今月の電気料金

7500円だった。
先月の20日以降だと8割は30度以上の真夏日、エアコン稼働である。
軽い熱中症に苦しむ私だが
今週は寝室のエアコンはつけない、という手段。
我が家の寝室は南東側にあるのだが、この方向に人家がほとんどない。
畑とちょっとした雑木林がある。
真夏の南東の季節風は比較的過ごしやすいのである。
しかしながら、昨夜は郊外でも熱帯夜。
夜中に暑くて目が覚めてしまった。
我が家はオール電化の電気料金プランなので、深夜のエアコンは
節約を気にしなくてもよいレベルなのだが。
郊外の雑木林があるような奥まった地域なので
深夜は基本的に静かなのだけど窓を開けていると、近所の音が聞こえてくる。
たまに通るクルマやバイクの次に気になる音は
近くの家やマンションから聞こえてくるエアコンのブーンという音だな。
エアコンを一斉に消したとすれば、夜の風はさぞ涼しくなることだろう。
残念ながら一般家庭だけでなく、商業施設や公共機関などはエアコンを止められない。
試験的に広域でのエアコンOFFをやってみたいのだけど
商売だ、経済効果だと言われて結局できないのだろうが。
ついでに自動車もエアコンOFFにしたら面白いと思うが。
実は今日は珍しく昼間にクルマで移動した。
エアコンをつけていたが、エアコンが壊れたかと思うほど車内は暑かった。
さらに、アイドルストップが連続する渋滞路ではついにアイドルストップしないモードの
ボタンを押してしまった。
私みたいなケチがそうするくらいだから。
エコノミーとエコロジーは両立しないのだろうね。

日本橋の首都高を地下へ

というニュース。
口で言うのは簡単だが、都会のど真ん中の地下に高速道路なんていうのは絵に描いた餅、
莫大なおカネがかかることはわかる。
日本橋の景観が、というのだけど
すでに日本橋の周囲は高層ビルが建ち並び、すでに景観などない。
ビルが好きだという人には素晴らしい景観だろうが。
しかしながら、首都高ができてから50年、
環状線は初期の建造物であり、建て替えの大義名分がある。
大動脈ということもあり、おカネに糸目をつけないという考えもある。
わけのわからない小学校や獣医学部を作るのとは違って
大義があるとのことなので、案外現実になるかもしれないね。

子供にサプリメント?!

NHKで子供にサプリメントを飲ませる、というネタ。
さすがNHKだけあって出てきた一般人を批判するようなことはしない。
しかしながら、かなり遠回しに親を批判している感じ。
最後に「実は離婚して片親で」とか
「40で産んだ子供のため」とか、大人の事情。
それも子供のためとはいいつつ、実は自分のため、自己満足のため。
遠回しではあるがはっきり批判している、にも関わらず取材OKの一般人。
番組見れば批判的なのにも関わらずオンエアOKということは仕込みかな。
番組では「好き嫌いが激しい」というのが発端だったという。
さて、私のこと。
私が子供の頃は好き嫌いが激しく、ヒョロヒョロ。
おかげで体育はずっと2だった。
私の親がすごいのは、食べたくなければ食べなくても良い、
と、偏食を否定も肯定もしなかった。
野菜が嫌い、きのこが嫌い、魚が嫌い、というのをそのままにした。
ヒョロヒョロだったのだけど、10歳ぐらいからいよいよ成長期に入る。
1年で10センチ近く背が伸びた。
この頃になるとお腹が空いてしょうがない。
中学生になる頃には、好き嫌いなど何処かに吹っ飛んでしまい、
お肉を中心に食う食う。
朝ごはんからどんぶり3杯、焼肉200グラムは食べていた。
高校生になる頃には、食べ放題の店に行って、何キロも食べたっけ。
成人になる頃には父親がお寿司を食べさせると回転寿司へ。
25皿食べてビール3杯。
私の親はどんな確証があったかは不明だが、お腹が空けば食べる、という主義だった。
成長期に戦中戦後だったからなのか。
どちらにしろ、子供にサプリメントなどナンセンスだな。

消費者庁、ガンホーとグリー景品表示法違反

思い出すのが夜店でのくじ。
絶対に当たらない、ということで問題になった。
この手の賭け事で消費者が儲かることはない。
パチンコでも競馬でも結果は同じである。
ゲームというのは遊んで楽しければいいのである。
ところが、最近はそうでもないらしい。
ニンテンドーやプレステはソフトを購入すれば良かった。
それ以上もそれ以下もない。
それがスマホゲーム(ネットゲーム)になって様相が一変する。
原則的にダウンロードは無料。
ところがゲームを進めていくうちにおカネが必要になるという。
人間の欲望は金銭だけではない。
ゲームに勝ちたい、進めたいというほうが余程強いらしい。
そういうナントカ欲を刺激してこの手の会社は儲けているらしい。
テレビCMでもよく見るし。
私はいいおっさんだから「くだらねえ」と一刀両断だが、
私が若かりし頃、若者たちはインベーダーなどのゲームに
喜んで100円玉をつぎ込んでいた。
私は貧乏な家だったし、バイトも時給350円とか500円の時代。
清水から飛び降りる気持ちで100円を。
それも週に1回程度だった。(笑)
いつの時代もゲームにいろいろつぎ込むのはアホな若者の習性なんだな。

梅雨明け

四国から関東にかけて梅雨明けという。
関東に住む多くの人が思うことだが
「何を今さら」である。
関東では真夏日が10日以上続いている。
前線の影響で曇りがちという予報もほとんど外れて毎日夏の日差し。
天気のデータを見ると3日からほぼ晴れている。
2日から30度以下だったのは29.9度の1日だけだ。
この時期にすでに長期予報もほとんど晴れだったのだけど
気象庁の科学バカは前線などの気圧配置などから頑なに梅雨と言っていたわけで。
この頃には前線は北に上がっていて関東では真夏日が続いていた。
天気予報は科学者のためのものではない。
科学者が考えるものではあるが、一般の人たちのためにあるべき。
今さら梅雨明けしたから熱中症に注意と言っても説得力は無いな。
バカマスコミは基本的に文系で1気圧が何ヘクトパスカルか、
1ヘクトパスカルが何パスカルかわかっていない連中だろうから
気象庁の発表を鵜呑みにして報道しているだけ。
そいつらのニュースを見て「梅雨明けはいつかな」と思う視聴者。
ある意味平和ないい関係なんだけど、私はしっくりこないわけで。
もう1つ
国会のエリカ様。
すでに次の選挙のことなど考えていない。
当選するわけがない。
とすれば、思いっきりマスコミをひきつけてタレントとしてのスキルを磨くだけ。
それを面白がって報道するバカマスコミ。
いい飯の種だし、議員をやめれば同業者だし。
挑発に乗っかって騒いでいるサッカーファンは人としていかがなものか。
彼女と同類でいいのかな。

ゲリラ豪雨報道

昨日からのニュースは東京でのヒョウの被害。
東京、その近辺でヒョウがふるのは珍しい。
それをニュースではこの世の終わりのような論調なんだな。
古来からこの時期に夕立が降るのは珍しいことではない。
雷がなってザッと降るのが夕立だ。
単に夕立があっただけでこの騒ぎ、テレビだけ。
彼らも商売だから「夕立があって、一部でヒョウも降りました」
では仕事にならない。
この世の終わりのような話にしなくてはならないらしい。
ちょっとムカついたのは、九州の豪雨災害とひっかけたこと。
九州の豪雨災害は夕立ではない。
東京の夕立と一緒にしてはいけない。
もちろんテレビの報道の犬たちにそんなコンプライアンスを押し付けてはならない。
彼らはいつも面白おかしくこの世の終わりと叫び続けるのが仕事のようだ。
この世の終わりといえばアルマゲドン
オウム真理教にしても、多くの新興宗教はこの世の終わりが合い言葉。
テレビ報道の犬も似たようなものだ。
こうして人を引きつけることしかできないのだろう。
もし反論があるのなら
時間雨量が何ミリだったか、ヒョウの降った範囲はどの地域だったのか。
まず、データを開示すべきだろう。
大したことないから、言わないだけだな。
さらに映像はすべて視聴者撮影、早い話がネットで拾ったものだ。
もうテレビ報道はカメラクルーが走り回る必要など無い。
エアコンの効いたオフィスでネットサーフィンしていれば仕事になる。
今の地上波は基本無料だからこれでいいのだろうけど
有料放送になったらこんな報道を誰も見ないよ。

ウルトラとテッド


ああ、よせばいいのにまたまた無駄遣い。
天候のストレスと仕事のストレスで心はちぎれそうだ。
ここは一つ現実逃避するしかない。
最近の人達はアニメやゲームなんだろうけど
ここは昭和のおっさんである。
ちゃんと三次元で楽しむのである。
テッドは昨日、妻が近所の子供用品店で獲得。
ビートルは私がamazonで見つけた。
まあ無駄遣いとはいってもコンビニ弁当より安い。
嫁さんも一枚噛んでいるので、イヤミを言われなくて良かった。