五輪開催の意義は「絆を取り戻す」池江への辞退メッセージ「許されない」

丸川五輪相 五輪開催の意義は「絆を取り戻す」池江への辞退メッセージ「許されない」
というニュース。
そもそもがバカマスコミとそれに乗っかった政府が池江璃花子を持ち上げて神格化したことに起因する。
池江璃花子が標的になったのは有名税としても、バカみたいに楽観的に五輪強行を叫ぶ政府とバカマスコミに原因がある。
アホが「五輪中止デモ」をやったそうだがどうせ中止である。
もっとその労力を有意義に使うべきだろうね。
テレビニュースで85歳の神奈川の老人がワクチン予約のために電話をかけまくったとのネタ。
かたや歯科医が注射をするのしないのというネタ。
ワクチンが無いのにどうするどうすると不安を煽る手法である。
7月の開会式で5月の中旬でこのありさま。
中止発表のXデーはもうすぐだな。
それとも7月まで引っ張るか。
7月まで引っ張るだけの大義名分と体力と精神力が政府と役所にあるか。
少なくとも予算をもらってしまった聖火リレーは粛々と続けられるのだろう。
何十年後かに「幻の聖火リレー」としてバラエティ番組で取り上げられるのだろうね。

私の住んでいる地域は緊急事態宣言ではないのだけど、姪っ子の小学校で修学旅行や林間学校、さらには地元の社会科見学が中止になった。
子どもたちのがっかりは計り知れないものがある。
それもこれもアホがチョロチョロと繁華街にでかけたり「我慢できない」と酒盛りしたことが原因だ。
そもそもこういう奴らは小中学校でおとなしく授業を受けたり宿題をするという我慢ができなかったのだろう。
今の時代、まともな受験勉強しなくてもちょいとお金があれば大学に入れる。
そんな奴らが偉そうに「我慢していましたが限界です」なんて言うのをみるとちゃんちゃらおかしい。
五輪をゴリ押しする高学歴の人たちと実は同じ穴のムジナか。

米NY 観光客に無料でワクチン

去年のマスク不足を彷彿とさせる。
マスクが足りない、ととんでもない価格で売っていた。
現在では、以前の水準まで下がっている。
一部のサービス業や職場では「ご自由にお取りください」とマスクが置いてある。
マスクとワクチンは単価は違うが、経済活動的にはほぼ同じ推移だ。
先日の横浜のワクチン予約騒ぎが記憶に新しい。
日本は先進国では極端にワクチン接種が遅れている。
政府は7月までにの息巻いているが、血税をばらまいてワクチンを買い漁っているのか。
製薬会社は作るだけ売れるわけで増産体制だが、日本の動きを見ると1年ぐらいで需要は減ってくるのかね。
多分変異株へのワクチンの開発が進んでいるだろうから、大損することはないだろう。
というわけで、大騒ぎして確保したワクチンはタブついて通りすがりの人に接種してくれるということだ。
日本も来年前半にはそんな感じになるのだろうか。

先程のニュースで新規感染が大阪で800人台、東京で1000人超えという速報。
今日あたりから5連休の感染が出てくる頃だ。
今週に感染が確認される人については基本的に自宅待機で。
正規の健康保険を使って診療する資格はない。
連休にブラブラ繁華街を歩いた結果だろう。
そういうアホが家族にいて家庭内感染した人は運が悪かったということで。

お家時間増加で


お家時間増加でPCの前で座っている時間が異常に長くなった。
PCの椅子も消耗品と考えて数年で買い替えている。
というわけでコロナ禍の今が買い時ということか。
数ヶ月探していて一番シンプルで丈夫そうな物をチョイスした。
私は100kgの巨漢ゆえまず見るのが耐荷重量である。(笑)
配達された。
今は置き配とかで、いつの間にか玄関の前においてある。
この椅子の箱はかなりでかい。その上25kgもある。
箱を家の中に持ち込むのを諦めて玄関の前で開梱、パーツを取り出して部屋に持っていった。
ネジが六角ということもあり電動工具を使わず付録のレンチで。
商品コメントには20~30分と書いてあった。
大体そのくらいかかって組み上げた。
見てくれは写真のようにかっこいいのだが、座った感じは思ったほどでもない。
それより気になったのが座面が高いこと。
180以上の私でも高いと感じる。
多分、台座シャフトの部分はこれまでの椅子の物を使って座面より上だけ設計したのだろう。
クッションが分厚くなったぶん、座面が高くなってしまったのではないか。
このこともコメントに多く見られる。
多分175cm以下の人には高すぎると感じるだろう。
これ以上下がらないから仕方がない。
カタログ値は最低45cmとなっていた。
腰痛にも効果があるそうなのでしばらく期待して使ってみよう。
これでGW無駄遣いシリーズは終わりである。

もう週末、延長

2日間の仕事で週末になった。
連休明けは仕事量も少なく、まあまあだな。
来週の反動が怖いけど。

緊急事態宣言が、大方の予想通り、延長だそうだ。
テレビニュースではさも大ニュースとばかりに報じているが。
カマスコミは相変わらず数字を読み上げているだけで。
連休中は検査数が平日の3割り程度と報道したのはNHKのみ。
後は減ったの増えたのと無責任に数字を読み上げている。

百貨店も休業要請と言っているのにまだ五輪はやるつもりらしい。
と言うか、先日もここで書いたように「やるやる」と言わないといけないのである。
実際、5月で拡大局面で7月に世界中から数万人の選手団を集めてやるわけがないな。
先日の五輪のために医師何百人、看護師何百人を要請と聞いて笑ってしまった。
正気の沙汰でない。
そんな間抜けなことを言わなければならない公務員がそれなりにいるということだ。
感染拡大で医療機関がいよいよ逼迫している中で、さらにワクチン接種のための医師をなんとか集めなければならない中で、ボランティアでスポーツ医師を集めたいと。
いい大学を出たまともな大人の発言ではないよね。
それでも堂々とマスコミに公言しているというのがすごい。
もちろんそんな国民に嘘をつくような仕事はみんな嫌だろう。
先日も森友問題で自殺した公務員のネタを情報番組で見た。
自殺したくなるくらい辛いことなのである。
もちろん、自殺者が出る前に五輪中止の決定になるのだろうけど。
エックスデーはいつになるのかね。
今回の中止は誰のせいでもないのがせめてもの救いだが、招致から箱物建設。さらに中止がわかっているのに聖火リレーの強行と文春砲は炸裂だろうな。

今回の呪われた東京五輪の最たるものが「復興五輪」と言い切ったところだ。
復興とは多分3.11の話のことなんだろうけど。
もし本当に復興としたいのなら東京五輪ではなく仙台五輪にすべきだ。
もちろん東京でいい生活をしている奴らが自分たちの利権を東北なんかに持っていかれるのは我慢できないだろう。
つまり東北にはなんの関係もないのに「復興」としたところがなんともあざといのである。悪質と言うべきか。
さらにそうでなくても人でパンパンの東京に何万人もの選手団と何百万人の観客を呼ぼうというのも無茶苦茶だ。
利権を持った金の亡者たちが寄ってたかって五輪を貪ったわけで。
さらに、たとえ五輪中止になったとしても利権はすでに確定、箱物の建設業者は大いに潤ったし。
それに乗っかっておこぼれをいただこうと思っていた小金持ちが大損することになるのだろう。
何千億円のお金の大半は血税である。
JOCだって国の出先機関、多額の補助金で成り立っているはずで独立はしていないだろう。
結局、大損は回り回って私達国民に乗っかってくるわけで。
誘致ではIOCの奴らが私腹を肥やしているのは有名な話。
最初から五輪はローマでやることにすればいい。
金の亡者たちは大反対だろうけどね。

GWの無駄遣い

我慢のGWだそうである。
政府の指示通りスーパーへの食料品買い物以外は自宅で過ごした。
その代わり、ネット通販などで買い物を楽しんだ。


バッグ2つ。
キャスターバッグはブランド品である。
本来なら1万円前後、ネット通販では最安で税込み7000円。
何故か特売でかなり安い値札が。
もう一つのエコバッグは本屋さんで付録付き雑誌。
大型の保冷バッグということで使い道が多いと購入。
旅行に行けなかったが旅行したつもりで。
レジで正札などを切り取ってもらい買った物をちゃんとバッグに入れて引きずってあるいた。


スターウォーズボールペン。
調べたら定価は税込み1430円だとか。
330円は安かったか。


左側の文房具はペーパークラフト用のカッターや針金加工用のラジオペンチ。
ブランド品のカッターは100均のものとはちょっと違うよね。
ダイソーにもOLFAのカッターがあると聞いて見に行ったが100円相当の感じだった。
嫁さんのスマホのエクスペリアが3年近くなっていよいよ調子が悪いらしい。
というわけでいくつかの候補から選んだ。
基本は中華製、2万円以下である。
1世代前だと128GBのストレージが選べるがカメラが2眼だとか。
現行で128のストレージは2万円では難しい。
64GBの標準的な容量としてカメラ機能が4眼で評判のいいものを選んだ。
バッテリーが6000mAhというのも魅力だが重くなる。

写真には無いがブルートゥーススピーカも一つ購入。
寝るときに枕元に置くのに使う。
寝室にオーディオはあるのだけど、二昔前のMDステレオである。
いい音するのだけど、MDはほとんど処分してしまった。
2000円ちょっとの安いものを購入した、早速音を出してみると。
安物はこの程度の音しか出ないなあ。
失敗した。
まあスマホ本体のスピーカよりはまし、ということで。

ネット通販

真面目にPCで家計簿などをつけている。
4月分のレシートを昨日打ち込んでいた。
ネットでの買い物も荷物に同封される納品書などをレシートの束に入れればいいのだけど、開梱するときダンボールとどこかへ。
ネット通販はメールの履歴で確認できるということもある。
レシートの打ち込みが終わると総額がいつもの月より少ない。
と、ネット通販の分の入力していないことに気づく。
結局、いつもの月と大差ない出費。
それにしてもネットで4万円近い出費。
気になって、家計簿をひっくり返してみた。
ネット通販を利用始めたのは記録では2002年頃。
通販ではなくヤフオクを始めていた。
2003年頃にヤフーカードを取得。
ヤフー、楽天のショップを利用と思ったが、最初の頃よく見ると業者のサイトで直接取り引きしている。
2004年にアマゾンの文字が見られるようになった。
アマゾンは2000年末、日本語サイトをオープン。
当時話題になったのを覚えている。最初は本屋だったね。
私がアマゾンに加入した頃は本以外の商品が並び始めた頃だ。
16年でこれらのネット通販の合計額を見てちょっと驚いた。
500万円である。
メーカーや販売店との直接取り引きも入れるとさらに多くなりそうだ。

忘れもしない2005年。
ヤフオクで詐欺に遭ってしまい5万円以上騙し取られた。
それ以降、オークションの利用が下がりアマゾンの比率が上がっていく。
アマゾン利用は2015年から去年までの5年間で100万円だった。

ここ数年では年間で50万円くらいネット通販に頼っている。
一時はネットスーパーの利用もしていたが、店舗と同じ定価売りでやや割高、さらに嫁さんの買い物欲のために利用するのはやめた。

オークションは最近取引方法が大幅に変わって銀行振込などがなくなりお金のやり取りを電子マネーで運営者が管理することになり私が経験した詐欺が減ったようだ。
それと引き換えにショップの出品が多数になり商品と落札額との関係がネットショップと変わらなくなった。
さらにアマゾンでの販売額がオークションより下回ることが多数。
無理して知らない人や業者と取引する意味が見いだせない。

最近、中国の大手ネット通販サイトをいくつか覗いている。
まだ一度も購入したことはないが。
トラブルもそんなに起きていないようだ。
例えば中国サイトで2万円のスマホ、同じ機種がアマゾンでは2000円高い。
トラブル無しなら安いほうに決定だが、配送や品物にトラブルがあったときにその対応の差は歴然である。
2000円の差を高いと見るか安いと見るか。
いずれ私も中国サイトで買い物することになるのだろうね。

コロナ禍のGW終盤 

この4日間、食っちゃ寝を繰り返している。
確実に太るだろうな。コロナ太りである。
さて、コロナしかないニュースから。

札幌で五輪マラソンテストマッチ
開催側にはいろいろ理由はあるのだろうけど、関係者以外は99%の人が「なぜこんな時期に」と思うわけで
まだ政府がやるやるといっているのに補助金を多量に受け取った地方都市が「やめます」とは言えないのだろう。
やるやる詐欺、だな。

インドからの帰国者が死亡。
この50代の男はあえてパンデミックのインドから帰国した。
しっかり陽性だった。そして、隔離中に死んだ。
「俺は平気」と帰国しようと思ったのか。それとも悪意があったのか。
結果としてはなんの弁護もできない愚行だった。
この時期になぜインドに行こうと思ったのか。
そしてなぜ今インドから帰国しようと思ったのか。
何に対して命をかけたのか。

高速道路で渋滞
観光地も所によってはそれなりの人出だったそうで。
近場ならいいだろうとか、アウトドアならいいだろうとか、言い訳しながら旅行を楽しんでいる。
私もこの1年半の間に何回か旅行をしたので他人のことを言える立場ではない。
しかしながら、言い訳を考えるのならまず人混みには行かないことだ。
テレビに「混んでいる」と映るようなところへ行く、混雑に入るというのは間違った感染対策なんだ。言い訳できない。

「山梨モデル」に注目
山梨県でのコロナ対策方法、と注目されているのだけど、実際どんなことかと確認してみると普通の人が思い浮かぶようなルールの羅列だ。
政府や全国の自治体がこの1年何もしていなかったに等しい。
公務員たちは遊んでいたわけではない。次から次に情勢が変わるコロナに対して対処するのに懸命だった。
ただし、どうすれば感染を防げるのか真剣に考えてはいなかった。
「対策しています」を飲食店に自己申告させて安全ステッカーを配ったという話がすべてを物語る。
そして、飲食店には協力金をばらまいたが、それに関わる卸売、観光地、交通には知らん顔。口先だけのコロナ対策など誰も聞く耳を持たない。だから高速が渋滞しているのだ。

多摩川、水遊びの男性溺死 川崎市、仲間とバーベキュー
20歳の若者が禁止されているBBQに尊い命をかけたということだ。
もっと正しい行動、正しい生き方があったはずなのに。
一緒に楽しもうとした仲間10人はこの後の60年の人生、死んだ仲間の亡霊を背負って生きるのである。
死ぬまで人の命の重さを背中に感じながら過ごすのである。

テレビでコロナに感染した芸能人が「自分のことより家族や仲間に感染させたらと思うと…」と辛さを語っていた。
どこで感染したのか全くわからない、と言っていたが、もし本当にわからないのならコロナ禍でのあなたの行動はすべてが間違っていたということだ。
9割がた飲み会か会食でうつされたのだろうけど、言わないよね。
つまり身に覚えがあってもなくても間違った行動ということだ。

外国人が東京の「鉄道表記」難しすぎ

昭和の頃が一人の人間が理解できる鉄道路線の限界だった。
千代田線が6000系という新しいデザインでデビュー。
有楽町線がそれに続いた。
東西線が中野西船橋総武線と平行に運転。
日比谷線東武線に乗り入れ埼玉県まで。
中央線総武線複々線で快速運転、御茶ノ水から錦糸町までが難しい。
ところがである。
平成の終わりになると東急渋谷駅がなくなった。
東急には始発駅なるものがなくなった。
湘南新宿ライン上野東京ラインの開通でわけのわからない遠く離れた終着駅になった。
難問は大江戸線、始発駅と終着駅がよくわからない6の字運転。
青砥駅田園調布駅などでは方向幕や車両を見ているだけでは何線に乗っているのかわからない。
西武所沢で元町・中華街行きというのに乗ったとはどこへ連れて行かれるのかと思った。

というわけで、外国人がわかりにくいというのはアタリマエのこと。
日本人でもよくわからないのだ。
とれだけ表記に工夫したとしてもあれだけ入り組んでいる鉄道網をわかりやすいとは絶対にならない。

地獄と化す 酸素不足するインド

インドは大変なんだそうである。
多くの人はこうなることが想像できた。
最近、インドでは宗教イベントがありものすごい人数の人たちが集まり沐浴をしている映像が流れた。
その瞬間は彼らには宗教信仰しか見えていなかった。
心情は全く別だが行動は繁華街やBBQなどでハメを外している人たちと同じである。
コロナはこういう人たちを見逃さないのである。
いまさらなんだが「地獄」というのは遅すぎる。
宗教行事は別、と思い込みたいのだろうが医学的には不要不急である。
インドの一部が先進国の仲間入りをして、こうして現状が世界に配信されているに過ぎない。
日本人は無宗教の人が多く感じるが、経済最優先教なる宗教があって信仰のために人の心をなくしている人が多数。

「開催強行」で失敗五輪になる恐れ

5月になって「どうする」が本格化してきた。
今更、と思う人が多数なんだけど、大臣まで作って莫大な血税をつぎ込んで「やりません」とは口が裂けても言えないわけで。
「開催」を連呼する彼ら、手足を縛られての悲痛な叫びでもある。
観客がどうこうではなく、選手団数万人を国内に入れるつもりがあるのだろうか。
県をまたいでの移動も控えてくれと言っているのにね。
昭和20年の日本政府の再現だな。
前年から日本軍の撤退玉砕がひどくなって、経済は停滞して、国民の不安は膨らむばかり。
20年になると3月からの無差別爆撃、4月に沖縄戦ソ連との和平交渉も進まず。
それでも軍部を中心に「降伏はありえない」のスタンス。
海軍は大和建造を秘密裏にしようと沈めるための出撃命令。
国民には「本土決戦」を呼びかけて全土を死体の山にするつもりだったらしい。
そう考えるとアメリカの言うところの「戦争終結のための原爆」はまったくの嘘とも言えない気もする。
2020年、ウイルスの感染が拡大する危険性があるのにgotoなどの経済対策優先。
第3波が目の前にあるのに宣言解除、五輪ありきの計画でコロナ対策。
3月には変異株が、それでも聖火リレースタート。
4月には再び宣言、そして7月末8月に向かって進むのである。
昭和20年と2021年はほぼ同じペースで推移している。

同じように進むとすれば8月に政府はひっくり返る。
そして第三者による新しい政治が始まる。
とりあえず今の自爆的な政治は終焉するにしても日本人にとって不利な話を押し付けられる。
焼け野原にはならないが、コロナとの戦後が始まるということか。
不利な政治としてはこれまでのアベノマスクの代表されるコロナ対策の借金返済を国民に押し付けるだろう。
誰も使わないマスクや行ったことのない飲食店への助成金や知らない年寄へのワクチンや検査費用や無駄な五輪費用を俺たちが支払わされる。
爆撃で私財を焼かれたようなものである。
戦争を推し進めた人たちのために平和を尊ぶ私らが財産を失うのである。
しつこいようだがコロナに言い換えると、
コロナ対策を軽んじて五輪を推し進めた人たちのために、感染に気をつけて我慢の生活をしていた人たちが私財を失うのである。