香港と千葉の被害

香港の観光客が激減しているというニュース。
あれだけ空港でも大騒ぎしたのだから致し方ない。
原因ははっきりしている。
理由は何なのか。
私はニュースの通り、法律案のことだと思っていた。
ところが、廃案となってもデモは止まらないという。
デモの本当の理由は違うらしい。
話は長くなるが、
香港が英国領のころは中国は完全な共産主義
西側諸国との貿易は香港が玄関になっていた。
香港の繁栄は中国との貿易だった。
ところが、香港は中国領となっただけでなく
中国自体が世界との貿易に積極的になったことで
香港の存在意義が一気に薄れてしまった。
もともと小さな港町、農業も工業もない。
商業だけで繁栄していた。
それが今となっては観光業でほそぼそというのが実態。
香港市民は行き場のない感情を暴力に転化しているように見える。
もう一つ
関東地方に住む私にとって、千葉の台風被害は他人事ではない。
被災者には早い復興を願うのみである。
ようやく停電は一部を除いて復旧したと聞いて一安心。
ところが同時に家屋への被害が明らかになってきた。
住む家がなくなったショックは計り知れない。
それとは別に、テレビに映った被害を受けたお家をじっくり見た。
まず多く見られるのが築40年以上ということ。
古い建築基準であることはなんとなくわかった。
さらに屋根の部材も細くて華奢、木材をつなぐホールダウン金物が見られない、
ほぞ接ぎも単純なものに見えた。
海の近くは風が強いのでもう少し頑丈な家が多いかと思っていた。
千葉は昔から温暖で穏やかな気候なのだろうか。
映像には比較的新しい家も散見した。
大手メーカーの建築であれば問題だと思う。
が、見たところ中小工務店の建売のような外見だった。
水害はどうしようもないが、地震や風雨に関してはある程度の強度のある設計をするのが今風だろうに。
屋根を修理するのは建て替えるくらいお金がかかるに違いない。
もう少し早い時期に地震や風雨に対するリフォームすべきだったと思う。
屋根を修理、雨漏りで室内の修理のお金と膨大な不便と心労を考えれば
大震災や毎年起こる豪雨災害をきっかけに補強工事をしておくべきだった。
古い家で安全に住むというのは、案外お金がかかるものなのである。
新しい家を購入するときも、それなりに強度に保証があるものを選びたい。
もちろん、安い建売よりは高価だけど。
台風や地震のあとに途方に暮れるのは嫌だ。

週末、連休に観た映画その1

21日からの連休、台風の影響で天気が悪いとの予報だったが
雨は夜に降っただけで、昼間はまあまあの天候だった。
23日の最終日は台風の影響で南風が強くてアウトドアはしんどい。
21日は姪っ子の運動会、曇りだが丁度いい気候で無事に閉会式。
私はそういうのに興味はないのだが写真係で駆り出されて疲れた。
それ以外は、自宅で映画を観ながらのんびり過ごす。
その1 シャークネード
シリーズ物で5作まで録画したのだけど、これがまたなんともつまらない。
人食いサメが嵐とともに飛んでくるという。
もともとの設定がありえないわけで、ストーリーもツッコミどころ満載。
少しでも「どうして」「理論的に」などと考えた瞬間に見る価値がなくなる。
なんとか3作を早送りで見ていたが、耐えられなくなった。
その2 サイレント・ワールド
シリーズ2作、最初の作品を見た。
SF作品として楽しみに見たわけなんだけど、話が進むにつれてつまらなくなる。
SFにしてはサイエンスの部分があまりにも貧弱、意味不明な話が続く。
お約束の都合がいい主人公が大活躍するわけで。
その3 レッド・スパロー
オスカー女優ジェニファー・ローレンスが、セクシーな女スパイに挑むエロティック・サスペンス!
というフレコミ、話題になった映画。
スパイの話なんだけど、どちらかといえば人情ドラマというか
女の生き方の葛藤というか、ウリ文句のエロチックは数場面だけ。
アクションシーンもとっても地味、演技が勝負です的な映画だ。
その4 男はつらいよ、48作と特別編
48作はシリーズ最終となる。渥美清は撮影からしばらくして死去。
顔には厚めのメイク、声はかすれていて、だれが見ても限界を感じただろう。
甥っ子の満男が主役として頑張るわけで。
特別編は49作とカウントされるが、渥美清が死んだ後の総集編という感じ。
満男が正真正銘の主役になっている。
今年の年末に50作、50周年記念の作品が公開されるそうだ。
その5 ザ・プレデター
これはBDで所有しているもの、久々に観た。
実はこの作品はプレデターマニアの間では評判が悪い。
個人的にはプレデターの美味しいところはてんこ盛りだと思っているのだが。
所々に1作、2作のネタがちらりと出てくる。
改めて見るとプレデターは人間を狩りに来るという大前提が壊されていることがわかる。
そもそも3作のプレデターズから設定がいじられている。
本作のほうがもとに戻そうとしているのではないかな。
主役以外は派手に殺されるのは期待を裏切らない。
ラストシーンは次回作の番宣になっている。

台風15号を激甚災害指定へ

台風15号激甚災害指定へ
と言うニュース。
今回問題になったのが政府や行政の対応だという。
政府は内閣改造、お山の大将が誰かで頭がいっぱいのようだった。
さらに、千葉県の対応も批判されている。
県庁では「市町村から連絡が来ない」と言っていたとか。
つまり連絡しない市町村が悪いという考え方。
さらに陣頭指揮を取るべき森田健作
彼は性格もいいし、実行力もあって評判はいい知事なんだが。
いざこういう災害などのイレギュラーなバウンドにはすこぶる弱いようだ。
これはその人の性格や能力もあり知事が悪いとは一概には言えない。
しかしながら、その取り巻きの県庁の上層部もまるで役人根性丸出しのようで
対応の悪さに拍車をかけた格好になった。
公務員である彼らは職務怠慢だからとクビにもできないし降格にもならないだろうね。
内部では誰がやっても同じだと思っていることだろう。
もう一つ
被害の把握に時間がかかったとある。
本当だろうか。
発電所は動いているのに停電しているわけで。
電力会社や通信会社にはそれなりの通信網やデータがあるだろうから
推定ではあるにしろ停電区域と断線箇所はわかっていたのではないか。
そこから役所にフィードバックさせることはできたと推論できる。
木更津や館山にはそれなりの装備がある自衛隊がいるわけで
ヘリや偵察機で昼夜の航空写真を撮ればそれなりに把握できるだろう。
地元の役所は通信も絶たれててんやわんや。
県庁は連絡が来ないとふんぞり返っている、という図式だろうね。
千葉県は温暖で災害が少ない地域ゆえ、弱点が出てしまったか。

スポーツ中継

当たり前の話をもっともらしく書きます。
面倒くさいと思われる方はスルーしてください。
帰宅してテレビをつけるとバレーボールをやっていた。
バレーボールのワールドカップだそうだ。
4年に一度の世界大会という話だが世界というわりに日本でやっているような。
調べてみたら日本で開催するものらしい。
日本チームとフジテレビのための大会のようだ。
テレビで見る限り日本戦しかやっていない。
多くの人はワールドカップというのは日本チームの試合のことだと思っている。
日本チーム対世界の国々の総当たり戦ということなんだろう。
ニッポン頑張れ、をずっと見続けるわけで
フジテレビにナショナリズムを押し付けられている。
今日から、ラグビーのワールドカップも始まるそうだ。
やはり日本で。
利権のある放送局に利権に雁字搦めの選手たちが出演しては
頑張れニッポンを連呼している。
多分、地上波では日本戦しか放送しないのだろうね。
それを言い出したらオリンピックだって似たようなもの。
日本人の出る試合しか放送しない。
冒頭にも書いたが、それが当たり前なのだろうか。
日本人が出ないマイナースポーツでは視聴率が取れないというのが本音だろう。
バレーボールでもサッカーでもマイナースポーツなんだな。
サッカーでイングランドとブラジルの試合ですらゴールデンじゃ絶対やらない。
深夜だってやらないだろうね。
そんなマイナースポーツでお金を稼ごうとするのだから
いろいろひん曲がった考え方で話をすすめるしかないのだろう。
私はそういう金の亡者たちの欲求を満たしてあげるような広い心は持ち合わせていない。
話はズレるが
池井戸潤原作、大泉洋主演のTBSドラマを見た。
オールブラックスの試合ぐらいは見たくなった。
日本戦だとアナウンサーがうるさいので、イングランドとか南アフリカとの試合がいいかな。

東電原発裁判

東電福島第一原発事故をめぐり、旧経営陣3人が業務上過失致死傷罪で強制起訴された裁判で、
東京地裁から無罪判決が言い渡された。
というニュース。
強制起訴というのが気になる。
検察は不起訴の判断をしたものの、数の力で強制起訴となり裁判。
法律の専門家が不起訴と決めたのだから、結果は見えていた。
何度もここで書いたが、1000年に一度の大津波を予見するのは不可能。
被災者はやるせない気持ちになるだろうが法律は非情だ。
誰かを吊し上げてスッキリしたいと思っている人は多いだろうが
戦後原発を推進したA級戦犯はほとんどが死んでいるか
司法やマスコミから届かないところからの高みの見物だ。
津波対策の不備、安全の軽視、これは被告だけの問題ではなかろう。
それよりもっと問題なのは、廃炉への道だ。
福島第一原発廃炉に手間取るのは仕方ないにしても
敦賀などの原発廃炉についても道のりは遠く、莫大な費用がかかるそうだ。
津波対策だけでなく、目先の安全性以外はほぼやっつけ仕事。
何の見通しもないまま原発を作り続けたフシがある。
ひ孫の代まで迷惑をかけることなど屁とも思わない奴らの仕業だ。
道路に平気でゴミを捨てるチンピラやアホ高校生と何ら変わりがない。
昭和20年代後半から30年代にかけては、未熟な政治家や役人による未熟な政府、行政だったわけで。
東電旧経営陣と同様、追求したにしてもしっぽを捕まえることはできないな。

埼玉小学生殺害

さいたま小4男児殺害 父親を逮捕
というニュース。
情報の少ないニュース記事を読み解いても、父親が怪しいと多くの人が思っただろう。
10歳年下の再婚した夫、父親だそうだ。それも無職。
母親は40代の教員だとか。
小学生は何キロも離れた繁華街へ英語教室に通っているとか。
いろいろな角度からツッコミどころが多い事件である。
先日も虐待殺人の親の裁判のニュースがあったばかり。
政府は子供を産め産めの大合唱。
民主党政権のように安倍政権でも保育園無償化などのバラマキ。
教育現場では(家庭でも)『体罰はだめ』『怒っちゃだめ』がエスカレート。
産めよ産めよと生まれた子供たち。
怒られないゆるゆるの教育で大人になった人が子育てをちゃんとできるのか。
虐待も貧困も子供に責任はなくすべて親が悪いわけで。
ところがその悪い親は自分のどこが悪いのかまるでわかっていない。
役所の連中は教育を食い物にして、改革だと好き勝手。
マスコミは事あるごとに学校が悪い、教員が悪いと叩く。
大半の公立学校は昭和の校舎、壁や天井はボロボロ、トイレは和式だ。
この図式は大戦末期の日本軍に似ている。
司令部は無茶な作戦や命令ばかり、補給の計画もなし、
補給路を絶たれた最前線で戦っている教員や親たちの士気と頑張りだけでなんとかなっている状態。
しかし、敗戦は目に見えている。って感じかな。

飛行機ネタ


まずは小松で撮ったイーグル。
旅行したり仕事が詰まったりで木曜日なのにぐったりしている。
自宅でエアコンをつけることはなくなり
夜もエアコン無しで寝られるようになったのは大いに良いことだが。
関東地方は雨が多くなり、涼しくても湿度100%という夜も多く実は寝苦しい。
おまけに昨日は30度以上今日は25度以下とか、
運動不足の年老いた体には、きついのである。
と、愚痴はこの程度にして、
飛行機の機窓からの景色を紹介しよう。
この日の羽田は雨、所々に発達した積乱雲があって機窓は楽しい。
富士山がなんとか見えたが、シャッターチャンスは少なかった。

秋の小松に行ってきた


小松基地は明日が航空祭だが、一足先に訓練を見てきた。
雨が降って訓練がキャンセルしたこともあったが
翌日は晴れていくつかの機動飛行も見ることができた。
前日の雨で湿度が高くベイパーを派手に吹いてくれたのが良かった。
本当は航空祭に入場して米軍F16の飛行も見たいのだけど。(涙)
帰宅した。

あゝ青春、吉田拓郎

吉田拓郎の名曲は多々あるが、私の好きな曲の一つ。
先日もここで書いたが1975つま恋でもオープニングにチョイス。
その後の大きなコンサートでもオープニングに使われた。
拓郎も好きな曲なのだろう。
ところがである。
この曲は拓郎の作曲ではあるが彼のオリジナルのシングルではない。
オリジナルのアルバムにも収録されていたかどうか。
70年代前半、松田優作のテレビドラマの主題歌として書かれたもの。
作詞は阿久悠?だったか。
さらに演奏もトランザムというグループが。
つまり襟裳岬と同様セルフカバーという立ち位置なんだが。
一つ、から始まる数え歌がシュールで拓郎の作詞かと思っていた。
トランザムというグループもスタジオ・ミュージシャンの集まりのような感じ。
切れのあるアレンジと演奏をする。
拓郎はトランザムのアレンジのままコンサートで歌っていた。
さらに
歌詞に『青春』なんてワードが、さらに題名にまで、堂々と歌われるのは
70年代前期までではなかったか。
その後、あの青春ドラマのせいもあったが、『青春』という単語が
浮ついていてわざとらしいというような、マイナスのイメージがつくようになる。
そんな中で、あゝ青春とストレートに歌いきってしまうのが
さらにそれを全く普通に感じさせるのが吉田拓郎なのである。
いつの時代にも若者を熱狂させる音楽を作る若い才能がいくつも出てくるのだけど
殆どが映画やCMなどのタイアップで売れて、数曲のヒットで沈んでいくのがほとんど。
拓郎のような才能はそう簡単には出会えない。
あゝ青春、かあ。
青春とはなんだ」と若い奴らに叫びたくなった。
「何いってんだ、このオッサン」とスルーされるのがオチだが。

台風15号その後2

我が家では私が階段でこけて大きなあざができたことが被害となった。
その日の夕刻、実家の母から電話。
梨をあげるから来い、という。
行ってみると、大きな梨。
こうすいとかほうすいとかいう高級品種、大きいつぶだ。
ところが、よくよく見るとあちこち茶色く傷んでいる。
台風で落ちたものを農家が分けてくれたそうだ。
あの風である。千葉県の梨農家は大変だったに違いない。
ありがたく高級梨を頂いてきた。
職場に行くと非常勤職員の同僚の女性。
週末に台湾に旅行したそうだが帰国が台風とぶつかってしまったそうだ。
そして、ニュースにもなった成田空港に缶詰状態になったそう。
そのまま空港で一夜を明かしたのか、ときくと旦那にクルマで来てもらったとか。
更に
同僚や友人の話で多かったのが、台風が通過した後の道路の渋滞。
郊外の県道、普段20分ほどの数キロのルートが2時間以上かかったとか。
確かに私が出勤するときも道路が混んでいたな。
私はバイクだからスイスイ抜いていったが、
道路脇には落ち葉や枝が大量に溜まっていた。
オフロードバイクで良かった。
台風は
東京湾を北上して千葉市に上陸した。
千葉県西部、東京、埼玉、神奈川は台風の西側に入ったため
暴風雨の災害はなんとか免れた。
コースを見て我が家も西側に入ってホッとした記憶がある。
案の定、東側の房総半島地区はあの災害になってしまった。
それも土砂災害などの暴力的に人命を奪う災害ではなく
家屋の屋根を飛ばしたり電柱を倒すという一見穏やかな被害。
しかしながら、ニュースを見てもわかるようにホディブローのように
後から効いてくる被害なんだな。
ある意味、想定外の大きな(広範囲な)災害になってしまった。