山田内閣広報官辞任と千葉県民

文春砲からは逃げられない。
という例がまた一つ増えたわけだ。
どんなに強気の官僚でもあれだけ叩かれれば限界だということだな。
そう考えると安倍首相は○○問題と何度も叩かれたのに長期政権を維持した。
これはすごいことなんだね。
まあ桜で限界に達したけど。
官僚や議員はある程度以上出世するためには、身辺をきれいにしておく必要がある。
過去にさんざん、もしくは少しでも甘い汁を吸っておいて、あとで大臣や事務方トップに出世しようものならこうして叩かれてしまうわけで。
逆の見方もできる。
ちょっとは悪知恵が働いたりずるいことをするくらいの人の方が面白いし人を惹きつける。
田中角栄は最たる例だろう。
酸いも甘いも知っている方ができる仕事も増えるということだ。
その逆が森元五輪会長、総理大臣を務めたあとも第一線で君臨し続けるというのはやましいことが無い証拠である。
この人は大スキャンダルではなくてちょっとした失言で蹴落とされることになった。
そう考えると、表題の山田内閣広報官辞任はたった数万円の食事で降ろされたわけで、安っぽい辞任劇となった。
もう一つ
千葉県民はいつも隣県と鍔迫り合いをしては負けている。
一昔前はチバラギと下に見られたこともあった。
千葉にできた『東京○○』が揶揄されることも多数。
さらに総武線東西線常磐線の通勤ラッシュが混雑ランキングの上位。
千葉都民と言われている。
あまり良いイメージが無い千葉で今日2つの嫌なニュース。
一つがコロナ新規感染者数が東京より多かった。
そもそも千葉県民は東京大好きなんだけど、わざわざウイルスまで東京から運んでくることは無いだろうに。
今となっては日本で一番感染が進んでいると言われている。
もう一つは、市川市長。
ちょっと前のテスラを公用車にということで言い訳しまくって悪評を買い、結局テスラを手放した。
今日のニュースでは市長室に360万円のガラス張りのシャワー室を設置。
またまた、歯の浮いた言い訳をしていて市民はなんとも恥ずかしい思いだろう。
それよりテレビ映像を見て驚いたのが市川市役所がものすごく立派になっていた。
最後に14号線から市庁舎を見たのはまだ20世紀だったか。
建て替えなのかリフォームなのかはわからないがとてもきれいで立派になっていた。
それに乗じて市長室におしゃれなシャワー室、いかにも田舎の市長が考えそうなことだが。
このバカ市長があろうことか反論、その中身が「シャワー室ユニットは税抜18万円」だと。
鉄筋コンクリートの建物の中にいきなりシャワー室をとなれば、配管の工事、給湯器の設置、取り付け工事など給湯器抜きで100万円は見積もれるだろうに。
ちなみに、一軒家の我が家、屋上に水道の蛇口を作ろうとしたが配管工事費はコミコミ20万円と言われたことがある。
他人の税金でならまあいいかと思うが自腹ではなんとも、あきらめた。

「自粛しない若者」像にうんざり

大学生活は自粛一色なのに、「自粛しない若者」像ばかりがクローズアップされる。割を食っている──。若者たちが抱える虚しさの背景には、国や自治体のコミュニケーションの失敗と、若者たちの間で進む孤立化がある。AERA 2021年3月1日号から。
という記事をヤフーニュースでみた。
私は家に家族がいるし、職場で同僚や顧客と話をする機会も多い。
コロナ禍の制約やストレスは多いけど、一人暮らしの学生よりは恵まれているのだろうな。
独身一人暮らしは会社を出たあとは次に会社に行くまではひたすら孤独なわけで。
特に週末などは2日半は孤独と戦うことになる。
リモート授業の学生ならほぼほぼ人と接する機会がない。
確かに街頭インタビューでたまに出てくるたまにのうさばらしも必要になるか。
本当にたまになら感染リスクはそれほど高くなるとも思えないが。
そこは人の心の弱いところ。
快楽を止められなくなる人はそれなりにいるわけで。
結局、マスク外して騒いで感染拡大に貢献してしまった。

私が問題と思っているのは高齢者施設のクラスターと若者との関係。
原則外部との出入りはない入所者が先に感染することはない。
介護職員が外から持ち込むことになる。
本来なら重症化しやすい老人相手の仕事、コロナ禍自粛を強く求められるのだけど。
脳がスカスカの老人と一日過ごして帰宅、独身となればほぼ1日中孤独なのだろう。
もちろん同僚と談笑する時間もあるとは思うが、同僚は仲良しの友人とは限らない。仲間とワイワイやりたいという衝動は大きくなるだろう。
介護職員は20代30代の若者が多いことからも、この問題は重要だと考える。
とは言っても、全国に何万もしくは…厚労省のHPで調べたらなんと180万人以上…の介護職員のうちの数十人。残りの99.99%の職員は自粛生活をしているわけで。
公務員の不祥事も一緒で続発と叩かれているが数百万人のうちの数十人なんだよね。0.01%、1万人に1人程度は変なのが混じってしまうということか。近所でも迷惑な家が一つの街に1軒ぐらいはあるものだ。

長い一週間

長い一週間が終わった。
今週は祝日があったので少しはマシかと思っていたが、神様は休日の1日分をしっかり後半3日間に仕事を回してくれた。
ようやく金曜日になったのだけど、月末統計の仕事をせっせとやっている最中に管理職から、年間計画の書類が出ていないと今頃言われる。
今日中というのをなんとか月曜日中にしてはもらったが1年分の書類をすぐにできるわけでもなく、仕方がないので家に持つ帰った。
勤務時間外に仕事とは心外なんだけどね。
さて、
今週のテレビニュースをみていると、コロナ以外では東北新社接待。
次々に官僚の名前が出てくるのだけど、接待の金額が3万とか2万とか。
女性官僚が7万とあったのだけど。
この女性の現在の給料が110万円以上。
毎晩のように接待というのならさもありなんだが、今回は1回、まあ見えていない数回を含めても手取り月給20万程度の我々にとってのお小遣い程度、彼女には災難なんだろうね。
衛星放送が巨大な利権とも思えないし。
カマスコミは「一回に3万円、7万円なんて信じられない」みたいな論調だけど、平素は馬鹿みたいに高級グルメ番組をたれながしているではないか。
日テレのナイナイのグルメ番組など数万円の接待なんかより遥かに低俗だ。
今回は官僚への接待よりは接待した側のおエライさんのおぼっちゃまが主役だろう。
ちらっと写真をみたがまさかと思うほどの風体である。
首相のご子息、東北新社の社員、元官僚、どれにも当てはまらないように見えるね。
一代で成り上がった大物の二代目というのは当たり外れが大きいようだ。

ニューヨーク東8番街の奇跡DVD--今日の無駄遣い


1987年
製作総指揮 スピルバーグ
それ以外のクレジットにスピルバーグの名前は無い。
翌年にはビデオ化、VHSビデオで見て以来、好きな映画の一つだった。
ところが、90年代以降地上波も衛星波もオンエアすることなく30年が過ぎた。
待っていてもやらないようなのでついにアマゾンで購入してしまった。
リマスター版でもあれば買うのだけど、世間はそれほど興味がないらしい。(涙)
DVDがポストに入っていた。
原題: *batteries not included、「(この製品に)電池は含まれていません」の意)
私は大好きだと言いながら原題も意味も知らなかった。
80年代後半はルーカススピルバーグの黄金期、次々に話題作、大ヒットだった。
おかげでこの作品は目立たなかったわけだけど。
未知との遭遇のパロディのようでひと目で気に入ってしまった。
さらにサイトを見ると子供向けと書いてある。
ハートウォーミングなファンタジーである。
そもそもスピルバーグは子供向けファンタジーの天才なんだけどね。
ETのような宇宙人ではなくUFO自体を宇宙人としたところが斬新だと思うのだけど、先程も書いたように世間の人の評価は低いのである。
佳作といえどもきっちり作り込まれている。
もしかしたら定額制の契約をしている人は見られるかもしれない。
騙されたと思って一度鑑賞することをおすすめする。

「COCOA(ココア)」をめぐり

新型コロナウイルス感染者と接触したことを通知するスマートフォンのアプリ「COCOA(ココア)」をめぐり、厚生労働省から開発を委託されたIT企業が、契約金額の9割を超える費用で別の3社に再委託していたことがわかった。不具合が報告されながら長期間放置された背景には、こうした複雑な契約構造で責任の所在があいまいになったとの指摘も出ている。
というニュース。
以前にここで批判した。
さらに私の推測したとおり、息のかかった幽霊会社が契約して儲けて中身は丸投げ。
というまあお約束の結末。
せめてこの大不祥事の責任を厚労省の金の亡者の役人にとってもらいたい。
先日、どこかの市役所で水道の垂れ流し事件、担当職員が被害額の半額を自腹で払ったという。
というわけで、厚労省の担当の決済を出したおエライさんとさらにその上の上司にはドブに捨てた血税を自腹で弁償してほしい。
国家予算級のコロナ予算に群がるハイエナたち。
カマスコミにはこういうときにこそしっかり報道して断罪してほしいのだけど、彼らも総務省とズブズブらしくて、今日も万引の瞬間映像を長々と垂れ流している。
もう一つ
ワクチンをめぐる情勢がコロコロ変わっているとか。
そもそも誰もワクチンを見ていないときから、どこでやろうか、誰が射とうか、誰に射つのか、どこに保管するのか、どの順番にするのか、まあよくもあれだけパフォーマンスできるものだ。パントマイムである。無いものをあるかのように演じているだけ。
さらにオバカなのが国技館で力士と接種できるとか。
3000万人、6000万人に接種したいのに、日本には数万人分が来ただけである。
さらに役所で開設したワクチンの問い合わせ電話はなりっぱなしだとか。
何ヶ月も先になるだろうまだ見ぬワクチンの何を問い合わせたいのかね。
その理由の一つがワクチン接種は無料。
のわけないだろ。早い話が血税が投入される。
タダほど高いものはない。
こういうオバカを減らすためにも受益者負担、有料にしたほうがいいと思うのだが。
もう一つ
コロナでの死亡者が毎日発表されて不安をあおっている。
ところが発表された人口統計では去年の死者数は減少しているというではないか。
マスク着用、消毒などで病死する人が減っているわけで。
それをコロナで何人死んだとか、自殺者が増えたとか、悪い話ばかりしている。
コロナに感染した人は貧乏くじをひかされてしまったが、トータルで考えれば国民は健康になっているということだ。
なんとも皮肉な話である。

トヨタ・ヤリスHV試乗

トヨタ店で車検の相談、ヤリスの試乗車あるという。
一度乗りたかったのでお願いする。
以前にクロスの方は試乗したが。
試乗車はHV、それほどHVに興味はなかったがシャーシやサスの評価にはなるだろう。
屋根が低いコンパクトカー、シートポジションは。
最初は狭いと思ったがシートの高低を下げるとどんどん下がる。
180以上の私でも足元や頭上に窮屈感はない。
道路に出てアクセルをぐいと踏んでフル加速。
HV独特のモーターとエンジンのへんなギクシャクがない。
エンジンが唸って加速していく感じ、違和感がないダイレクトな加速。
スピードの上がり方も満足。
何よりもサスのフワフワ感がなく姿勢が安定している。
ある程度の速度でスラローム、タイヤのグリップが今ひとつ。
サスやシャーシではなくタイヤ自体がHV用の燃費タイヤのせい。
もう少しまともなタイヤならハンドリングも良くなるだろう。
設定されている1.5のエンジンもいい感じだったがHVもいい感じ。
ある程度のスポーツ走行にも対応できるだろう。
トヨタHVのフィーリングがこんなに良くなっていたとは。
もうすぐアクアがFMCだそうだが、多分アクアはフィットに近いファミリー設定にするだろう。
ヤリスをスポーツよりにすることで差別化をはかるのではないか。
とすればヤリスのタイヤはもっとグリップの良いタイヤに設定すべき。
もう一つ
ちなみにヤリスクロスは納車が8ヶ月、同じくらい長いのがハリアーだそうだ。
クラウンはわずか4年でFMC
クルマはできていて上層部が見たらしい、とのこと。
早期のFMCは伝統的な4ドアセダンが全く売れないから。
次期クラウンは背が高くなりSUVになるらしい、本当かな。
本当ならハリアーのようなスタイルにするのかね。

「感染者は罪人ではない」

飲食店経営の男性、陽性の体験語る 差別ない社会願う
というヤフーニュース。
差別は良くないのは誰でもわかることだ。
問題なのはなぜ感染したかである。
「男性は1月7日に38.4度の発熱があり、自費でPCR検査を受けた。年末年始は体調を崩しやすく、「いつもの風邪」程度に思っていた。しかし翌日にかかりつけ医から伝えられた結果は「陽性」。感染経路は分かっていない。」
なんだか降って湧いた災難、という感じなんだけど。
これまでの報道や研究で濃厚接触飛沫感染が感染経路である。
本人に全く心当たりがないとなると、その人自身を信頼できないのである。
自分のとった行動に責任が持てないわけで。
誹謗中傷する気はないが、近づきたくないのである。
去年の春先から飲み会やカラオケやキャバクラはだめですと言われていたのに、未だに一部の国会議員は行っているそうだし。
そういう議員の多くは、それなりの批判を浴びて社会的制裁を受けている。
コロナに感染するかどうかではなく、感染するような行動を取るなということだ。
殺人犯人の多くが「殺す気はなかった」という。
刃物を相手に突き刺して「殺す気がなかった」というのはいかにも、である。
同じように、老人施設や医療機関以外の人で感染したというのは、「感染する気はなかった」というだけで実際は感染する行動をとっている。
その核心を隠して「身に覚えがない」と言い、批判差別されるのは嫌だと言っている。
後遺症で苦しんでいる人の話をよくテレビで見る、どんなに苦しいかではなくどうして感染して苦しむことになったのかを証言してほしい。
そのへんをウヤムヤにしているからいつまでたっても新規感染者が減らないのである。
テレビで繁華街や観光地の人出の映像を見るたびにそう思うのである。
実際渋谷や銀座を歩いたくらいでは感染リスクはそれほど高くないのだけどね。
あの人達が繁華街を散歩しただけで家に帰ればの話だが。

野菜の価格

コロナ禍の冬。
年末年始は需要が大きくなり物価は上がるものだった。
さらに寒さで野菜が高くなるのが例年である。
ところがである。
飲食店の需要が減って市場価格が高騰しない。
さらに寒波は何度か来たものの長続きせず、さらに関東では2月初旬に春一番
年末年始を通じてキャベツが200円を超えることはなかった。
今日スーパーに買い物。
小松菜、ほうれん草、レタス、サラダ菜、わさび菜などの葉物が69円とか88円とか。
夕食はネットでお取り寄せの博多モツ鍋。
キャベツをたっぷり入れて美味しくいただいた。

橋本聖子離党届

橋本聖子会長が自民党を離党したそうだ。
野党からの批判、とのことだったが。
政党はそれぞれの政治信条で構成されるべき。
橋本聖子が信条の変化で離党したというのならそれはそれで納得だが。
彼女は党員としても政治家としても議員としても何も変わっちゃいない。
批判をかわすためのスタンドプレイであり、五輪が終わればもとに戻る。
そんなマヌケなやり取りを永遠とニュースで聞かされるというのもなんだかなあ。
さらに会長としての報酬を受け取らないそうだ。
議員はやめないそうなので無収入にはならないようだが。
数ヶ月、自民党を離れて子会社に出向するだけの話だ。
たった数ヶ月でもとに戻る、ポストも約束されているだろう。
人気実力がある人はそういうことだ。
ちなみに私は年度末まで仕事はある、4月以降も今の職場で仕事ができるそうだ。
問題なのは待遇で名目は「ボランティア活動」
早い話がほぼ無給、交通費ぐらいは出るのかね。
人気も実力も無い私にはふさわしいポストだ。(T_T)

橋本聖子

帰宅してテレビをつけたらどのチャンネルも橋本聖子
経緯はニュースに譲るとして。
すぐにテレビを消してしまった。
本当に多くの人が興味関心があるのだろうか。
もう一つ
なにかの役員で男女を同数にするというネタ。
例えば企業の採用数を考えてみよう。
男女同数の採用をする。
ところが受験者は男子が6割、女子が4割なら女子が有利になる。
これは男女平等とは言えないのではないか。
平等だから同数というのはアホが考えそうな平等だろう。
女性だからいい、と考えることがすでにジェンダー問題なんだけどね。