サポーターか??

もともとそんなにサッカーが好きなわけでない。
それでも流石に10時からはNHKを見ていた。
最初の数分で大きな動きはあったが、その後は膠着状態。
パスは通らないしスピードも遅い。
相手が1人少ないから互角というのも煮え切らない。
同点にされたところで、裏番組のお笑いに変えてしまった。
しばらくしてから嫁さんが「サッカー見ないの」と言ってきたので
後半を途中から見た。
まあそんな程度だ。
と、思ったらそんな人はたくさんいることをニュースで知った。
例の渋谷などの繁華街の騒乱である。
そもそもがあそこにいる人達は試合を見ていないのである。
見たと言っても人混みの中で小さな画面で見ていただけだ。
それが『勝った』となるとあの馬鹿騒ぎ。
サッカーなんかどうでもいい、ただ大声出して騒ぎたいだけで。
ある意味、屈折した人たちなんだな。
テレビではあの人達をサポーターとしていたが。
それでいいのか??
もう一つ
テレビでは微笑ましい映像として、あるお家である家族のドキュメント。
子供が小学生から幼稚園児まで。(だと思った)
大人たちはビール片手に盛り上がっているが、子どもたちの反応はいまいち。
そもそもがサッカーに興味がない様子。
近所のお家を見てもだいたい9時には子供の声が聞こえなくなる。
9時過ぎに子供を起こしておくのは虐待に近い。
ところが大人たちはサッカーで盛り上がりたいから、子供も道連れということ。
私が子供の頃、大晦日の夜だけは夜更かしが許された。
しかしながら、紅白を最後まで見た思い出は小学校高学年からだな。
20代30代の若いお父さんお母さんには子供中心の生活で深夜のスポーツを
わいわい楽しめないというストレス、わからないわけでもないが。
だからと、子供を道連れというのは方向性が違う気がする。
ワールドカップの日本戦は特別だからいいじゃん、と言われそうだが
そうやって育てられた子どもたちが少なからず渋谷で騒いでいる。
そのように育てられたから仕方ない。

大阪の地震のポイント

科学的なポイント
活断層地震の周期
プレート境界型の地震の周期はだいたい100年。
地質的に100年とは人間の感覚では数分感覚か。
それに対して専門家の解説では活断層は1000年から3000年という。
今回の震源に近い高槻断層は数百年前に動いた記録があることから
30年以内の大地震の確率は0.1%というデータであった。
早い話が今の科学では予知はおろか検証もできない状況だ。
30年以内に何%なんて予測は当たらない占い師と変わりはない。
帰宅困難者のポイント
3.11のときあれだけ大問題になって、NHKスペシャルでも
定期的に検証されていたけど、なんの進歩もなかった。
デジャヴである。
そもそも郊外にマイホームを買うときに帰宅困難者のことなど意識しない。
通勤電車も10分も遅れれば駅は大混乱だ。
何百年に一度の災害より明日の心配が優先ということだ。
災害対策の難しさはここにある。
特に東京都大阪は大都市の最たるもの。
電車で1時間ぐらい走っても窓からは見えるのは住宅地。
ものすごい交通網で都市は支えられているが、災害などで
2系統が止まってしまうだけで帰宅困難者ということになる。
つまり対策不可能ということだ。
そんな状況で都心でオリンピックをやろうという。
今の段階でいっぱいいっぱいなのに、全国からの観戦客と海外からの客を集めて
どうするつもりなのだろうか。
原動力は一部の人の金儲けなんだろうけど、万一何らかの災害が重なれば
記者会見で頭を下げるだけではすまないだろう。
京都の旅行者満足度が下落したのと同じことが起きることは間違いない。
出勤困難のポイント
ネットでは地震直後に会社から出勤しろというメールが来たと話題になっていた。
最たるものは役所で災害発生のときは管理職を中心に職場に集合とある。
ご丁寧に自宅からの距離や徒歩での所要時間まで一覧表で配られる。
会社に命を捧げる日本ならではの風習だね。
個人の判断などクソくらえということだ。
汗だくで苦労して来ました、となれば「エライ!」と評価されるのか。
私はこれ幸いと、欠勤。給料が上がるわけがない。
昨日の地震発生時は朝8時。すでに家を出て電車に乗っていた人が大半だ。
すでに家にも帰れないという人が続出。
さらなる混乱を招いたとされている。

2018年6月21日説とブロック塀

15日 静岡 震度3
16日 千葉 震度4
17日 群馬 震度5弱
18日 大阪 震度6弱
ネットを見ていると6月21日の書き込みをよく目にする。
占いだか予言だかで大震災が起きるとの話だそうだ。
こうして並べてみるとまんざらでもない。
3.11でも数日前に同じプレートでそこそこ大きな地震があった。
大震災の予兆でなければよいが。
地震直後のこのブログで被害は最小限で、と書いたが
あとから死者が報告されている。残念である。
建物倒壊などどうしようもない原因ならあきらめもつくが
ブロック塀の下敷きというのはなんとも。
ブロック塀といえば昭和50年代の仙台地震がある。(正式名称は忘れた)
このときに強度のないブロック塀はダメだ、と散々言われて40年以上。
中途半端な金持ちのブロック塀がタチが悪いようだ。
もう一つ
なんと小学校のブロック塀が倒れて小学生が死亡というあってはならない事故。
さらに子供に落ち度はない。
学校が生徒を殺してはいけないのである。
私の周囲の小中高校の校舎のほとんどがひし形の耐震工事をしている。
もともと校舎はそれなりに強く作られていて震度7クラスの大地震は無理にしても
6クラスには耐えられる場合がほとんど。
実際、震度7、6強クラスの地震など記録では数回しか起きていない。
それも大きく揺れる地域は限定的だ。
そんな隕石にぶつかる心配のような耐震工事に教育予算の多くをつぎ込んで
学校の設備や教員の待遇は最低限のままだ。
そんな中で生徒だけがよく伸びるわけもないだろうに。
それでも耐震工事は命を守るため、という大義があったわけだが
木を見て森を見ず
金のかかる、土建屋の儲けが出る箱物ばかりに気を取られての耐震工事。
ところが、今回の大阪の小学校では安価なブロック塀が子供の命を奪ったわけで。
保身と既得権益に夢中な役人に子どもたちを守ることはできないという証明だな。

大阪で地震その2と新しいスマホ

大阪で地震
航空機の様子をレーダーで調べてみた。

この便は福岡7時発伊丹8時着のJALである。
地震発生時、伊丹のアプローチにいたが着陸せずにゴーアラウンド
そのまま南下して堺市でホールド。
8時20分頃空港閉鎖がとかれたようで再びアプローチラインにいどうした。
その後も1時間近く順番を待つ機体が奈良県和歌山県あたりで待たされていた。

もう一つ
先日、ここで使えないスマホを返品した話を書いたが
懲りずに、またまた中華製の1万円台のスマホを購入、昨夜届いた。
オクタコアとかフルHDとか大容量電池とかカタログの数値はすごい。
所詮安物の中華製なので、ダメなら怒らずに返品手続きをする覚悟で。
今度のスマホは起動画面で日本語が選択できて第一関門クリア。
フォントもあの中国語フォントではなくて読みやすい日本語フォントで好ましい。
SIMは刺さずにWIFIで設定、室内のルーターに接続もOK。
googleアカウントのログインもOK。第二関門クリア。
アプリのインストール、日本語の単語登録の移植もすんなり決まった。
ここまでくれば、ほぼ同じ環境で利用できる。
最後の関門がSIMの設定だ。
針でプチっと押してトレイを出してSIMとSDカードをセットして差し込む。
すぐにアンテナが立った。
APN設定を通信会社のマニュアル通りに打ち込めば…。
ネットに繋がった。
ラインやツムツムの移動をして作業終了。
さすが、コアやRAMに余裕があるので作業がはかどる。
調べると2016年春モデルとあるから2年以上前の中華製だ。
ギャラクシーやiPhoneは8万円ぐらいするそうだから
高級品を8年使うのと中華製を1年半使うのと経費は同じということだ。
ちなみに
スマホはデータ通信のみ、格安シムは1G契約月額数百円。
ガラケーの2年縛りが来年早々に切れるので、そのときに通話SIMを入手予定。
このときも今の通信SIMはそのままにして、通話SIMを一番安いプランにすれば
月額1300円ほどで2台持ちで楽しめる。
通話用のスマホは別にしたほうが使いやすいかな。
それとも2台持ちは面倒か。(今がスマホガラケーの2台持ちだが)

大阪で地震


今朝7時58分に大阪北部を震源とする地震があった。
大阪市震度6弱という大きな揺れ。
大阪市内という言葉から連想されたのが上町断層である。
街のど真ん中を南北に走っている活断層だ。
人口が多い地域なので人的被害が大きいと言われていた。
ところが、震度の大きいところを見るとやや北より、それも東西に広がる。
再び活断層を調べてみると阪神淡路大震災震源につながる
有馬高槻断層が怪しい。
先程専門家のコメントをテレビで見た、「この活断層は横ずれ断層…。」
もし横ずれ断層で震度6クラスとなると
阪神淡路大震災熊本地震のような破壊的な被害が出やすい。
横に動くので、ものが倒れやすい特徴がある。
ところが、今の情報では突き上げるような揺れ、室内の被害はほとんど無いとある。
多くの地震計が震源域を中心にして減衰する震度を表示しているので
震度の間違いとは言えない。
とすれば、エネルギーとしては横ずれだがうまいこと逆断層のようなずれ方をしたか。
とにかく被害が最小限で良かった。
それにしても、新幹線が東海道山陽でほぼ全線止まっているという。
このところ、新幹線は受難の日々である。
安全神話は堅持されているが、システムがちょっと時代に合わなくなりつつあるのか。

原発再稼働

関東地方は雨だけでなく寒い。
最高気温が20度に届かない日が続く。
蒸し暑いよりはマシだが、体調が悪くなった。
沖縄地方では大雨の報道。
ほんの少し前までは水不足の報道があったけど
その続報は報道しない。
これも報道の自由とやらなんだろうね。勝手なものだ。
人に不安を煽ることは喜んでやるが、安心させることは知らん顔している。
まちのチンピラと同じ言動だな。
その不安を煽る言動の最たるものが『原発再稼働』だ。
福島ショック以来、原発は危険、原発は悪、原発はいらない、の大合唱だ。
昨日はどこかの原発が再稼働したとのニュース。
ここからはいつもの話なので飽き飽きしたと言う方はスルーして下さい。(笑)
ヤフーニュースのランキングを見ると
母親運転の車にはねられ…男児死亡
関越道に侵入の男性死亡
列車と衝突 車運転の女性死亡
連れ去った車を追う車
職務質問受け警察官を車ではねる
などなど
私から見れば原発より自動車の方が、よほど危険だと感じるのだけどね。
原発廃止は言うけど自動車廃止とは言わないよなあ。
もう一つ
自動車は目の前にある便利なもの、ないと困る。
だから、危険には目をつぶる。
原発は目の前にない、だからなくてもどうってことない。
という意識が強いのだよね。
ここは一つ、原発が本来担っていた国内発電量の3割の送電を止めてはいかがだろうか。
計画停電である。
理由付けは簡単だ。
火力発電による大量の二酸化炭素の排出は京都議定書に抵触する。
震災以降、復興や経済や利便性のために臨時の対応として原発を止めて
安全確認をしてきたが、ここ数年の日本における気候変動は誰もが認識するところ。
このまま、火力発電に偏ったエネルギー政策は気候変動という形で否定される。
子どもたちの世代に負の遺産を残すことはできない。
なんていう文言はいかがだろうか。
何度もここで書いているが私は原発推進派ではない。
しかしながら、資源に乏しい日本の今の現状では原発は必要悪、自動車と同じだ。
身の回りで起きている自動車事故の悲惨さには目をつぶり
何十年後か何百年後に起きるかもしれない原発事故は絶対に許さないというのもゆがんでいる。

山陽新幹線事故、異音報告せず 台車亀裂の教訓どこに

山陽新幹線事故>運転士、異音報告せず 台車亀裂の教訓どこに “ダイヤ至上主義”指摘する声も
というニュース。
JR西日本の会見もあった。
ポイントを整理してみた。
その1 運転士
どうもマスコミの論調はなぜ危険を察知できなかったか
ということになる。
異音ということだが、270キロで走るという運動エネルギーを理解していない。
カブトムシやバッタがガラスにぶつかってもそれなりの異音がするはずだ。
ノーズの先っちょに人間がぶつかったくらいではカブトムシがガラスにぶつかるのと大差ない。
運転席からノーズは見えないわけで、破損もわからないわけで。
どうやらマスコミは新幹線の運転をフィットやアクアの運転と同じだと思っているようだ。
その2 一番悪い人
JR西日本はけしからんという論調なんだが
一番悪いのは、線路に侵入して自殺した人だろう。
そもそも新幹線は線路を歩いている人を想定していない。
水平な直線であっても270キロから停止するまでに数キロは走ってしまう。
空気がクリアで静止している状況でも運転席から2キロ先の人や犬や猫を確認するのはきつい。
秒速90m近い速度で走っている状況ではもっときつい。
たとえ気づいて警笛を鳴らしてブレーキを掛けたとしても犬猫なら逃げられるかもしれないが。
わざわざ飛び込んでくる人間を避けることは不可能だ。
それを運転士が悪いとするには無理がある。
その3 安全運行
関東で電車通勤している人ならわかると思うが
鉄道の運転見合わせの大半が自殺事故なんだな。
中央線、総武線は特に多いという。
そのたびに満員の駅で長いこと待たされて、ギュウギュウの電車に乗ることになる。
体調が悪いときなど特にこたえる。
こう言っては悪いが、自殺死体は終電のあとに片付けることにして
とりあえず電車を動かせよ、と言いたくなる。
安全運行は自殺者のためにあるのではなく、利用者のためにあると思う。
記事のフロントラインにある“ダイヤ至上主義”指摘する声とは誰の声なのか。
鉄道にしても航空機にしても日本の正確さは世界のトップである。
“ダイヤ至上主義”でどこが悪い。
“ダイヤ至上主義”と安全運行は相反する事象ではない。
安全運行が正確運行なのである。
話が戻って
当該新幹線車両はすれ違った運転士の報告から次の新下関で臨時停車した。
これが安全運行である。
強いて言えば、小倉の駅員が気づくべきだが。
いちいち小動物がぶつかるたびに臨時停車、超過密の東海道新幹線のダイヤを乱すことを
誰も望んではいない。

のぞみに人がぶつかる


駅周辺では人身事故はいくつかあったような気もするが
駅間の走行中の人身事故は珍しい。
当然のことながら、速度が出ているわけでぶつかれば木端微塵だ。
不思議ポイントその1
写真で見る限りノーズのカバーが壊れている。
私の記憶ではここに連結器が入っている。
ノーズが壊れてここに一気に250キロの風が入ってくるわけで
何らかの支障が出て、運転手も気づくと思われるが。
東北新幹線などで連結して走行するシーンを目にする。
連結器がむき出しのまま300キロの速度で運転する。
つまりこの部分に強い風が入っても気密に問題無しの構造なのか。
不思議ポイントその2
博多から東京までののぞみだそうだ。
写真を見るとN700系ではなくて700系だな。
博多までの通し運転ののぞみは300キロ運転のN700とばかり思っていたが
元祖700系もまだ現役だったのだね。
もうすぐN700Sがデビューだそうで、今回の事故が引退時期を少し早めてしまったか。
調べたポイントその3
先日の新幹線車内での殺傷事件は血で汚れた程度の損害だったが
2015年の車内での焼身自殺事件では当該車両は炎でダメージを受けて
その後廃車になったそうだ。
そして、1年後に同じ車体番号の車両を製作、試運転が行われ、
7月30日の「のぞみ205号」から営業運転に復帰した。
新幹線は世界に誇る技術、日本の大動脈であるわけだが
そういうところで自殺したいという人も少なからずいるようで。
新幹線に限らず、公共性の高い場所での自殺はぜひともやめて欲しいものだ。
多くの人が大迷惑をするからやめてほしいとお願いしても
自殺志願者は聞く耳持たない。
他人の迷惑などクソくらえと思っているのだろう。
まあ、そういう心がけだからトラブルを抱えて自殺したくなるのだろうけど。
困ったものである。

新しいスマホ

先日の嫁さんの中華製スマホが調子良かったということで
私のスマホも買うことにした。
オクタコア、32GROMなど性能ではかなり良い感じ。
カメラやディスプレイも日本製とある。
今日届いて早速電源を入れてみる。
ちょっと違和感、英語だ。
部屋のWIFIに接続してセットアップを始めたが。
いろいろスキップしてとにかく日本語表示しようとしたが
Languageから言語を探すも日本語が出てこない。
ネットで検索すると日本語がサポートされていないアンドロイドもあるとのこと。
さらにネットで調べると、日本語にする方法もあるというが
アプリやらパソコンに接続やらで素人にはハードルが高い。
新品でもあるので、クレーム処理してもらうことにした。
個人輸入なら文句は言えないが、大手サイトの商品なので
日本語が使えないというのはわかってもらえると思うが。
ちなみにこのスマホは送料込みで1万円台前半。
返金してもらえないとしても、我慢できる金額だな。
逆にこの値段でサクサク快適に使えるとすれば大当たりだね。
ネット通販の危ういところでもある。
だから、せめてもの保険として大手サイトを利用する。
ちなみに
今使っているスマホも1年半前に1万円台前半で購入したもの。
それなのに、何を間違えたか先日「ワイヤレスアップデート」を実行してしまった。
ネットで調べると数々の不都合。
電池の減りが早くなった。
電波の受信が不安定。
重くなった。
などなど、やんなきゃよかったと後悔しきり。
調子がいい物の設定を変えるのはタブーだね。
おかげで次のスマホを探すことになったわけで。(笑)

取り上げられていないニュース

米朝関係や殺人事件などで、取り上げられていないニュースが多い。
ここ数日で、踏み間違いの自動車事故。
2件の犯人が50歳代なんだな。
老人とは言えない世代にも踏み間違い事故が広がっているんだ。
本来働き盛りと言われる世代なのにまともに車の運転もできないポンコツ中年。
高齢化だけが原因ではなくなってきている。
免許センターで間抜けな認知症の検査や視力検査よりもやるべき検査があるということだ。
もう一つ
取り上げられていないニュース。
千葉県東方沖で群発地震が起きている。
実際、プレートが短い期間で数センチ動いているそうだ。
ここは、多くの学者が関東大地震震源域だと言っている。
さらに6年前の3.11のときも茨城県沖まででプレート境界の破断が止まってしまった。
千葉県沖のプレート境界はまだエネルギーを蓄積しているということだ。
関東大震災の周期は90年から120年という。
すでに危険水域に入っているわけで。
関東に住んでいる人は遠い国の話よりも自分たちの足元の心配をしたほうがいい。