トゥームレイダー ファースト・ミッション

アンジーのシリーズで有名になった。
第二世代とでもいうのだろうか。
中身はお宝さがしというものすごくシンプルなもの。
ある意味お約束の展開。
こういうのが好きな人は安心して見ていられる。
ポイントは主役の女性。
アンジーのように個性豊かで色気が匂い立つ、、を期待してしまう。
もちろん美人でスタイルもいいのだけど平凡なんだな。
匂い立つとは言い難い。
セクシーシーンもなく小中学生でも楽しめるお子様映画になっている。
お茶の間でご家族でお楽しみください、という仕上がりだ。
ひねくれたおっさんが見るにはしんどい。

定型句

有名人が死んだり、災害で多くの命が奪われると
「ご冥福をお祈りします」という書き込みやコメントが多数。
当然悪意は無いし当たり前の感情なんだけど。
そもそも有名人とは言っても、面識があるわけではなし
まったく無関係なのに「ご冥福をお祈り」、本当にお祈りしているのか。
もしも本当にお祈りしていたとして、それは自分の心の中、自分のブログで
書くべき話で他人に申し伝えるものではない。
なにかいいこと言ったり書いたりすると安心するのかな。
何度も書くが悪意はないことはわかっている。
私も普通の社会人なので、冠婚葬祭にいけば定型句を発する。
しかしながら、家でまったく知らない人の事故の話でいちいちご冥福をお祈りしない。
志村けんの病死にしても、志村けんは私にとっては小学生のときからの
笑いの神様だけど、死亡のニュースでご冥福をお祈りしなかった。
笑いの神様は私のお祈りなど関係なくちゃんと天国へ行くのである。
もう一つ
私は赤い羽根も日本赤十字もまったく信用していない。
募金したお金の一部は不正に使われているのでは、と疑心暗鬼だ。
3.11のときも復興予算を私腹を肥やすのに使ったNPOが捕まった。
慈善とか人のためとか綺麗事をいうやつをそもそも信用していないのだ。
日テレの24tvなど最たるものだな。
私のこういうひねくれた性格をよくご存知の人たちは御理解の上、
ブログを読んで頂いているようだが。(笑)
今日も職場で私が書いた会報の記事を直せと言われた。
言われたとおり直していくと誰が書いたかわからない文章になる。
それがいいのだそうだ。
一応物書きとして生きている私にはしんどい話である。
定型文が尊重されて、オリジナルの文体は否定される。
「ご冥福をお祈りします」「お見舞い申し上げます」
「心より○○申し上げます」などなど書いていればいいのだろうけど。
定型文が好きな人達のこちらへのコメントはご遠慮申し上げます。

肥薩線と人吉


8年前に人吉から霧島に肥薩線の撮影旅行をしたときのもの。
人吉周辺の写真をアップした。
多分この撮影場所は水没したんだろうなあ。
昨日もここで書いたが素晴らしい地域である。
自然との距離感もちょうどいい。
山の恵も海の幸もいただける。
ただし勘違いしてはいけないのは自然は人間の敵である。
山には人間を襲う動物もいれば土砂災害もある。
海や川も時折牙を向くわけで。
アホな人間はコンクリートの構造物で自然を制したような思い込みをしているが
自然を制したのではなく壊しただけだ。
相手を皆殺しにすれば襲われる心配はない。
人の命は大切だが自然の猛威にはかなわない。
豪雨が降れば川があふれる、よく考えれば普通の自然現象だ。
何世代に渡ってこの地に住む人達は高台に住む。
ところが何十年に1回の洪水のために毎日坂を上り下りは嫌だ。
という人は便利な低い平地に住めばいい。
ただし何十年に一度は泥水に浸かる。
自然との共生とはこんなものだ。
(人が住まない空いていた土地に老人ホームなどが建ったわけだな)
何度も書くが自然は人間の敵だ。
自然の中では暮らせないので、断熱性の高い家に住んでいる。
草木を切り倒してアスファルトの道路を作る。
生活はできるだけ自然を排除しているわけだ。
こういう災害を避けたいというなら私の住んでいる東京20km圏内に住みなさい。
地域にもよるが駅チカなら坪100万円、ちょっと不便な場所なら坪50万円ぐらいで土地が買える。
自然災害で死んだ人は100年以上いない(と思う)ので移住してみてはどうかな。
もちろん、都会に逃げ出す人など少数だろう。
この地域の素晴らしさを簡単に捨てたりできないだろう。
早く元の美しい人吉、球磨川に戻ってほしい。

熊本県大雨

線状降水帯がかかって熊本県南部にすごい雨が降っている。
球磨川が氾濫している、しそうだという。
数年前の夏に肥薩線のSL撮影にいった。
この年も梅雨末期の大雨で増水、鉄橋の支柱にたくさんの草やゴミがこびりついていた。
九州南部はもともと雨が多い上、急峻な地形で水害が起きやすい。
旅行すればわかるが人吉など素晴らしい場所だ。
どんなことにも一長一短ある。
球磨川流域は住むにはいい場所なんだけど、水害は覚悟する必要がある。
私が住む都心から20km圏内の郊外、交通の便や買い物の便はいいのだけど
空気は悪いし道路はいつも混んでいるし景色は家とビルだけ。
自然などまったくない。せいぜい公園にある人工的な樹木程度。
住んでいて「あーいいところだ」などとは思ったことがない。
田舎暮らしを憧れるのだけど、なかなか踏み切れずに何年も過ぎている。
大分、熊本は移住の第一位候補地だ。

東京100人

感染者数が増えているとバカマスコミは不安をあおるが
大半が水商売の人と客、一般の人には危機感はないね。
政府も東京都も冷静に見守るということでアクションは起こさない。
感染者が出ればその店は営業停止、その後は廃業だろう。
怪しい店が消えていくわけで、実は悪い話ではない。
政府が心配しているのはかたぎの人間が感染することだ。
今の所市中感染、クラスターは無いに等しい。
岩手県のように感染者0のほうが心配。
東京のように危ない奴らが結局危ないというのが自然なのだ。
これがコロナウイルスとの共生なんだろうな。
緊急事態宣言でまっとうな商売をしている人まで自粛させられるのではなく
危ない人達が自爆していくのは正常な方向性である。
もう一つ
医療業界の人に取材すると
コロナ指定病院のベッドには余裕がある。
7月1日から病院の検査科単位でのPCR検査ができるようになった。
さらに15分でできる抗体検査キットの供給も軌道に乗ってきた。
つまり、コロナ対策は進んでいる。
病院の受け入れ体制は確保されている。
PCR検査や抗体検査の制限もなくなり検査数も増えている。
だから、感染者数が多少増えることは想定内ということだ。
さらに陽性患者もわかりやすい業態従事者。
つまり4月前後の100人と昨日今日の100人とは数字の意味が違うということ。
桁数が上がること、地方への顕著な拡大が見られなければ
陽性患者が増えたとしても想定内、変な宣言など出さないだろうね。

空母いぶき、映画評

ネットでのコメントを見ても賛否わかれる。
この手の映画が好きな先輩もイマイチだと酷評。
ようやく見ることができた。
ネタとしては「宣戦布告」みたいな感じだ。
架空の国の侵略。
宣戦布告では明らかに北朝鮮がモデルになっていた。
空母いぶきでは、その国がもやもやしている。
最初は漁船に紛れて、という設定だったが
いつの間にか潜水艦やミグや空母まで保有しているという。
それも空母に60機の艦載機というからアメリカニミッツ級だよね。
アメリカ以外ならロシアか中国となるけど、そうなれば
簡単に日本の艦船にミサイルや魚雷を打ち込んでくるか。
フィクションだから楽しんで見ていればいいのだけど
日本政府や自衛隊のくだりはやたらリアルなものだから脳がうまく認識してくれない。
中井貴一がやたらクローズアップされるのだけど、いらないよね。
翼ちゃんもいらないかなあ。
さらにメインの空母やF35のCGがちゃちすぎる。
あれじゃただの絵だよ。
ピクサーみたいにオールCGを売り物にしているわけではない。
もう少し自衛隊に協力してもらっても良かったんじゃないかな。
カズレーザーみたいに。
佐々木の演技やセリフもなんだかモヤモヤだ。
本物の自衛隊員もこんな感じです、という説明がないと入ってこない。

ディズニーランド再開

日本一有名な遊園地がコロナ自粛が終わって再開、と言うニュース。
東京ではじわじわと感染者が増えているが、千葉県浦安は関係ない。
よくよく考えたら今日は平日水曜日。さらに月初め。
かたぎの人間が遊園地に行くような環境ではない。
もちろん、サービス業や代休の人も多いのだろうけど。
早い話が赤の他人が遊園地ではしゃいでいる映像を見ても悪意しか感じないよ。

東京都で58人感染、休業再要請か

日本に限らずどこの国でもコロナの規制緩和で感染者数が増加。
ある意味仕方がないことなのか。
病院や施設ではある程度の感染は仕方がないのだろうけど。
ここにきて感染の傾向が定まってきた。
2つに分けられる。
小池都知事が言っていた夜の商売。
ホストクラブ、キャバクラが取り沙汰されている。
生活するために仕方がなく営業していた、生活のためというキーワード。
結論から言えば生活のためなら、従業員や客の命は犠牲にする、という意味だな。
早い話が命よりお金、わかりやすい論理ではあるが。
そういう仕事を好んでするのか、せざるを得ないのか、
さらにそういう店に喜んでいく人たちが少なからずいる。
コロナの有無に関わらず一つの世界を形成している。
かたぎの人間があーだこーだ言う話でもないらしい。
もう一つが昼カラだそうだ。
昼かどうかはたいした問題ではなく、カラオケ大好きピープル。
わざわざ昼と言うくらいだから、そういう人たちの世界なんだろう。
つまり平日昼に仲間が集まれる人たちということだ。
カラオケだけでなくても大声で話すのが大好きな人種。
これもかたぎの人間があーだこーだ言っても耳を貸す人たちではないね。
こういった自分たちの快楽や儲けのためなら他人の迷惑など考えないという
人たちを除けば、感染者は少ない方ではないか。
日本の一般人の公衆衛生は大したものなのである。
おかげで東京にしてもアラート発令まで至らない。
これが大企業や役所や学校でクラスターとなればすぐにアラートなんだろうけどね。

スターウォーズ、サーガ


ついに購入してしまった。
スターウォーズ、サーガ。
4KUHD9枚、BD9枚の18枚組。
4万円以上の高級品だ。
スターウォーズフリークとしては、4K画質でのコレクションは必須。
帰宅と同時に宅配された。
私は風呂から上がった直後にピンポ~ン。
バスタオル1枚のセクシーな格好で玄関で受け取る。
でっかい高級な箱にBDが収められている。
当然、まだ見ていないep9をチョイス。
出力は4K、音声はドルビートルーHDと表示された。
ストーリーはさておき画質から。
当たり前だが超高画質である。
これでもかという感じで高精細、なんだけど。
CGの部分と普通に人間がスタジオで撮影した部分との画質の乖離が見られる。
特に、撮影途中で死亡したキャリー・フィッシャーのシーンがひどい。
昭和のスターウォーズみたいな感じだ。
生身の人間の映像がいかに難しいかよく分かる。
前半はスターウォーズらしく宇宙船の戦闘シーンが続く。
あとはep9にふさわしい結末になるのか???
音声はいかにもドルビーらしいワイドレンジ、低音を誇張した感じ。
4KだからとBDを超えることはないようだ。
そんなことより、そろそろ嫁さんが帰宅する。
このでかい箱をみてどんな嫌味を言われることか。

新型ハリアー試乗

新型ハリアーを試乗した。
個人的にあまり興味のないカテゴリーのクルマだ。
中が広くて高級でちょっと車高が高いという流行のいいとこ取り。
私から見ると中途半端に見えてしまうのだけど。
ただし、すごい人気である。
発売開始から半年待ちだとか。
コーヒーでもブレンドが飲みやすいように、ハリアーは万人から受け入れられる。
私の好き嫌いなどトヨタの設計の人にはどうでもいいことだ。(笑)
試乗車は黒の2000cc。
見た目はハリアー、この手のクルマで個性がちゃんとあるのはすごいことだ。
運転席に乗り込む、本革シートだ。
ドラポジもかなりいい。
エンジンかけて走り出す。
第一印象はもっさり、ウルトラスムーズに動き出すのだけど。
大柄な割に取り回しやすい。
ただし、コーナリングももっさり。
ロールは最小限だがステアリングからの反応は遅い。クイックな感じはまったくない。
真っ直ぐな道で前が空いたのでアクセルをぐっと踏んでみる。
タコは3500を超えた。が、加速は穏やか。
実際の車速の上がり方もノーマルの軽自動車程度に思える。
車格に対して2Lノーマルは非力ということか。
その後でフル加速のチャレンジはしないでおとなしく営業所に戻った。
乗り心地ならライバルはクラウン、SUVのライバルはラブ4なのだろうが
クラウンに運動性は負けて、ラブ4にSUV性能は負けている。
この程度の動力性能なら新開発の10速ATは要らない。
営業マンが言うにはすべて燃費に振った設定になっているとか。
今やトヨタの設計はHVありきになっているね。
クルマとしての欠点は特にないわけだから、普段使いで不満はないけど。
ラブ4の出来が良かっただけにハリアーは平凡に見えてしまう。