周防大島の奇跡

2歳の男の子が3日ぶりに見つかった。
日本中の多くの人が「良かったー」と胸をなでおろしたに違いない。
話はこれで終わりなんだけど、アナザーストーリーを考えてみた。
ここからはフィクションです。
1.偶然の偶然は必然
というミステリーでよく使われる言い回し。
サイコロで同じ目が2回、3回出るのは偶然だが
4回5回となると偶然ではない。
2才児を赤ちゃんとは言わないだろうが、
ほぼサバイバルの知識を持たない2才児が一晩ぐらい生き延びるのなら
偶然と言えるが2日3日となると偶然の積み重ねなのだろうか。
2.なぜ見つからなかったか
消防や警察は一応プロである。
故意に隠したり埋めたりしたものならなかなか見つからないこともあるが
隠れようとしていない生身の人間を見つけられないものだろうか。
現場の人たちが相当無能だったということにもなるのだが。
逆のみ方をすれば幼児は隠されていた、ということも考えられる。
実は誘拐事件だった。
3.3日間
もう一つの疑問は飲まず食わずで2才児が無傷で外に3日間もいられるか。
生命維持だけなら可能かもしれないが、
ニュースでは外傷もない、病気もないとのこと。
普通に考えれば第三者が手を差し伸べていた、と。
4.発見したじいさん
犯罪歴がないどころか、3.11からのボランティアの専門家と言う。
ただ、インタビューの映像をみると、とてもそんな優秀な人には見えない。
周防大島には縁もゆかりもないという。
また、朝7時からの捜索ということだが、6時台に発見したという。
いろいろな意味でつじつまが合わない。
5.もし事件だとすれば
もし事件だとすれば、必ず得をする人がいる。
ただし、幼児や女性が被害者の場合は異常性癖の犯人もある。
付近に異常性癖がいなければ、第一発見者が犯人
というのはミステリーの常套手段だが。

お盆休みの楽しみは阿波おどり

ちょいとカミナリがなって夕立が降った程度で「ゲリラ豪雨」と騒ぐバカマスコミ。
そりゃ、夕立だからザッと降るよ。
盆休みで昼間にのんびりテレビを見ていると
ボクシングのいざこざに続いてのターゲットは阿波おどりのいざこざ。
ヘッドラインだけ見ると破産した観光協会のどんぶり勘定の経営が、、
ということだったのだけど、それならいざこざにはならない。
そもそもお祭りの赤字とはどういう意味なのか。
盆踊りで黒字になるとはどういう意味なのか。
阿波おどりは仮設ではあるが立派な桟敷席がある。
入るのに2000円ぐらいかかるそうなのだが、それが主な収入となるらしい。
価値観は人によるが少なくとも地元の人はあんなものにカネは払わないらしい。
さらに、観光客はというと例年6割程度らしい。
あんなもの作らなきゃいいのに、と思うが、おカネが落ちてくるから利権が生まれる。
たとえ赤字でも、である。
シャトルバスも赤字だそうで。
転機は揉め事を作った今の市長。
四国放送出身だそう。
その四国放送筆頭株主徳島新聞の発行元である一般社団法人徳島新聞社で、
10%の株式を有する(同新聞社の関連法人である
公益財団法人徳島新聞社会文化事業団の所有分を合わせると15%)
徳島新聞社が阿波おどりの主催になっている。
破産した観光協会の言い分では、おカネに関すること、業者選定は
徳島新聞社の関連企業が優先されてきたとのこと。
観光協会と前市長、徳島新聞社と四国放送と今の市長。
というつながりがあったそうで、市長が今の市長になったと同時に
観光協会の赤字を指摘、破産に追い込んだとされる。
などなど
ワイドショーをずっと見ていたのですっかり詳しくなってしまった。
もう一つ
私もネットで調べてみた、阿波おどりの問題点。
徳島市にはこれといった観光資源がない。
おかげで市内に宿泊施設も少ない。
だから阿波おどりの観光客はその日のうちに帰宅、もしくは市外に出てしまう。
だから、あれだけの人出がありながら、地元に落ちるおカネは少ないとのこと。
せめて地元に経済効果があれば多少の赤字は仕方ないのだろうが。
徳島新聞社が赤字にこだわったのはそこなんだろうな。
だからと関連企業に利益誘導、傀儡政権でお祭りの運営を勝手に、、
というのはいかにも田舎の会社らしい。

都心に大雨警報

昼過ぎから空には黒い雲が、ゴロゴロと雷鳴も。
雨が降れば植栽に水をやる手間も省ける。
その上、35度の暑さも緩和されるだろう。
ところがである。
我が家の上空だけは雲が薄い。
レーダーを見ても我が家の近辺を避けて雷雲が動いている。
都心から18キロ程度の場所なんだけどねえ。
テレビでは都心の土砂降りの映像。
こちらは一滴も降っていない。
もう一つ
ほとんどのチャンネルのニュースで都心で実証実験。
何の実験かと思いきや、都心の歩道10mほどに水をまいて
温度がどれだけ下がるか、、だそうだ。
おいおい、小学生の自由研究じゃあるまいし
年収1000万円近いおじさんたちがやることじゃないだろう。
さらに各局の記者が「皆さん、御覧ください」と大げさにレポートしている。
2度下がった3度下がったと喜んでいるが
今日は曇りがちだが朝から30度を超えていた。
25度ぐらいの水をまき続ければ25度に近づくのは当たり前のことだ。
実際は3度下降程度ということは効果が少ないと言える。
さらに費用対効果が悪い上に上水道を使うとなれば道義的にいかがなものか。
あまり話題にならないが
先日のネットニュースでオリンピックと北関東インターハイが重なるとのこと。
オリンピック客のために宿泊場所の確保が難しいと言う。
補助金の問題などで他の県にいまさら移動もできないという。
酷暑、サマータイム、交通渋滞、宿泊、通勤ラッシュと重なる、などなど
問題山積の上に高校生選手にも迷惑となれば
おカネのため以外に東京でオリンピックをやる意味はどこにあるのか。
歩道に水をまいてニコニコしている役人を見て改めて思うのである。

ヘリ墜落、自衛隊員5人が現場で一夜明かす

ヘリの墜落は本来驚かなければならないのだけど
毎年のように起きているせいで「またか」という印象だ。
ここ数日、群馬長野県境付近は強い雷雲が多数出現していて
気象条件は極めて悪い部類だろう。
気流の変化が激しい山の尾根づたい、雲で視界が悪いなど
悪条件はあったが、百戦錬磨の救助ヘリのパイロット。
それも地元、という過信が招いた事故だったのか。
もう一つ
それよりも気になったのが当日夜のニュース。
自衛隊員が現場にとり残され連絡がつかない。
映像に映っていたのは百里ブラックホーク
基地に飛行機見物に行くと、かなりの頻度でブラックホークホバリングして
隊員の上げ下げの訓練をしている。
そういう精鋭部隊が二次遭難とは考えにくい。
今日のニュースを見ると、当日に地上部隊との合流という計画だったそうだが
天候悪化で地上部隊は断念。
それでも、現場の隊員たちは活動を続けて
翌朝早朝にはすべての乗組員たちの確認、救出が始まっていた。
自衛隊の軍備は世界でも10本の指にはいる。
さらにこうした作戦実行の能力は5本の指に入るだろう。
防衛予算にはいろいろ意見を言う人もいるが
決して無駄になっていないと思った。

青森ねぶた祭、駐車場1時間5000円

高いと苦情が来たとか、6万円払ったとか間抜けな話が並んでいる。
時間5000円というのはある意味制裁金。
よく勝手に駐車すると○○円徴収します、などと張り紙があるだろう。
そこに止めて大金取られるのは実は普通のことだ。
事件ではない。
青森ねぶた祭りは日本でも5本の指に入るお祭りだ。
そこに自家用車で行こうという発想から間違っていることには気づかない。
車社会の田舎ならではなのだろう。
話は違うが
車社会のアメリカ。
日本人が活躍するメジャーリーグの映像をみると球場の俯瞰をみて驚く。
球場の周りは見渡す限り駐車場なんだな。
日本ではどれが先かはわからないが、昭和の終わりに千葉県船橋市
ららぽーとができたときは驚いた。
大きな建物のの周囲には広大な駐車場。
広い駐車場の再利用として、自動車から映画が見られる施設まで誕生した。
今は近くに京葉線の駅ができたりしたため、駐車券が必要になったが
当時はゲートもなくてお好きなところに止めてください、というスタンスだった。
その流れが地方中心に展開するイオンモールかな。
広い駐車場が売りだった。
そう考えると今問題になっている地方の駅周辺のシャッター商店街
地方はクルマとセットで考えないとねえ。
逆に駐車場がないだろう、いっぱいだろうという場所にクルマで出かけるのは
ぜひやめていただきたい。
もう一つ
我が家の周りにマンション林立しているのだけど
平気で路上駐車する住人がムカつくのである。
特に問題なのが会社の車。
夜に会社から帰って路駐、早朝に出ていく。
このパターンだと駐車場を借りるのはもったいないと思うが、通学路でもあるしねえ。

サマータイム導入で「電波時計が狂う」?

頭の悪い政治屋さんはまあいろいろ小手先で考えるものだ。
以前に流れたサマータイムをオリンピックという錦の御旗で導入しようという。
アナログの昭和なら「よーいドン」でできないこともなかったが
このデジタル時代に1年ぐらいの準備期間じゃ厳しいだろうねえ。
酷暑対策というのなら競技をすべてナイターにしてしまえばいい。
基本的には、午前3時から9時
と、午後6時から午前1時というのはどうだろう。
実は、こちらのほうが得する人が多い。
アメリカやヨーロッパはゴールデンタイムになる可能性があるから。
日本は標準時から9時間、アメリ東海岸から14時間ずれている。
さらに、昼間の酷暑を避けるだけでなく、
東京の経済活動の時間を避けることもできる。
サマータイムなどと小ざかしい手段より、よりスッキリしているだろう。
どうして役人や政治屋さんはみんなが面倒だという方法を選ぶのか。
さらに原発を再稼働していれば、深夜の電力も余裕でまかなえる。

検査違反、スズキ・マツダ・ヤマハ

排ガスや燃費を測定する検査で、不適切な事例があった
というニュース。
定期的にこの手の不正ニュースが報じられる。
不正は良くないことなので、それはそれで問題なんだけど。
私が思うのは、不正の反対は適正なのか、ということだ。
燃費などその最たるもので、カタログ値と実際の値に大きな差がある。
モード燃費といって、想定した加減速を繰り返して燃費の値だそうで。
できるだけ、実走行に近づけようと想定加減速を工夫しているそうだが。
結論から言うと、想定した加減速の合わせた設定になるということだ。
実際、数値が離れているからあっていないということ。
都市部に住んでいる私は1000ccのコンパクトに乗っているが
燃費は11km/L程度である。
混雑する国道や県道で、のんびり加速していれば後ろは渋滞してしまう。
最近、そういうマイペースな運転する人が多くなった気もするが。
しかしながら、だから燃費表示はダメとも言えない。
旅行して軽自動車のレンタカー。
ターボなしだとパワーはいまいちだが、普通の道路を走るぶんには十分か。
九州や北海道での燃費が18から19km/L出ている。
当然のことながら、風向きや山岳部などの条件が違えば数値も変わる。
そう考えると燃費のカタログ値など絵に描いた餅なんだな。
その、0.1の増減のために不正が行われるというのが悲しい。
燃費表示ももう少しユーザーよりにならないものかな。
例えば点検や車検ごとにコンピューターに入っている燃費データをメーカーへ。
さらに販売店やネットにリアルタイムで燃費を表示する。
今の情報化社会である。
例えば「都内城東地区」、とか「千葉県北西部」とか「神奈川横浜川崎地区」などと
地域で燃費をまとめてみるのも悪くない。
我が家近辺をカーナビやネット地図でみると渋滞で真っ赤であることが多い。
日本でも有数の渋滞多発地区だろうな。
九州や北海道の郊外と同じ燃費データで比較できない。
国交省の役人が燃費を決めるのはおかしい。
つまり不正の反対が適正ではないということだ。
まあ
自動車産業で仕事にする人は多い。
メーカー、部品、販売、整備だけでもすごい数。
さらに、莫大な既得権益にぶら下がっている役人、
莫大な税金にぶら下がっている人。
その下に道路族と土建屋
警察では免許制度を利用して、免許センターは警察OBの食い扶持にしている。
高速道路は1時間も走れば数千円取られるし。
若者のクルマ離れには目をつぶり、老人の重大事故にも目をつぶって
とにかく既得権益を守ろうとしている奴らばかりだ。
それなのに、重箱の隅を楊枝でほじくるような不正を大々的に報道している。

嵐の夜

台風が近づき我が家近辺でも風雨が強くなった。
成田では午後になって閉鎖状態。
羽田も便数は少なくなっている。


鉄道も運転見合わせにならない程度に通勤客を運んでいるそうだ。
台風が近づくにつれて気温が上がってきた。
今朝までは20度ちょっとの冷たい風で心地よかったが
午後からは湿った西風になって部屋は27度を超える。
湿度も部屋の中で70%を超えたため、エアコンを21時になってつけた。
明日からは台風一過の猛暑になるそうだ。

感動する甲子園

私とほぼ同じ論調で甲子園を語る記事を発見。

全国で多発する熱中症被害を受けて、「涼しい秋の開催にしたほうがいいのでは」
ドーム球場の開催を検討すべき」などと「夏の甲子園」に異論を唱える方たちが
続発しているのだ。
 「バカ言うな! 暑いなかでやるから甲子園なんだ」
「100年も続く“聖地”をそう簡単に動かせるか」と怒りで発狂する方も
いらっしゃるかもしれないが、そこは安心していただきたい。
 いまの日本社会の状況を冷静かつ客観的に振り返れば、
夏の甲子園」がなくなることなどまずありえないからだ。

(1)「甲子園ムラ」の強い抵抗

(2)ジャーナリズムの忖度(そんたく)

(3)「運動部しごき自慢おじさん」が組織の要職に就いている

「甲子園利権」を堅守しようという力学
「甲子園ムラ」ともいうべき既得権益集団からすれば、球児や観客がバタバタ倒れたくらいで、開催時期や場所を変更するなどありえないのである。
政・官・民にわたって膨大な人々が食い扶持としている原発という巨大利権が、史上最悪の事故を起こしたにもかかわらずストップできないのと同じ構図だ。

例えば、7月22日、新潟の私立加茂暁星高校が地方予選準決勝で敗れたことを、「練習直後に倒れ…亡き女子マネジャーへ、捧げる2本塁打」(朝日新聞デジタル 2018年7月22日)なんて感動秘話っぽく報道したが、実はこの女子マネージャーは、「練習後に約3.5キロ離れた学校に戻るため、選手とともにランニングをさせられて倒れた」のである。
本来、この女生徒に捧げなくてはいけないのは「2塁打」などではなく、なぜ子どもの命を育むはずの学校で、このような事態が起きたのかという原因究明と、「科学的指導とかけ離れた根性論」が横行して、毎年のように死者を出す野球部をどう変えていくのかという改善策であるはずなのに、かなり強引な力技で、「感動ドラマ」へすり替えているのだ。
****
もう私の書くことがなくなってしまった。
書かれているとおりだと思う。
テレビでは例のボクシングの理事の話が盛り上がっている。
マチュアスポーツは一部の人達にはおいしい食い扶持になっているそうだ。
食い扶持と考えればスーパーでキャベツをいくらで売るかを決めるのと大差ない話。
要は、金儲けして家族を養うということだな。

おめでとうございます! Googleをお使いのあなた!

おめでとうございます!

Googleをお使いのあなた!
本日の無料iPhone XiPad Air 2、Samsung Galaxy S6のいずれかの当選者に選ばれました。

OKをクリックして景品をお受け取りください。そうしない限り別のユーザーに当選権が移行します!

などというおめでたい画面が表示された。
確かにヘビーユーザーだから何かもらえることもあるのかなあ。
と画面を進める。
メールアドレス入力、パスワードのところで
パスワードを違うものを打ち込んだがそのまま進行していた。
ちょっと怪しい。
次の画面でクレジットカードの番号を入れろという。
この辺で相当怪しい。
キーワードで検索してみると「フィッシング詐欺」の言葉が並んでいる。
危うく騙されるところだった。
パスワードも違うものを入れてみてよかった。

みなさんも気をつけてください。