フグの切り身

愛知県蒲郡市のスーパーで肝臓を含んだフグの切り身5パックが販売された問題。
こりゃ大変だ、と思いきや話はそうでもないという方向へ。
ポイントはフグの種類。
私は専門ではないので詳しくはわかっていないのだけど
フグの種類によって毒のある部位は違う。
さらに、それも熟知した上でのフグの料理人の資格が与えられると聞いている。
ニュースでは今回のヨリトフグについて説明。
「毒性が低く、有毒との認識がなかった」と専門家もコメント。
地元ではそれもわかった上で普通に食べていたとの話。
ただ、厚生労働省は、フグの種類にかかわらずフグの肝臓の販売は禁止。
こうなると何が悪いのか、というかんじだな。
強いて言うなら、厚労省のお墨付きがないから、という理由しか無い。
毒があるかどうかは別にして、フグの肝臓はさぞ美味しいものなんだろうね。
美味しいものには毒がある。わけだ。
食べ物の毒という考え方なら、私の大好きな白米、食事に欠かせない味噌汁、
おかずになる漬物や塩辛などは多くの日本人を殺している猛毒だな。
ついでに高カロリーなケーキやとんかつなどの揚げ物も猛毒だ。
するとポテトスナックなどは主食や副菜でもないわけでただの毒物だ。
ぜひとも、そう簡単に売買できないように厚労省が規制して欲しい。

海苔巻き食え

恵方巻き商戦が加熱している。
スーパーに行っても、回転寿司でも恵方巻きチラシをもらう。
eメールでも様々な業者から恵方巻きを買えと。
おなじみ、○○しなければならないシリーズ。
節分には海苔巻き食べよ、である。
豆をまく程度では儲からないのである。
もう、鬼は外とか豆まきとか関係ない。
もっと高価なものを買え。ということだ。
かんぴょうの入った海苔巻きやきゅうりのかっぱ巻きではダメなのか。
太巻きがいいそうで。
それでもスーパーでは1本200円程度と思いきや。
海鮮太巻きなど安くても1本500円、マグロやいくらが入れば980円とか。
それもご丁寧に一人1本食えというお達しである。
金儲けありきの戯言と思いきや、そうでもない。
日本人は寿司が好きなんだな。
理由をつけては寿司が食べたいのである。
さらに恵方巻きがすごいのは、握り寿司と違って作り置きができる、
さらに山積みできるということ。
大量に作ってホイホイ売るのにうってつけの食材なんだな。
というわけで、普段は1円2円の安さで食材を買う庶民が
いつもより高価な海苔巻きを気前よく買うということだ。
もちろん私は節分に恵方巻きなるものを食べたことがない。(笑)

115系189系

JR東日本 高崎支社は緑とオレンジで塗装し「かぼちゃ電車」「みかん電車」の愛称で親しまれた「115系」の定期運行を3月中に終了すると発表した。
軽量ステンレス製車体を採用し、より省エネルギー性の高い「211系」に置き換えるため。
というニュース。
驚いた。
東海色とは言わないのだな。
長年鉄道マニアをやっているが、東海色をかぼちゃ電車などと言ったことはない。
さらにこのニュースのすごいのが、より省エネ性能が高い211系に置き換えというところ。
なんだか211系が最新型のような書き方だが、
211系は1980年代、国鉄時代の車両である。
すでに30年は経っているハズだ。
国鉄時代の車両はJR車両のように使い捨てではないため延命、長生きしている。
東京圏でも武蔵野線205系が現役である。
それでも、どちらもステンレス車両で103系や201系のような色気はない。
そういう意味では115系は最後の鋼鉄車両と言える。
もう1つ
あずさ色の189系が引退するそうだ。
昭和の人間には国鉄特急色はエンジにクリームと決まっていたのだけど
90年代あさま色、あずさ色と変な色に塗り替えた。
それよりも189系という方に食いつく。
直流特急車両は183系が主流だったのだが
横軽対策に189系が作られた。
長野新幹線とともに横軽が廃線になり、在来線あさまもなくなった。
この時の余剰車両が中央線に転属した。
その転属した最後の編成が廃止ということなのだろう。
北陸の485系、秋田の583系も廃車が決まったり廃車になった。
大阪の103系、201系も消えたそうで、
いよいよ国鉄時代の鋼鉄車両は見られなくなるということか。

日曜日のNHK

19時30分からのダーウィン
白オオカミの生態について。
これこそNHKという映像と構成。
残酷なまでの自然の掟が描かれていた。
ダーウィンNHK嫌いの私をいつもうならせる。
今回は賞をとるくらいの素晴らしいデキだった。
20時からは西郷どん。
また幕末かと批判的な意見もあるが、実際見てみるとなかなかのデキ。
薩摩の方言がきつくてわかりにくいという書き込みがあったそうだが
なかなかどうして、わかりにくさを役者が演技でカバーしている。
大河ドラマに出てくる役者はその程度の演技力は皆持ち合わせている。
21時からはNHKイチオシのコンテンツ、人体。
旧作から多くの学校で生徒に見せているそうだ。
実は録画したけどまだ見ていない。(笑)
朝の連ドラにしても最近は良いデキだと思っている。
ではなくて、思うようになった。つまり、そういう年齢になったということか。
実は
昨夜、変な夢を見た。
グループホームのような施設に入っていて
「次はあなたが死ぬ順番です」と言われた。
ある意味うなされたわけだが。
NHKの番組をとても良いなどと思うようになったということは
人生の最終コーナーにさしかかったということなのかな。
とは言っても、お昼の番組や「家族に○○」はわざとらしくて見ていられない。(笑)
もう1つ
大好きな桑子のニュース番組。
青森の寒村の大食いイベント中継したのだけど
狭い部屋での威勢のよい掛け声がうるさすぎて何も伝わらなかった。
というのが伝わったということか。(笑)

35億

スーパーコンピューター開発会社の社長らが国からの助成金をだまし取ったとして逮捕された事件。
それも特捜部が動いて経産省の役人から事情聴取。
被害総額は35億。
大事件ではないのか。
ところが、ニュースを見ていてもプロ将棋の少年の話が先。
下手すれば報道なし。
はれのひ事件は被害総額2億円で連日の大報道だったのに。
マスコミはこの手の事件に腰が引けているということだ。
それも役人が絡んでいる。
マスコミが大好きな警官や教員のちょっとした不祥事も大々的に報道するのに。
これも報道の自由なんだろうね。
もう一つ
役人が詐欺グループとつるんで35億である。
すでに予算配分がおかしい。
いつも言われていることだが、日本の教育予算は後進国並。
近所の公立学校も建物の色だけ見れば廃墟だ。
トイレの大半は和式便器だとか。
本来そういうことに頑張るべき文科省の役人は
教科書会社や予備校とつるんで定期的に教育改革だとか
大学入試制度を変えるという不毛なことに夢中で。
役人も金のなる木しか興味がないようで。

今日のニュース

NHKではトップで伝えていたニュース。
アメリカでミサイル警報の誤報が流れたとのこと。
まだ、ネットで出ていないのでテレビの情報しかないが。
とりあえず誤報だったということ。
次に18時過ぎにペルー沖と北海道沖で地震があった。
とりあえず日本に津波の影響はないとのことで。
どちらのニュースも一安心なんだけど、しっくりこないよね。
一つは、私達にはどうすることもできないニュース。
ミサイルは他国の狂気によることだし
地震は自然現象、どちらも正確な予知など不可能。
さらに
ネットを見ている限りレスポンスはそれほど良くない。
ネット経由が一番早いというのが一般的なことだと思っていたが
最近のネットニュースは発信する側の閲覧数増加を狙った見出しが優先で
迅速正確の優先順位が低くなっている。
もう1つ
トランプ大統領に認知性検査を受けさせるという動き。
私の個人的な見解としては、おかしな言動はあるが性格からのもので
認知症ではないと思っている。
しかしながら、60代中頃からアクセルとブレーキというような事故が増える。
認知性をどこから定義するかにもよるが、予備軍も含めると多数派になるかも。
今、私が免許センターで認知性検査をしたらギリギリセーフぐらいか。
時間差で絵を見せられて「違うところは」などと聞かれても全正解する自信はない。
そういう意味では60歳定年はいいところではないだろうか。
65歳定年というのがトレンドになっているが、それは個人的な理由であって
社会経済や会社にとって60歳以上の社員がうようよいるというのはプラスになるか。
もちろん十分戦力になる人もたくさんいるが、そうでない人もそれなりにいるということだ。

今日の無駄遣い


ちょいと高価なおもちゃ。
今どきドローンではなくヘリコプターというのがおしゃれである。
さらに移動収納用のトラック込みである。
トラックも同じコントローラーで動かすことができる。
早速充電、試験飛行をしてみたがなれないせいなのか
定位置のホバリングも難しい。
充電中は緑のランプ、飛行中は白いランプが点滅。
墜落してもブレードが破損することもなく。
まあまあ楽しめるのだけど。