることがわかり雨漏りが発覚、修理することになった。
調べるとこの年は2つの台風が関東直撃していて、9月の15号は房総半島台風、10月の19号は東日本台風と命名された。台風の命名は昭和52年以来という。
テレビでは10月12日に振り返るコーナーが各所にあったが、慰霊祭などの映像が主で科学的社会的な台風の検証がなかった。
wikiをみると直撃を受けた関東では、冠水程度の被害は多かったが人命や家屋を失うようような水害はなかったとされる。治水の勝利と書いてあった。
一つはダムの存在、一つは河川に増設されているスーパー堤防、一つは河川の地下にある水路である。
これらがトータルで数千万人の首都圏を守ったとある。
我が家の隣の町内に昭和まではよく氾濫する幅10mほどの水路のような川がある。昭和の終わり頃地下放水路を建設してから氾濫しなくなった。こちらも治水の勝利である。

もう一つ
新首相が東北被災地訪問というニュース。
何の被災なのか、どこなのか、日本は毎年のように天変地異に被災していてちゃんと見ないとわからない。どうやら10年前の地震の被災地ということらしい。被災地行脚というのなら八戸から九十九里浜まで10日かけて視察してほしいところだが、もちろん新首相にそんな気も時間もない。早い話がパフォーマンスだけなんだよね。そう言えば東京五輪も「復興五輪」などとパフォーマンスしようとしていたがコロナでそれどころじゃなくなった。人の不幸を自分の利益のためのパフォーマンスで使うというあの態度姿勢に猛烈な嫌悪感を覚える。

もう一つ
TBSドラマ「日本沈没」、初回は15%超えといういい数字だった。
ネットニュースでは以前のドラマ化も阪神地震の10年後だったとか。このくらいのタイミングでこのドラマをみるのが丁度いいということか。さらに、放送直前に関東地震が発生、フィクションと現実の中間くらいの感覚で視聴できるというのもプラスにはたらいた。
原作は1960年代小松左京、当時プレートテクトニクスという理論が主流となった頃、彼はそれをヒントに執筆したとされる。今になっても通用するストーリー、とんでもない本を書いたものである。
ちなみに小松左京が描いた関東大震災は死者300万とある。古くから言われている火災、ビルからのガラスの落下、鉄道道路での事故、津波による低地の水没というストーリーだった。
ところがである。阪神地震以来建物や建具の強度は飛躍的に上がり、家具の転倒などで死亡負傷する人がいるにしても火災や倒壊で死亡する人はそれほど多くない。交通インフラも地震に弱いとされているが弱いからこそすぐに運転取りやめで被害は最小に、台風の項目でも書いたが津波が起きたにしても東北の広い地域であの程度と考えると関東の水害の対策から逆算して10年前を超えることはなかろう。
東京湾の形、湾岸地域の高層建築などが津波を抑えてくれる予測もあり10m程度の津波が発生したと想定しても死者は3万人程度で収まるのではないか。50年前の小松の想定の1%である。都市は確実に防災面でも進化していると思いたい。

下げ止まり、再拡大

私の住んでいる、勤務先の行政で感染者0という話があった。
関東地方は終息に向かっている、感じがするのだけど。
今日の感染者数をみると北海道が27、沖縄が30と地方では突出している。さらに北海道は2週間増加に転じていると言う。
北海道民は感染バカなのか、それともそういう気候なのか。とにかく北海道は全国の先人を切って感染拡大をする傾向がある。どちらにしろ対岸の火事ではない。完全に終息していない以上次の波は考えられるわけで。
まあ私の場合、バカみたいに「今日は深夜まで飲めるぞー」などと繁華街を酔っ払って歩くことはないし、人混みにも行かないし、周囲に感染者もこれまでいなかったし。感染拡大は対岸の火事である。強いて言えば公共施設の職場なので感染拡大となると仕事量が増えてひたすら面倒くさい。

もう一つ
今日のニュースを見ていて気になったのが「刃物で刺されて」という事件が多発しているように感じた。時期や気候の問題なのか、コロナ禍が関係しているのか、興味深い。
四国の事件では一家3人皆殺し、上野駅では後ろから刺されたが命はあるそうだ。ドラマでよく見ることだが刃物で殺すには急所を一撃できるかがポイントだそうだ。
心臓を、とよく言われるが心臓は肋骨に守られていて素人が心臓を刺すのは難しいらしい。骨がない腹部の肝臓や腎臓とその周辺の動脈、さらに太もも内側の動脈あたりが致命傷になることが多い。これまでの刺殺事件をみると何箇所ものめった刺しが多い。一撃で仕留めるにはそれなりの技量が必要なようである。
などとこの手のドラマを見すぎの私である。
もう一つのポイントはこのようにドラマで見ることができること。テレビでは今となってはベッドシーンや女性の胸などはほぼNGである。のに、なぜか殺人事件はコナンや鬼滅など子供のみるアニメまで全然OKなんだよね。どういう規準なのかさっぱりわからないが、女性の胸より青少年に与える悪影響は大きいのではないかね。

衆院選

解散した、と騒いでいるが、そもそもの衆院議員任期ギリギリでの話。
総理大臣としては、解散、をやりたかっただけである。
解散自体はたいしたニュースではないのだけどね。

さて、選挙戦になって各党の主張なんだけど、野党は悲しい。
ほとんどが、10万円給付とか消費税減税とか何兆円の税金投入とか、「お金をあげますよ」という選挙公約ばかりである。それを聞いて「この政党に投票しよう」と考えるのも悲しい。
悲しい候補と悲しい有権者の悲しい関係である。一気に投票する気が失せてしまった。
安倍政権の前の政権の公約が「高速道路無料化」だった。もちろん実現不可能な公約であり、実現の一歩手前にもならなかった。
悲しいことに、堂々と国民に向けて不可能なことを選挙のときだけ言うのである。
10年前の民主党政権、このときにもう少しまともな政治をしていれば話は大幅に変わっていたかもしれない。
今回はコロナ禍での選挙だが、当時も3.11で国内は大混乱だった。
当時も菅政権、間抜けな対応で大ひんしゅくを買ったなあ。

バラマキ政策バンザイ

クルマの中で耳だけで聞いたニュースなので一部不確かなことがあるのはお許しください。

というわけで、東京もコロナ感染がずっと2桁台で、いよいよコロナ禍脱出の機運が高まる。この1年半のコロナ禍で個人貯蓄が30兆円以上増えた、そのうちコロナ禍が理由で旅行や会食などの行き場を失った貯蓄が20億円だそうだ。このあと感染の波が来ないのならばこの20億円をきっちり市場に流そうというのがそもそものバラマキ政策の根幹だそうだ。
昨日もここで書いたように、医療は儲かっている。旅行運輸は大変なのだが物流はその逆で儲かっている。小売は減っているように見えるが飲食同様に店頭販売が減っているだけで通販やコロナ禍でも普通営業できたスーパーは儲かっている。
当然儲かるのに不平等感はあるがよくよく考えればいつの時代も儲かる企業もあれば倒産する企業もあるわけで。それがバラマキ政策で一気に何十億円が市場に流れればこれまで苦しんできた人の多くが救われるかもしれない。
皮算用としてはばらまいたぶんは税収増加でチャラにできると考えていると思われる。
もう一つ
我が家はダブルインカムで適度に収入が確保されているのでもし10万円をもらったとしても口座の数字が100000増えるだけである。そのまま生活費になるわけだが。私らが望むのは原資ではなくて環境の方である。スタジアムや遊園地に入場制限や予約制があったり飛行機や新幹線を満席にできないからとすぐに予約がいっぱいになってしまうことのほうが問題なのだ。
gotoを再開していろいろな代金を割引にする、旅行や入場制限を科学的な見地で緩めていくという環境整備をしなければバラマキ政策は批判だけで終わってしまう可能性が高い。さらにテレビの映像で「こんなに人出が多くて危険です」みたいな科学的根拠がないコロナに関わる考え方は良くないのである。かといって、マスク無しで出歩く入場乗車はもちろん当分ダメだろうけど。