十五夜が上がってきた


16時50分ごろ、雲間から上がってきた。

オレンジ色の十五夜、と言いたいところだが
よくよく見るとまだ左側が欠けているかな。
ここ数ヶ月、飛行機とのカブりには見放されている。
特に羽田の北風運用ではこのへんは場所が悪い。
というわけで

などを撮影してもストレスがたまる。
この際、力技の反則攻撃で。(笑)

沢田研二と駅伝四つん這い

マスコミ受けのニュースだね。
この手の話は共感も批判もどちらでも良い。
つまり突っ込んでも痛くも痒くもない。
私はやや批判的な立場だけど、映像を見ると面白いので共感とするか。
もう一つ
沢田研二のコンサートドタキャン事件。
私らの世代は70年代の全盛期を思い浮かべてしまう。
最近の歌っている映像を見ると外見は仕方ないとして声も出ていない気がする。
あののびのびした歌声が懐かしい。
先日死んだ同世代の樹木希林の「ジュリー〰」も懐かしい。
先日ここで男はつらいよを見ている、というネタを書いた。
前回は松坂慶子音無美紀子の話だったが週末見たのが「花も嵐も寅次郎」
ゲストが沢田研二と田中裕子。
沢田研二全盛期の後期、映画に主演して俳優としても評価された時期。
この映画のあと田中裕子と結婚したというおまけまで。
私が食いついたのが、ジュリーの勤務先という動物園。
後ろにジェットコースターや海が見える。
調べてみたらやはり谷津遊園だそうだ。
私も子供の頃よく連れて行ってもらったものだ。入り口にいたシロクマを思い出す。
なんとこの映画の公開時に閉園だったそう。
さら地になったあと高層マンション、当時の海岸線には湾岸道路が。

日本のゴミ問題

ネタ、画像はヤフーニュースより

昨夜のニセ教育番組でもプラスチックごみが扱われていた。
それ以外にも
中国が日本のプラスチックゴミの輸出先になっていること。
東南アジアのリゾート地でゴミ処理が追いつかなくなっていること。
日本は比較的ごみ処理では進んでいる国なのだけど
上記のようにかなり多くの人に環境の意識がないこと。
さらに3.11ではわざとではないにしろ太平洋に数十万トン数百万トン…
のゴミやがれきを流してしまったこと。
ウミガメの映像以外にも考えさせられることは多い。
話は戻るが
私が花火大会などの野外行事や海水浴などのレジャーが嫌いなのは
まさにこの写真の風景が嫌いなんだ。
海水浴場や公園やレジャー施設がきれいなのはもともときれいなわけではない。
海の家の人や職員やボランティアが大変な思いをして掃除しているからだ。
○○公園の花見だってゴミ集積場はただのゴミ捨て場、ゴミの山だ。
一般家庭でも事業所や学校でもごみの分別こそが大切と思われているが
分別するだけでその後のごみの行方など誰も興味ない。
偉そうに書いている私も、毎日缶チューハイの空き缶、スーパーの惣菜のトレイが
ゴミとして排出しているわけで。
決まった曜日のゴミ回収がなければすぐにゴミ屋敷になる。
意識が高い低いに関係なく普通に社会生活をしていれば、それなりのゴミが排出されてしまう。
もちろん、エコバッグや保冷バッグはいつも持っているし
キッチンには多くのタッパーがあって、無駄にしないようにはしているが。
海岸のゴミにしても生活ゴミにしても基本的にはどこかで購入したものだ。
消費に伴う現象なんだから、システムを改変する費用はその中から
つまり消費税からその費用を捻出すべきだ。
役人や議員は消費税はボーナスみたいな気持ちでいるようだが
本来は環境問題に使うべきだと思うのだけどね。
日本が中国に押し付けていたプラスチックゴミ、中国はすでに輸入禁止
それどころか中国国内に溢れているプラスチックゴミが破裂するかもしれない。
となれば隣国の日本がそれなりの被害を被る。
昔、星新一ショートショートで「おーいでてこーい」というのがあったが
まさにそのとおりになりつつある。
日本は原発のゴミ問題に続いて、プラスチックゴミ問題、星新一はすごい。

今日の月見


月の出は15時30分ごろ。
のんびり屋上で見ているのも悪くはないが、ちょいと物足りない。
そこでBBQコンロを出し、炭火をおこす。
スーパーで買ってきたサンマを焼くことにした。
せっかくなので、知人と小学生の子供を招待した。
ちょっと賑やかな月見になった。

今日の無駄遣い2連発いや3連発


読んでいるみなさんもお気づきのように私は心を病んでいる。
一種の依存症だな。
カネがないから高級品をとめどなく買うことはないにしても
ラクタをちょこちょこ買うのである。
1つ目はスマホレンズというカテゴリーか。
スマホのカメラはきれいに撮れることで有名だがあの薄っぺらい光学系。
単焦点レンズである。
だからワイド側はあれで限界だし、望遠側はデジタルズーム。
おかげで画質がひどいことになる。
航空祭の季節だしここは一つ、と購入したわけだが。
実はアマゾンの最安値の最低品。
望遠は最低限の性能、特に四隅の解像度が悪い。
広角レンズは意外にもなかなかである。
望遠は飛行機撮影、広角は景色にとスマホカメラが使いやすくなりそう。
もう一つ
またまたスターウォーズグッズ。
夜店で売っているお面みたいなものだ。
夜店で買うとけっこうな金額だが、アマゾンでもいい値段である。
本当は数千円のちゃんとしたやつが欲しかったが。(笑)
さらにもう一つ

90年代に購入したスターウォーズのゲームソフト。
すでにフロッピーディスクドライブが我が家には無いので宝の持ち腐れ。
捨てるしか無い。
天気の良い週末は久しぶり、寝室、クローゼットを中心に窓を開けて整理、掃除。
ホコリだらけの冬物やガラクタが出てくる。
フロッピーディスク数十枚、MOも20枚以上、燃えないゴミの袋へ。
25年前の無駄遣いであった。

今日も明るいうちにお月見


昼過ぎまで雲は多めだったが、久々に晴れた。
嫁さんは朝から洗濯である。
ついでに私がミッフィーのぬいぐるみなど洗った。
月の出は15時50分。
雲はやや多めだが月が雲間からのぼってきた。
が、時すでに遅し。
アプローチの上になってしまっていた。

東海道山陽新幹線運転を見合わせ


姫路駅の事故で東海道山陽全線がストップしたというニュース。
なんの落ち度もない人達が何万人も大迷惑した。
金曜日の夕刻、さぞ大変だったことだろう。
新幹線を使うと駅に行くということは、すでに他の選択肢はない。
在来線や飛行機とは考えにくい。
ひたすら待つだけ、大変である。
さらに姫路駅のホームから降りてぶつかっていった人がいるそうで。
一人の命とはいえ大迷惑行為、テロ攻撃である。
テレビでは接触事故としか言わないが
姫路駅通過はほぼ最高速度、280から300キロは出ているだろうから
軽く接触も重く接触も結果は同じだろう。
もう一つ
今日の関東地方は曇りベースだが日がさしたかと思えば雨が降る不安定な天気。
昼過ぎと夕刻に降ったが、なぜかその時間私はバイクで移動中。
職場にいる時は晴れていたのになあ、と思いつつ。
日頃の行いが悪いとこうなるという典型例か。
もう一つ
8月の下旬から今日まで記録的に雨が多い、日照が少ない。
記録を見ると今月も日照時間が6時間を超えたのは数日。
7割近く降雨。
洗濯物が乾かないというのも困るが、もっと困るのがその湿度。
あちこちがかび臭いのである。
バイクのヘルメットやかっぱ、冬物などじんわりかび臭い。
ヘルメットのインナーは外して洗えるのだけど
乾きが悪く、なんだかじんわりかび臭い。
さらに最近困ったのがダイソンの排気がかび臭い。
先日湿ったものを吸い込んだのが原因。
ネットで対策を調べると、フィルターなどは簡単に外して洗えるのだけど
ニオイのもとは上部の渦巻きを作るところらしい。
できないことは無いが分解はそこそこ面倒。
出来る限りアルコールで洗浄してみたが、まだじんわりかび臭い。
困ったものである。

KYB免震不正

このニュースのポイントは「不正」である。
ところが、マスコミの報道は「心配」である。
つまりどこかで話をすり替えている。
ポイント1
私が一番食いついたのはKYBという会社とその読み方。
テレビでは「けーわいびー」と言っている。
私はKYBと見れば「カヤバ」と読んでしまうのだけど。
だってオイルダンパー、ショックアブソーバでしょ。
KYBと書いてあればカヤバでしょう。
調べてみると
2015年より商号もカヤバ工業株式会社からKYB株式会社に変更
とある。
なるほど、カヤバという言葉が消滅したということか。
モンロー、ビルシュタイン、カヤバといえばそちらの方面ではブランドなんだけど。
ポイント2
さて、本題。
前にあった、日産やスバルの新車検査の不正と似たようなものだ。
と思っている。
つまり、「国の定めた基準」というくだりのための検査なんだな。
メーカーの研究所では日々技術革新、テストが積み重ねられている。
工場では設計図と寸分違わず製品が作られている。
そこに出てくるのが国の定めた基準なのである。
現場の人間が不正をしてしまった気持ちがわからなくもない。
ポイント3
テレビでは免震構造や制震構造について説明するだけで
そもそも何がどう危険なのか何もいわない。
もちろん、チャラチャラニュース原稿を読んでいるだけの人にわかるはずも無し。
そもそも、スタッフにも専門知識のある人がいるわけもなく。
ただ、カタログや参考書に書いてあることを読んでいるだけ。
ポイント4
KYBの対応は、すべてを適合品に取り替えるという。
ダンパーがむき出しのものはボルトを外して付け替えるだけでいいが。
(それだけでもそれなりのコストは掛かるが)
建物の構想体につけられたものは建物の骨組みをむき出しにしなければ。
ここでポイントなのが国の定めた適合品と不正のあった不適合品との違いだ。
明らかに不良品ならすぐに取り替えて貰う必要がある。
しかしながら、ポイントは不良品ではなくて不適合品。
その違いが何なのかが私の一番知りたい情報なんだけど。
だれも言わない。
もし、記者会見でKYBがそこを突けば、
それは国に対する批判、つまり国の定めた基準への批判、
つまり検査自体の必要性に言及することになる。
不正が明らかになったばかりで国の批判をすれば、ますます立場が悪くなる。
だから、頭を下げて「全部取り替える」と言うしかないわけだ。
ポイント5
行き着くところは「国の定めた基準」と「検査」
つまり役人の既得権益なんだな。
このシステムの悪いところは、不適合品は全部取替ろとなる。
それじゃあね、もし想定内の地震が起きたときに
適合品が機能しないで人的被害があった場合、
既得権益役人は責任を取るのか、という究極の疑問になる。
もちろん、役人は既得権益を貪っているだけで責任は取らない。
この手の不正問題が出てくると、いつも思ってしまうことだ。
そしてこの手の事件の本質が見えてくると、オチは決まっている。
「真面目に検査している企業がバカを見るのは良くない」と。
不適合品による不具合や事故がまったくないのなら
真面目に検査している方がバカみたい、という結論にもなってしまう。

ガソリンとお月見


よく言われる今年の異常気象。
8月下旬から今日に至るまで1週間から10日に一回程度しか月が見られない。
天気が悪いからドウしようもない。
今日は午後から下り坂、21時ぐらいには降り始めるとの予報だったが
これも見事に外れて、南の空に上弦の月である。
よく見ると近くに明るい星が寄り添っている。
すっかり普通の明るさになった火星である。
それでも月のすぐ近くで見えているからまだまだ明るいということか。
さて、飛行機とのカブりを期待してカメラを構えていたが
見事に我が家の上空で月をさけて飛んでいる。
わざとなのか。
さっきはこっちを通ったのになぜ月が移動すると今度はそっちを通るのか。
飛行機は5分おきに通過している。
もし、同じルートで飛行すればどこかで月とかぶるはず。
パイロットがわざと避けているのである。

もう一つ
ガソリンが高すぎ。
先日軽油を入れたら124円、えっ、ガソリンの値段じゃないの??。
ガソリンは昨日バイクに入れた。
東京郊外の比較的ガソリンの安い地域なんだが、石油系カードで147円。
現金価格は150円である。
これが安売り店だから、普通の従業員が入れてくれるスタンドだと…。
バイクはせいぜい5リットルぐらいだから金額もたかが知れているが
以前のインプレッサや86と思うと、、(どちらもスバルエンジンだが)
クルマ離れはますます加速して、燃費の良い軽自動車やHVが売れるのである。
軽油のハイラックスがなんとか10km/Lをキープしてくれて助かっている。
灯油は18L1800円弱、これはひどい
安倍政権の大目標の物価上昇には役に立っているのだろうけど
ますます景気は悪くなりそうだ。
ブリックスや東南アジアでは古い車とガソリンがたくさん売れているから
原産国は大儲けなのだろうか。

高須クリニックと医学部入試問題

高須クリニックの高須氏がSNSで持論。
「医師の家庭に育った学生は医師になる心構えができている。一次試験で学力がクリアーできているなら大学が見込んだ学生を選んでもいいではないか。昭和大学の現役国家試験合格率は100%だよ」
「誰を入学させるかは大学に決めさせればよいではないか。文部科学相はおせっかいだと思います」
というニュース。
SNSが普及してから特にだが、他人のことをけしからんと首を突っ込む輩が多い。
就職試験や入学試験は現場の試験管が合否を決定するもので
他人がどうこういう筋合いのものではない。
また、公務員試験や公立学校入試ではそれなりの公平性が必要だと思うが
一般企業や私立大学は独自の判断になるのが普通だろう。
どんな会社でも大学でも変なやつは入れたくないのだよ。
例えば、犯罪に走る人、他人を貶めるような行為をする人、
そもそも向いていない人、続かない人。
事件が報道されると、「卑怯だ」「許せない」「クズだ」などと叫ぶ人。
被害者や関係者ならそれもありだが、関係ないのに我が事のように熱くなる。
なんだか一部自分のことを書いているようで背筋がムズムズするが。
私は高須氏に賛成。
国立大学は研究に私立大学は臨床にと棲み分けすればいい。
国立は能力点数で優秀な学者になるべき若者を。
私立は人物本位、即戦力の医師になるべき若者を。
どんな人材を欲するかは現場が決めること。
ペーパーテストだけで決めるほうが間違っているのだ。
なんでも点数優先で、という人のほうが実は不公平で曲がった見方かもしれない。