東京8000人超、台風接近?

コロナはわかりやすい。減るときは減る、増えるときは増える。
GWで感染拡大と言われていたが6月まで順調に減っていた。過去の事例からすればこういうときが株の交代時期なんだが。今回ももう少しで3桁というところで増加に転じた。
外ではマスクはいらないなどと言っているから、というアホな批判もあるが都市部では外だからとマスク無しで歩いている人などほぼいない。原因は自然現象、先週からの猛暑だな。暑いからと何故か外出してかき氷だのビールだのと浮かれるやつが少なからずいるし、こういう浮かれているやつがコロナの感染源であることは2年前からわかっていた。残念なことに35度を超える昼間にかき氷を食べる奴らを抹殺することはできない。コロナは増加するのである。35度を超えているのに換気しようなんて言うやつもたくさんいるとも思えないし。金もまともな考えの友人も脳みそも仕事もない人が家でじっとしていろというのも酷な話だろうし。夏休み開始前後に1万人を予測した専門家はあっぱれである。

台風接近とかでテレビでは大災害が起きそうだというニュースである。ところが冷静に天気図や予想進路を見るとちょっと怪しい。当初の進路は東京に向かうはずだったが、予報が変わるたびに南にそれている。そもそも東海で温帯低気圧に弱まるという予報。私は東京近辺は多少の降雨はあってもそれ以上の風雨はないと予測した。実際、昨日の朝は曇り、昨日の帰りは多少濡れた。今朝は曇り、帰りは晴れてきた。つまりずっと雨が降る、とか今朝は災害クラスの土砂降りという予報は大外れ。残念なことにテレビで偉そうに明日の天気を伝える気象予報士たちは外れた理由を一切弁明しない。どうせ気象庁が発表したことをそのまま伝えているだけで私には責任がないと思っているのだろう。

トップガンでタイムスリップ


トップガンは大人気だそうである。
そんなに人気があるのならしっかり1980年代にタイムスリップしようではないか。
というわけで後輩が私に届けた画像である。トップガンの初期のセルビデオである。でっかくVHSと書かれている。さらに下の方に価格が、、1万円である。私はこの時期にオフコースの武道館ライブのビデオを購入したが1万4千円くらいしたと記憶している。とにかく、元版は高価だったのである。
80年代後半になると音声はHiFiになっている。サラウンドが標準になるのはあともう少しだったか。
もう1枚はトムキャットの模型である。どちらも年式は2000年代かな。塗装が下手くそなのはツッコまないでください。

ちなみに私ごとではあるが
トップガンの公開当時、日比谷スカラ座で。
ビデオがレンタルに出てきたらすぐに借りて見ていた。我が家にレーザーディスクがないので当時は買わずにVHSのモヤモヤ画像で楽しんでいた。時代がDVDになると速攻で購入。ようやく正規の画質で楽しむことができた。
さらにデジタルリマスターのバージョンが発売されるとの情報、こちらも2005年発売日に購入してしまった。
本当はBDバージョンも欲しかったのだが画質音質ともに満足行けるものかと迷っているうちに続編の映画化が発表され今年公開、続編BD発売を待つこととなった。

選挙のネタ

マスコミは大仕事と盛んに選挙のネタ。一応平等になるように党首の遊説を自民党から均等に流す。
当然だが聞いたことあるフレーズと綺麗事と実現不可能な話のどれかだ。
あんな間抜けな演説を聞いて選挙に行こうという若者がどれだけいると思っているのか。
投票率をあげようと食いもしない高級な定食が〇〇割引とか、そんなことで選挙に行く気になるやつの一票がどれだけ大切なのか。
まず、マスコミがしなければならないのは前回の参院選での各党の公約と実現一覧である。
公約が何一つ達成されない政党に一票を投じる必要はない。
実際は政権を取らなければ実現できない公約も多い。となれば何を基準に何を信じて投票すべきなのか。そのいちばん大切な部分にはマスコミは興味が無い。
つまりマスコミは有権者が知りたい情報は教えてくれない。それは選挙制度も同じことである。まだ良くわかっていない若い有権者のための報道は皆無と言うことだ。50年前と同じ政見放送を深夜にやってどうする。
消費税撤廃とか一律10万円とか言ったらすぐに「その財源はどうするのか」とツッコむべきなんだが、誰もしない。
一票の格差投票率など実はどうでもいいことに話をそらせていて、本当に知りたいことは教えてもらえずに投票所にいけということ。

3.11前夜の民主党政権はひどかった。パフォーマンスばかりで何も変わらなかった。どころか景気は悪くなり総理に人気の菅直人を据えたところで3.11。そのまま沈没して自民党政権復活となった。政権をとっても公約は守れないという前例を作ってしまった罪は重い。

カツンの田中くん

覚醒剤である。すごいのが出所9日でもう捕まったということ。更に凄いのが柏の駅前で職質で捕まったということ。更に凄いのが職質でごねまくって令状を発行してようやく発見逮捕ということ。
一つ一つがクズなんだよね。改心とか反省とかちょっとでもキレイな話が出れば救われるのだけど100%クズだった。さらに記事を見るとクズを陥れているのは売人。出所を見計らって接触、出所祝いとただでプレゼントするとか。心だけでなくて人付き合いからも逃げられないということだな。また薬をポケットに入れて地方の繁華街を歩くというのもいかにも。

アイフォン値上げ
大事件である、3000万人以上が迷惑したという。話はここからである。
先日アイフォンが大値上げがニュースになった。あんな携帯電話に10万円も支払える人は一般的には富裕層。毎月1万円値上げならそれなりにキツイが本体が12万が14万になっというだけ。月当たりにすれば大したことない。スマホに10万も支払える金持ちがこのご時世の値上げにウダウダ言うこともない。嫌なら買わなければいい。
中古市場が盛況のようだ。他人が使い倒したスマホをある意味法外な価格で「安い」と買う人がそれなりにいるらしい。そもそも消耗品のスマホの中古を定価の5割で買うという神経が理解不能だ。それだけアイフォンを使いたいという気持ちにさせる商品価値があるということか。さらに使いたおしたアイフォンが中古で流通できるという耐久性にもびっくりした。二昔前のアップルのPCなどすぐに爆弾がでるなど不安定で中古などとんでもないと思っていたが。

auの通信障害
3.11以来の良い教訓である。なんでも不変だと思うな、便利な生活が突然失われることもある。
地震災害や豪雨災害は自然からの試練だが、通信障害や停電や断水は人為的災害である。
会社のシステムに関わることはどうしようもないが、一般のスマホユーザーはいくらでも対処法はある。それほど困るのならSIMを2枚持てばいいだけの話だ。先程スーパーの店頭で500M500円というSIMを売っていた。くだらねー動画を見るために月に20Gの契約をするくらいなら、ちょいと我慢して格安SIMを保険代わりに持つことをおすすめする。ちなみに私はLINEなどのSNSは自宅のPCでほとんど操作している。スーパーではスマホ決済をしているが財布にはスマホ決済のベースになっているクレジットカードが入っているからスマホが使えなければカードで支払うだけ。デジタル社会はちゃんとバックアップ機能があって直接誰かと連絡を取る以外の操作は代わりがある。
もう一つ
昨夜早く就寝したせいか1時過ぎにトイレに起きたら眠れなくなる。キッチンでテレビを見ながらちょいとアルコールを。NHKのデータ通信でアメダスの気温を見ていたら突然データが非表示、通信障害の起きた瞬間を体感した。

教室のエアコン壊れたというニュース

沖縄の高校で教室のエアコンが壊れて欠席者続出という。
原因はメンテナンスや老朽化ではないらしい。そもそもが公共機関の多くがリースで賄っていると言う。管理はリース会社にある。
私の職場も特に客が出入りするスペースは換気が求められている。そのため盛夏や厳寒の時期も大げさに窓を開けて換気をするのである。夏なら当然室温が上がるのでその分エアコンを最強に設定するわけだ。コロナ対策だから仕方がないとそこそこ大きな事業所の殆どの部屋でこの無駄な行為を強要している。窓の近くのデスクの社員は常に熱風を浴び続けるわけでたまったものではない。
私は立場は最低なんだけど年齢は上の方、勝手に窓をしめた。若い社員や客のためだ。もちろんその後に管理職に呼び出されて「君は何もわかっていない」と説教を受けることになる。
そんな使い方を2年も続けていると業務用エアコンであっても3年目で壊れるということだ。もちろんニュースにあったエアコンはすでに何年か使われていたのだろうし。どんなに冷蔵庫の開閉を気をつけて節電しても窓を開けてエアコン最強では本末転倒だ。
コロナ感染予防は喫緊の課題だったわけでこのアホな行為もわからなくもないが職場や学校なら1時間に1回位の換気で十分ではないのか。
古い映像を見ると戦争での〇〇兵器の対応のため、〇〇病予防のためにずいぶん非科学的な方法の行動をみて笑ってしまうが本人たちは大真面目。窓を開けてエアコンを壊れるまでガンガン回す愚行も何十年か経って見れば笑われるのだろうな。その上電力不足というのだからさらにマヌケな話だ。

もっとマクロに見てみよう。
先程のニュース番組でやっていた電力逼迫、2010年には原子力は25%だったが2021年は2%、再生可能エネルギーは増えているが火力は75%(くらい)と表示していた。有効な手段の原子力は感情的理由から手を付けずに馬鹿みたいに高価な化石燃料を燃やし続けて平均気温を上昇させて偉そうに「電力はなんとかなりそうだ」とうそぶく。停電しないだけである。世界のことも未来のことも何も考えてはいない。
多くの方がお使いのEVやPHEVも電力需給の観点からはなんのプラスにもなっていない。どちらかと言えば個人の利益のためなのだろうが、今の価格と今後の電力値上げを考えると本当にお得かどうかも微妙な感じである。

とにかく暑い


私は医学的に重症度1である。
わかりやすいくらいにこむら返り、つるのである。
最初は運動不足と思っていたが医療関係者の嫁さんから「熱中症」の診断。たしかに水分補給をすると治るのである。問題なのは水分補給を他人か激痛に言われないとわからないという老化である。これまでは老人の熱中症を「寿命」と言い捨てていたがいざ自分の番となるとなんとも微妙な気分である。
多分昭和中期までは熱中症で死ぬのを高齢者なら「寿命」「老衰」と片付けていたのだろうね。

さて今週は木曜日に野外の仕事が入り絶体絶命のパターン。ぶっ倒れることはなかったが木曜日の午後の業務は「手抜き」と言われても反論できないくらいヘロヘロの状態だった。20代30代なら夏バテとか言って笑い事なんだけど私のような年令になると暑さは笑い事でもない。昨日はナントカ1時間の闇残業をこなしたが今日になってもだるさは取れず、4時に有給で退勤することにした。
職場の建物を出るととんでもない暑さだと気づく。汗を拭き拭き仕事をしていたがそれでもエアコンの恩恵はあったみたいだ。
私が暑さで死ぬ老人と違うのは暑さに耐えられないということかな。体力の限界を感じることができるということか。

マスク「距離あれば不要」

日本医師会の釜萢敏常任理事は29日の記者会見で言ったそうだ。
専門家が言うのだから間違いはないだろうが、なんとも実効性のない話だ。
そもそも不要というのではない。条件付きなんだな。疫学的な考察も含めて〇〇mというのだけど。そもそもその距離を誰が測るのか。都会や郊外の繁華街でその距離を保つことは可能なのか。
さらに地下街や商店街では屋外と言えるのか。などなど、実はなんの実効性もない理屈なんだよね。
まあ、のどかな口先だけの対策はすでに誰も聞かない。すで新規感染者は増加に転じていて夏休みをピークに増えつづけると言う。
熱中症対策のためにも、というのだけど近くで「熱中症対策でマスクはつけません」という大人がいたら大抵はきつく注意されるか法的に排除されるのだろうね。

報道を見ると小学校中学校などでも学校により地域により対応が違うのである。疫学的に正しいのかなんて関係ないようで「ちゃんとやってますパフォーマンス」の意味合いが強い。科学的な根拠がない制約を強要される子どもたちはかわいそうだ。
デルタのときもあちこちで学級閉鎖と言われていたが、疫学的に教室内での感染の可能性は低く、家族が家庭に持ち込んだ事例が同じクラスで偶然重なったというのが大半だった。
子供同士の感染は保育園の一部に限られ、もともとはアホの親が家庭に持ち帰ったものだった。

残念ながら今の状況でマスクなしは現実的ではない。アホの20代が遊び呆けて感染拡大しているのを規制せず、なんの落ち度もない子どもたちの制限を強化するのは疫学だけでなく普通に考えておかしい。

今朝の月


この写真を撮ろうと今朝もタイマーで起きた。
日の出1時間ぐらい前である。
月はさらに東側に移動して金星の左側になった。

もう一つ
今日も暑かった。
結局気象庁は梅雨明け宣言した。今さらではあるが。
昨夜はそこそこ涼しい風が入ってきたのでエアコン無しで寝ていた。風があるので寝苦しいと言うほどではなかったが、結局シャツははだけて毛布もかけていない状況で目が覚める。適当に寝冷えして適当に調子悪い。37度まではいかないがいつもよりは体温も高め。
絶好の夏バテパターンだな。
夏バテ対策にと昨夜は嫁さんが作ったキーマカレー、美味しいと2人前以上食べてしまった。ところがである。今日の社食のランチがキーマカレー、あーやってもうた~。帰宅すれば昨夜の作りおきのカレーを食べることになる。(笑)

電力が逼迫

暑さについてのポイントを整理してみた。

その1 気象庁が沈黙
夏型の気圧配置になって今日で3日目、連日の猛暑であるが気象庁は梅雨明け宣言しなかった。
理由は簡単で早すぎるということだ。つまり太平洋高気圧の勢力はそこまで長く維持できずに7月上旬に再び後退、今日は消えていた梅雨前線が復活して太平洋上に降りてくる。実はどこかの天気予報でこれに触れていて長期予報では7月は平年並みの雨量と気温という。多分ご自慢のスーパーコンピュータが算出したのだろう。7月に平年並みというのは雨量は多いということだ。
後で雨が降って「梅雨明けしたのではないのか」とアホが苦情の電話をするのを阻止したいがための策なのだろう。
尼崎市にもUSB事件で苦情の電話というのがニュースになったが、この手の問い合わせではない苦情を言いまくるのは、犯罪ではないかと思っている。

その2 殺人的な暑さというのに
テレビのニュースでは観光地や遊園地、プールはたくさんの人出である。つまり健康を害すような暑さではないということだ。それじゃあテレビであれだけ熱中症対策をしつこく言っているのは誰のためなのか。
なんといっても、ポイントなのはコロナ感染者が増えているということだ。気温はウィルスには関係ないらしい。あとは浮かれた人たちが次々に感染していき子どもたちが夏休みに入る頃には、もしくはお盆ウィークの後にはそれなりの感染者数と生活の制限がかかるのではないか。
暑い暑いと浮かれて外出してアイスやかき氷をニコニコしながらほうばっている場合ではない。

その3 電力注意報
予測はされていたがまさかの6月中に発令。こちらは暑さに連動した結果だな。突き詰めていけばなぜ6月にこんなに暑くなったかと言えば温暖化、電力が足りなくなるからとまた燃料を燃やして発電、さらに温暖化が進むというスパイラル。そんなことは何十年も言われていることなのに何も学習していない。役人や議員は金儲けが最優先だから暑かろうが寒かろうがどうでもいいのである。そんな奴らが「無理がない程度に節電」と呼びかけるのを見ると心底ムカつくのである。
もし、本気でナントカしたいのなら超法規的措置原発をフル稼働するしかない。
それをしようとしないのは、原発を無理に動かしても旨味はない、燃料をガンガン燃やしたほうが儲かるのだろうね。彼らの価値観はそれが基準のようだ。

月と金星



3時過ぎ東の空が明るくなってきた頃。今回は記事が出ていた月と明るい金星とのコラボということでちゃんとタイマーで起きた。東の空を見て早起きして良かったと思った。地球照の月と明るい金星は神々しい。
よくよく見ると冬によく見えるプレアデス星団が写り込んで華を添える。

さらに先月から惑星が全部見えるという。


火星は秋の大接近に向けて明るくなってきた。金星はほぼ最高光度マイナス4等。木星もマイナス2.4等と明け方の空を賑わしている。