読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

那須町スキー場雪崩事故の会見

ニュース

那須町のスキー場付近で発生した雪崩事故の続報である。
大田原高校の校長や山岳部の顧問らが29日、県庁で事故後初めて記者会見した。
歳を取ると仕方がないのだろうが、私も同じ事を何度も言いたくなってしまう。
先日のブログと内容がかぶってしまうことを容赦されたし。
会見の内容は、こうこうこういうわけで訓練に出かけた。というものだ。
天候悪化で登山はやめたというところまでは良かったが、
その後の判断はどんなに正当化しようとも間違っていたということだ。
さらに高体連の先生が出ていた。
この先生はどうやら訓練には参加せず、宿にいたそうで。
さらに、事故が起きた直後の対応も良くなかったという。
私の勝手な印象だが、70年前の日本の軍隊のようだ。
お偉いさんは大本営で机上の空論、現場は悲惨な状況。
お偉いさんは明治時代の日清日露戦争の経験があるからと自信満々。
ところが最前線では…、、たくさんの兵士が無駄に命を落とした。
もう1つ
失った命はもう戻らない。
親族はひたすら悲しむしかない。
しかしながら、その親族のインタビューをみていると共通点。
父親も登山の趣味があったという。そして子供にもそれを教えたと。
登山は悪いことではないが、危険ということを教えるべきだった。
きけんという意識はなかったのだろうか。
さらに現場にいた生き残った人たちは、雪山の怖さを後輩に伝えていくだろう。
私たちは自分か身近な人が命を落とすか危険を経験しないと、危険がわからない。
もう1つ
3.11の大津波で教員児童80人以上が命を落とした大川小学校事故。
この責任を裁判で争っているそうだ。
子を失った親の気持ちは痛いほどわかるのだが、
千年に一度の災害を予見することはほぼ不可能。
津波から子供の命を守りたいのなら、海沿いに住むべきではない。
災害から身を守るというのは、要因を遠ざけることだ。
理由はどうであれ、命は地球より重いのである。

格安ツアーのてるみくらぶ

ニュース

私も年に何度かはネットで格安ツアーを予約しているので他人事ではない。
聞いたことない会社名なんていうのはザラだ。
インタビューをみていると「今回で4度目」という人が。
倒産はピンポイントなんで、過去に何度かというのは安心の担保にならない。
それにしても悪どい、倒産数日前にもツアー広告を出して
数十人規模の会社に新採用50人。
誰かのコメントにあったけど「自爆テロ犯」だな。
最大限の迷惑がかかるように仕組んでいた。
春休みの繁忙期を狙って倒産はカネを集めるだけ集めて、という意味だろう。
顧客からおカネをもらう企業、経営者としては最低ランクの人格だ。
まあ、裏を返せば倒産なんてそういうものだし、
経営者が最低ランクだから倒産するということも言える。
社長の会見で涙ながらに、と言っていたが、涙など流していないよ。
安っぽい演技だな。
もう1つ
新採用50人は当然内定取り消しとなった。
ネット上では「そんな会社に入社しようとしたのが悪い」というような
自己責任論が散見される。
20代そこそこの若者に会社の経営状況まで把握するのは難しいか。
それとも、就職というからにはそこまでの下調べは当然必要なのか。
意見が別れるところだ。
宅配ドライバーの人手不足で大量採用とのことだが
業界トップのヤマトでさえ、ブラックな勤務が話題となった。
公務員だって会社は潰れないが、地方では赤字財政で人手不足、
安い給料で苦労しているとか。
何がいいかなんて実は誰にもわからない。

我孫子女児殺害

ニュース

憎むべきは犯人。
児童性愛の異常者は世界中にいるそうで。
アメリカではかなり強めの対策をしているというのは有名。
日本でもこの手の事件が定期的に起きているのが悲しい。
性愛だけなら広い心で見れば多少許せることもなくもないが
実際にちょっかい出したり誘拐したりそして今回のように殺害に至ると
弁護のしようもないだろう。
とにかく犯人にはできるだけ早くこの世からいなくなってもらうしかない。
さて、今回気になったのは
ニュースの画像である。
被害者の女の子の画像が何枚もでている。
画面をよくよく見ると「Facebookより」と書いてある。
多分親がアップしたものだろう。
我が子可愛さに、ネットに顔をアップしてしまうというのはアウトだな。
おでんツンツンとほぼ同じ罪。
アップすること自体は法律には触れないが
結局異常者のターゲットになってしまった。
さらに気になったのは。
被害者の家には防犯カメラが3台あるという。
家だけ見ると裕福とは思えないが。
その映像も流されている。
本来そこまで防犯意識があるのなら、娘の画像をネットにさらすことなどしないのではないか。
国籍の問題ではなく、この家族のある意味異常な行為に興味がある。
そう考えるともう1つのストーリーとして、
性愛者の犯行ではなく怨恨による犯行かもしれない。
どちらにしろ、子供を殺してしまうという異常者は裁判の必要なし。
死刑である。

雪崩8人が心肺停止

ニュース

10代の若い命が奪われることは悲しいことだ。
登山はいけないことではないが、危ないことである。
スポーツに事故怪我はつきものだが、命をかけてやるものでもない。
まして、中高生となればなおさらである。
何度もここで書いているが、私の祖父母は長野県人、
例え夏山であっても登ってはいけないと言われていた。
随分前だが、山岳部顧問という先生と話をする機会があった。
「よく高校生をアルプスに登らせますね。」と聞くと
「安全には気をつけていますから。」という。
まあ、100人に聞けば100人がこう答えるだろう。
山の安全は誰がどのように担保するものなのか。
基本的に指導者の経験、勘によるものだろう。
慣れた道なら危ないところがよくわかる、というところか。
今回の事件はそういうおごりが起こしたということだ。
指導者がついていての事故だから言い逃れができない。
さらに、ニュース映像を見ても分かる通り悪天候である。
湿った雪の吹雪だったはずだ。
安全では無かったわけで。
指導者に悪意は無かったにしても、命を奪うほどの判断の誤りがあった。
もう1つ
別のニュースで埼玉県が防災ヘリの出動救助に費用を徴収するという。
これにいちゃもんをつけるやつがたくさんいた。
最初からタダで助けてもらうつもりでいるんだな。
それを命の重みと言い換えている。
本当に命の重みを感じているのなら、危険な山に入るべきではない。
経験豊富とか安全と言っている人が過去数年でも何百人命を落としているのか。
登山は自動車の運転より危ない。
自動車同様、遭難したときの費用を保証できる保険にでも加入すべきだ。
自分のケツが拭けないのなら、登山はすべきでない。

ムーブカスタム

クルマ・バイク


我が家にムーブカスタムが来た。
本当はトヨタルーミィのはずなんだが、3ヶ月たっても納車されない。
前の車は1ヶ月前にすでに手放していて、納車されるべきクルマが無くて。
ディーラーに相談すると、代車を手配してくれた。
ほぼ同等品ということだ。
ムーブカスタムRS、多分一番高価なグレードだと思われる。
確かにルーミィと価格ではほぼ同等品だ。
久しぶりに軽自動車に乗った。
ベンチに腰掛けるようなポジションに戸惑う。
私は身長が180位上ある。
この手のクルマのポジションだとアクセルを上から踏むような感じになるわけで。
運転中、常につま先を上げている状態になる。
これがものすごく疲れるのだな。
短時間の運転でもスネの筋肉が疲労する。
それ以外は快適だ。
軽でもこのクラスになると5ナンバーコンパクトとの格差はほぼない。
ボディもしっかりしているし、足回りもしっとりした感じ。
高級感すら感じる。
ターボがついているだけあって加速に不満はない。
1000ccのルーミィの納車遅れにこんなにいやな思いをするのなら同じ値段の軽でよかった、
とかなり後悔している。
ちなみにルーミィは3月後半の注文で納車は7月になるとのこと。
まだ新型で値引きは辛いし、そんな待たされるなら
ライバルのスズキのクルマにしたほうがお得、だというのは業界の友人の弁。

ディズニーピクサー、アーロと少年

ズートピアに引き続きアーロと少年を観た。
まず良かったのが話の設定。
6500万年前(6600万年前というのが新しい定説のようだが)
隕石が地球に衝突、、しなかったという設定。
したがって、地球上から恐竜が絶滅しない。
さらに数百万年後というのがこの映画の時代背景である。
考古学では恐竜絶滅後、哺乳類の時代となるはずである。
恐竜が生き残った上、哺乳類も予定通り進化して人類が出てきてしまった、
というところで題名のように恐竜と人間の共生
ところが、恐竜のほうが先なので進化も順番も恐竜のほうが先。
恐竜は知能をもち、言葉を使い、集団で農作をする。
人間は言葉が使えず四足で歩く。
という、ちょっと考古学をかじった人ならなるほどと思う設定なんだな。
この辺はウォーリーと一緒で素晴らしい時代設定なんだけど、
トーリーは比較的陳腐なテーマの普通の子供映画、勇気とか友情とか。
途中でちょいと間延びして飽きてしまうところも。
それでも
ディズニーピクサーの最新映像はその緻密さに磨きがかかっている。
そのCG描写を見るだけでもこの作品の価値はある。

週末はディズニー映画、ズートピア

映画、ドラマ

アニメや子供向けの映画は好きではない。
それでも、ディズニーピクサーの映像はマニアとして大いに興味ある。
話題になったものは、それなりに見ている。
そして、好きではないがそれなりに楽しむことができる。
ディズニーピクサー恐るべし。
さて、ようやく有料放送でズートピアがオンエア。観た。
公開時に評論家が持ち上げていたように、なかなか奥深い背景。
そのまま人間社会に当てはめることができる。
それぞれの動物のイメージをそのままキャラクターにしているところが良い。
大人の私が観てもストーリーに破綻がなく楽しめた。
話題になっただけあってよくできた映画である。
なまけものが特に面白かった。