ジメチルエーテルと年賀はがき

札幌のスプレー缶爆発。
プロパンやブタンは圧縮して液化ガスとして利用されているが
消臭スプレーなどでそんなに高濃度で使われない。
アルコールも同様で気化して燃えるがあれほどのエネルギーにはなりにくい。
気化しやすい燃焼促進物質としてはガソリンがある。
しかしながら匂いがきつくカンに充填して流通させるには法の壁。
テレビでは「ジメチルエーテル」が怪しいとか。
ジメチルエーテルやジエチルエーテルエタノールのように水溶性ではないが
揮発性が高くベタベタしない。
さらに気体はよく燃える。
有機溶剤として使われるが、揮発性が高すぎて民間では使いづらい。
さらに麻酔作用がある有毒ガスなのでさらに使いにくい。
有機化学の実験でもエーテル類を使うときは火気厳禁である。
そんな物質を部屋にまいたら、と思うとゾッとする。
もう一つ
私も先週末から年賀状制作に取り掛かった。
ブログを御覧なら分かる通り写真が趣味なので
1年間の写真の使えそうなものを取り込んで
賀正とか書けばなんとかなってしまう。
年賀状ソフトのイラスト集もついに使わなくなってしまった。
疎遠になっている親族や先輩や学生時代の友人に送るつもりで
夫婦で40枚購入したが流石に足りなかった。(笑)
近所の人とそんな雑談をしていると面白いネタ。
小学校の高学年の子供が習字の宿題とかで年賀はがきと同じ大きさの
厚紙を持ち帰ったとか。
はがきの両面を仕上げて提出だそうだ。
驚いたのが小学生の多くがはがきの表面、宛先や差出人を書いたことがないという。
聞いてみると、親が子供に白いはがきを渡すことはないそうで
すでにプリンターで宛名が書かれているとか。
さらにすでに「あけましておめでとう」も印刷済みとか。
何でも出来合いのもので済ませて大人になっていくのだなあ。

不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」

ただのガス漏れ事件ではなかった、という続報。
消臭スプレーは不動産屋ではよく使うアイテムだから
大量にあってもおかしくはない。
おかしいのはその次。
深夜に従業員がガス抜きしていたと言う。
消臭剤だからすぐに腐ることはないし、賃貸物件で使えばいい。
それをあえてガス抜きしていたところに根深い問題がある。
報道ではアパマンショップでは有料で除菌消臭スプレーのサービス。
そのスプレーの出入りは本部で管理しているそう。
空の缶を本部に返還して実績としているそう。
営業所で本来使うべきスプレーを使わずに業務を進めたため
大量に余ったためスプレー缶を空にする必要があり
仕方なく深夜にガス抜きをしていたということらしい。
つまり今回の失火は広い意味で企業ぐるみということになる。
企業としては詐欺の疑いもあるわけで。
テレビでその消臭スプレー缶が映っていたが、業務用らしく見たこと無いデザイン。
多分、中国製の粗悪品ではないのかな。
安い可燃性のガスが入っているし、ものすごく安く仕入れて
賃貸の客に高く売りつけていたと推測できる。
除菌消臭という価値観は個人の感覚に委ねるもので
不動産屋が決めたり操作するものでもないだろう。

札幌不動産屋の爆発火災

ニュースの初期段階ではよくある飲食店の失火だと思っていた。
ところが話が変わってきた。
出火元は不動産屋。
さらに爆発の原因はガス漏れではなく、スプレー缶だと。
さらに室内でスプレー缶のガス抜き作業をしていたとか。
ガスが充満したところで、湯沸かし器をつけたという
言い方は悪いがコントのような筋書き。
コントはチリチリのかつらに顔に墨を塗るというオチだけど
現実は大変な事故となった。
本当に死者がいないのか、と思うわけで。
テレビでも言っていたのが、スプレー缶のガスである。
一昔前まではスプレー缶とフロンガスは同義であった。
無毒で不燃のフロンガスは魔法のガスでもあった。
ところが例のオゾン層がらみで社会からあっという間に消えてしまった。
代替えフロンは高価なもので、安価な可燃性ガスがスプレー缶に。
爆発の原因となった除菌消臭スプレーは部屋にまくもの。
それが可燃性というのは使い方どうこうよりも納得出来ないね。
スプレー商品には二種類あって、一つは圧縮ガスを入れたスプレー缶、
もう一つは指の力で霧吹きするポンプタイプ。
平和ボケした多くの人たちにはその化学的違いはわかるまい。
私が子供の頃、我が家の風呂釜は開放式ガス風呂釜だった。
マッチで種火をつけるというもの。
種火なんて言葉も死語だよなあ。
可燃性のガスに火を近づけるとどうなるか、子供の頃から知っていた。
火をつけるタイミングが遅れると「ボン」と火傷寸前。
公団の団地では種火をつけるのにダイヤル式、火花で点火したっけ。
平成になる頃にはカチカチという電池で火花を作るのが主流になり
同時に種火というシステムも消え物になった。
今の時代、普段の生活でガスに火をつけるのに危険はなくなってしまった。
理科室のガスバーナーに火をつけるのが最後の危険なのかな。
その学校でもカセットコンロが主流だと聞いている。
子どもたちから危険を遠ざけるのは悪いことではないが
危険を教えないのは問題だと感じた事件だった。

だるまさんがころんだ

忘年会のパワハラ問題でも書こうと思っていたのだけど。
今日、野暮用で立ち寄った公共施設の歩道でつまずいて転んでしまった。
という話。
人を待たせていたので駐車場から建物の入口に向かって早足で移動中
舗装の境目の微妙な膨らみにつま先をぶつけてそのままころんだ。
100キロ近い体重である。
普通にぶつけても皮膚はもたない。
それが早足での転倒だから、あちこち流血の惨事になると覚悟して地面に。
いてー
起き上がって被害を確認、ひざとひじが痛い。
しかしながら、ズボンやブルゾンはちぎれていない。
手をついたらしく手のひらが痛いが傷はなかった。
つまり外見は無傷。
周囲に人は数人、皆さん見て見ぬふりをしてくれた。
激痛で歩けないということもなく、その場を立ち去った。
建物の中でひざやひじの損傷を確認。
ひざは擦りむいていたが血がにじむこともなく。
そのたは擦り傷もない。
デブのオッサンがころんだ割には最小の被害ですんだ。
神様に感謝である。
うまく両手をついたあと右腕をたたんで上腕で受け身をとったと思われる。
年をとると転倒は命取りとよく言われる。
私は特に危なそうだ。
気をつけよう。

北風の寒中BBQ


写真仲間を我が家に呼んでBBQをした。
それも屋上で。
今日の関東地方は今シーズン最低の気温、もしくはそれに近い寒さ。
その上、昨日の予報はやや外れて、北風が強く体感温度が低い。
強風の中、炭に火をつけるのに一苦労。
建物の影にテーブルを置いて風を避けてのBBQとなった。
参加者には防寒対策、ダウンコートのドレスコード
夕日を見ながら美味しく牛カルビを食べることができた。
日が沈むと流石に外での団らんは厳しい。
リビングに移動して二次会となった。
冷え切った体、リビングでは鍋をフーフー食べた。(笑)
しめはうどんだね。

辺野古の海

米軍や県民の民意など政治的な話は他に譲る。
辺野古の海に埋め立てのための土砂を投入しているとのこと。
20世紀後半から世界的に自然保護について語られるようになり
保護のために多くのお金が必要になってきた。
一度失われた自然はもとに戻すのに100年単位の時間がかかるかもとには戻らない。
特に環境変化に一番敏感な珊瑚の海が注目されることに。
日本列島は中緯度の島国だが、珊瑚の海は鹿児島沖から沖縄に限られる。
その珊瑚の海でも環境変化で白化現象やオニヒトデ被害など
さらなる環境保護が求められている。
なんていう教科書に書いてあるような前置きしての
今回の埋め立て工事なのである。
自然保護よりも外交と政治なんだな。
これが日本の優先順位ということになった。
地球環境のために焼畑農業をやめさせよう、と動いた時期もあった。
ところが舌の根の乾かぬうちに外交問題のためなら珊瑚を埋めちゃえということだ。
日本は戦後に戦争とはなんと愚かで無情な行為だったと反省して
平和憲法平和教育で愚かな行為を二度としないようにしている。
辺野古の滑走路ができてから何年か経ったあとに
きっと先人はなんて愚かなことをしたのか、と思われるに違いない。

妊婦加算

めざましテレビで美人お天気おねえさんが
雨の心配なし、とのこと。
確かに朝はよく晴れていた。
寒いけどバイクで出勤。
ところがである。
15時過ぎに外回りの人から「雨が降っている」と言われてびっくり。
結局、帰宅時刻はそこそこの降り方でしっかり濡れた。
暗いし寒いし雨でシールドが濡れて見にくいし、しんどい。
これだけしっかり降るのならちゃんと予報してほしい。
数日後でなくて数時間後の予報も外すのでは何のためのスーパーコンピュータなのか。
もう一つ
妊婦が医療機関を利用した際に払う追加料金「妊婦加算」
炎上したというニュース。
その根幹が少子化対策と逆行している、という。
つまり安く子供を産みたいということか。
日本のために子供を産むという崇高な母親ばかりなのか。
日本のために、なんて言うのは戦前戦中の考え方だ。
今の時代は、個人が尊重される。
子供を産むにはそれなりの医療を必要とするし、その分カネもかかる。
安くしたいという気持ちはわかるが批判するにはあたらない。
妊婦から余分にカネを取るのはけしからん、
というのはある意味クレーマーだな。
出産も子育てもカネがかかるのである。
そんなに出費がいやなら出産すべきではない。
こんな書き方は極論なんだけど、安易に妊娠出産する人たちが少なからずいるし
その結果不幸な子供、最悪は虐待を受ける子供も少なからずいる。
少子化対策は大事だが、だからお安く出産することは日本にとってマイナスである。

新幹線試験車両「ALFA-X」JR東

時速360キロの営業運転だそうである。
ただし、盛岡から先は違います、といういつものフレーズ。
その試験車両が公開されたというニュース。
とんがっています、と言わんがばかりの長い鼻。
素人のアナウンサーや自称知識人は「空気抵抗が」と言う。
100%間違いではないが90%以上は間違い。
そもそも新幹線車両の形状は高さ3.6m幅3.4m
長さ400mという形状である。
つまり焼き鳥の串のような形、したがってノーズが数m違うだけで
空気抵抗などたいして変わらないのである。
昭和33年の151系こだま型から39年新幹線0系の空力程度で
200キロ以上は余裕で出てしまうわけで。
モーターのパワーに依存する。
もちろん車輪の真円度など地味な技術はてんこ盛りだが。
今の新幹線の空力はほとんどが騒音問題対策なわけで。
スカートや連結部分やパンタなどほとんどが騒音問題対策の形状なんだ。
そこでどうするかがデザイナーのセンス。
東海の700系シリーズ、東日本のE5E6は同じ設計思想の形だ。
トンネル突入時のナントカ、というのが理由なんだけど。
どうせ大差ないのなら500系のようにかっこいいデザインにできないものかな。
もう一つ
あのムダに長いノーズを活用できないものかな。
例えば小田急ロマンスカーのように運転席をノーズ最後部の高いところに設置
その前のノーズ部分にガラス窓のあるパノラマシートにする。
快適性無視の狭いスペースだが需要はあると思うよ。
線路から1mぐらいの低い視線で時速300キロ以上の全面車窓は
マニアにはこの上ない景色だろうねえ。
考えただけでもゾクゾクする。(笑)

寒くなった

わかってはいるが冬は寒いのである。
温暖化の影響で12月に入るまで暖かいのである。
そして、いよいよ本格的に寒くなった。
実はこれが平年並みなんだけど。
バカテレビのニュースは扱いが違うようだ。
一番ひどかったのが日テレかな。
草津温泉まで行って、旅館の部屋で収録。
今から濡れたタオルを外に干してみます。
そして翌朝、タオルはカチカチというネタを数分間やっていた。
そもそもが草津は寒いのである。
一晩かけてタオルを凍らせて何を訴えたかったのか。
次に、違う局
初霜のニュース。
北関東で初霜だからと農家に行って、霜が降りると困りますか、と取材。
干した大根にシミが、とか、畑に植えた苗が枯れたとか。
農家の人なら99%はわかるはず。
12月も中旬になれば寒くなって霜が降りると。
とにかく、常識を捻じ曲げてまで伝えたかったことは何なのか。
というわけで
今日もバイクで出勤。
冬用のグローブをつけていたが、指先がかじかんだ。
帰宅してから、ホコリを被っていた一番小さい石油ストーブを出して
掃除をしてから点火、ちょっとホコリが焦げる煙が出たがなんとか可動している。
問題なのは、小さなストーブでLDKでだいたい20畳ぐらいの部屋を温めるのは無理っぽい。
日が暮れると、ストーブ一つでは室温が少しずつ下がっている。
エアコンを付けていたときは19度以上あったけど今は16度。(笑)

映画評オリエント急行殺人事件(2017)

定期的にリメイクされる映画のスタンダードである。
ある程度ストーリーは決まっているので、どんな演出をするかに集中できる。
最新版だけあって映像が美しい。
アルプスの中を走るSL列車、このシーンを見せたいだけの映画といわれれば納得。
と言うくらい美しい。
私は自称映画マニアだけど、知識はまるでない。
特に外国人の役者、片っ端から名前が言えない。
だから、この映画のように豪華俳優陣と言われても「あーそうなんだ」と。
サイトのコメントをみても賛否半々ぐらい。
悪いと言う人は流石にいないけど、すごくいいと言う人もあまりいない。
豪華俳優陣におんぶにだっこなのか、凝った映像に乗っかったのか
それ以上の魅力を見いだせなかった。
ポアロの人物表現は面白かった。
日本でも似たような変わり者のポアロのドラマがオンエアされたしね。
話は違うが
有料放送のアメリカドラマで気に入っているのに
エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY
がある。
ホームズを完全に現代劇に置き換えたもの。
基本的には名前だけ同じ、という立ち位置なんだけど
ホームズの変わり者の表現が面白い。
変わり者というのは原作でも描かれている。
ワトソンは独身女性だし。
リメイクするのにどのくらい変えるか、というのは制作側の勇気が試される。
今回のオリエント急行殺人事件は、変えない、というスタンスだ。