先日の月。


今日の月は月の出が22時44分、明日が下弦の半月とのこと。
写真は一昨日21時前の月の出から撮影。オレンジから白くなっていく。
ついでに感度を最大にして旅客機も撮影。珍しくブレずに。
PCで明度を上げて機体がぼんやり見えるようにしてみた。


もう一つ
森ビル系のシンクタンク、森記念財団都市戦略研究所が1発表した
「世界の都市総合力ランキング2019」で、東京は3位だった。
ロンドン、ニューヨークに続く3位は4年連続。
ところが3位なんだけど後ろのパリ、北京に猛追されているとのこと。
中でも交通に関しては言及する記事が多い。
外国から東京へのアクセスについて羽田の発着枠、成田の遠さ。
羽田については来春からいろいろ対策が。
今日のニュースでもJALANAの国際便が増便とか。
成田は成田でこれまでの横風用のC滑走路計画をやめて
新たな土地を入手して、別の場所にC滑走路建設の予定が発表。
さらに今のB滑走路も外側に延長。
数年前までの空港完成図とは違う新しいカタチの空港になる。
横風なんてケチなこと言わずに発着数の増大がテーマのようだ。
来春からの羽田の増便も新たな飛行ルートで増便をねらうという。
1月30日からいよいよ検証のための新ルートのアプローチ(ディパーチャー)が始まる。
我が家もアプローチのルートに入っているため南風のときは空がにぎやかになる。
話は長くなるが
馬鹿みたいに外国人観光客をありがたがって金儲けのネタにしている。
すでに京都は魅力度ランキングが急落。
理由は混んでいるから。
渋谷の喧騒のような、もしくは連休の高速道路の混み方を
ありがたがるのは日本人と一部の外国人だけだ。
たまに都心で電車に乗ることがあるが、平日も休日も昼間も夜も
よくぞこれだけ人がいるというくらい電車は混んでいる。
ひとたび事故や故障で電車が数分遅れれば、駅も車内も大変な混雑。
そんなもともとパンパンの状態でオリンピックで数百万人の旅行客を
受け入れることが本当にできるのだろうか。

空海-KU-KAI-美しき王妃の謎、映画評

18年発売のDVDである。
友人がやけにすすめるもので仕方なく観た。
いかにも中国が制作にからみましたという映像。
主要なストーリーは遣唐使の時代の史実に基づく、というのがいいわけに。
美しい楊貴妃や聡明な空海や伝説の詩人のナントカや、
摩訶不思議な歴史探検をするという。
もともとこの時代の中国に詳しくも興味もない私には展開が理解できない。
歴史マニアの友人がすすめるのもある意味うなずける。
2時間ちょっとの大作の一歩手前の感じだが中身も一歩手前という感じだ。
アクションシーンも不思議なシーンもちょっとした性描写も全て一歩手前だ。
ネットで評価を見ると良い悪いが半々、これも一歩手前なのかな。
世界三大美女楊貴妃の死の真相に迫りたい方は必見、だけどね。
もう一つ
エリカ様出演のメディアを徹底的に封印するというニュース。
犯罪者をテレビやその他のメディアで見たくない、ということらしいのだが。
それを言うのなら、薬からみの井上陽水槇原敬之などの音楽家
ビートたけしだって暴力沙汰、酒酔い運転事故で。
それをいちいち犯罪者だから、と淘汰していいものなのか。
あれはいい、これは悪いをだれが判断しているのか。
一番薄汚いテレビマスコミが偉そうに批判しているのだけどね。
私はチュート徳井の事件でNHKがうろたえたのも納得いかない。
お金の件ならNHKが一番薄汚いではないか。
罪を憎まず人を憎むという体質はいかがなものだろうか。
エリカ様は20代前半から奇異な言動で十分話題になっている。
それをいまさら「こんなはずじゃなかった」などと被害者意識でいる人達。
君たちの危機管理のほうが問題なんだけどね。
話はズレるが
日本の文豪と呼ばれる人たちなどまともな人などいない。
大抵は女で問題を起こして、何割かは自殺している。
官僚になった森鴎外にしても女で失敗した話は小説になっている。
太宰に至っては小説家の始まりも終わりも女性問題。さらに極度のうつ病
当時の一般人からすれば社会に溶け込めないほどの変わり者だったはず。
だからこそあれだけの文学が生み出されたわけで。
楽家もしかりである。
ちょいと問題を起こすと、知らない人からまでバッシングされる世の中とはいかがなものか。

香港暴動

映像を見る限りデモではなくなっている。
インフラを破壊して社会機能を麻痺させている。
私が物心がつく前の、もしくは生まれる前の1960年代の日本のようだ。
学生たちが都心で大規模な暴動を起こしていたそう。
だから日本はどう変わったかは私にはわからないが、暴力で政治は変わらない。
暴力で政治を無理やり変えたとすれば、またその国は不安定さを増す。
残念ながら政治力もお金もない小市民が政治に口を出そうとすれば
香港のような感じになってしまうのではなかろうか。
市民の中から議員を送り出して、といきたいところだが中国の政治はそこまで民主的でもない。
やり場のないエネルギーが暴動にしているのだろう。
中国政府にしてみるとこのまま香港政府が自爆してしまうのが狙いか。
自治権を失った香港政府から実権をもぎ取るのが中国政府の狙いかも。
中国にとっては真の香港返還になるのか。
民主主義ではない国の市民は大変なんだと日本人は国家に感謝すべきなのか。
もう一つ
ソフトバンクヤフーとLINEが統合のニュースが流れたがヤフーニュースでは扱わない。
LINEは無料通信だけでは利益が出ないのであの手この手で利益を出そうとしているが。
mixiの例もあるように無料通信の限界は見えていたのだろうか。
ポイントなのは富の集中だけでなく、情報の集中が起きる。
現代社会においては富と情報量は同義語になっているわけで。
ヤフーとLINEがくっつくとLINEにヤフーショップ業者からの通知が増えるということか。
これはこれで迷惑なことだ。

トヨタライズ、ダイハツロッキー


ダイハツロッキーとは懐かしい。
1990年代に初代がデビューしている。
先発でスズキがエスクードトヨタRAV4を発売。
現在では主流とも言えるコンパクトSUVの先駆けだった。
後出しのロッキーはよりレジャー感を押し出しオープントップ採用。
さらにボディは四角いジムニーのような形に。
SUVよりもクロカン色が強い。
ところがそれが災いしてか、売れなかった。
さて、数年前からまたまたSUV全盛に。
海外ブランドもラインナップしている。
しかしながらSUVは大柄でマツダでもCX30が立派な3ナンバー。
トヨタCHRでも1200のエンジンでも全幅1800もある。
RAV4も復活したが、フルサイズのSUVになってしまった。
と、そこへ5ナンバーで参戦したのがロッキー/ライズということである。
車体やエンジンは基本はダイハツ製だが、シャーシにはトヨタの技術が。
ここが肝で、トヨタの新プラットフォームは剛性が高く評判がいい。
プリウスより小さいコンパクトにトヨタは力を入れだした。
先日発売のカローラも評判はいい。
来年発売のヤリスも海外では評判はいい。
そこに割って入ったのがロッキー/ライズになるわけだ。
プレゼントのミニカーをもらいに販売店へGo。
残念ながら試乗車は来週以降ということだったが。

現在の愛車のルーミーは来春車検。
手頃な大きさでスライドドアで買い物などに重宝、珍しく車検を取ろうかと思っていたが
知り合いの買取屋からものすごく高額な買取価格を提示してきた。
パールホワイト、無傷、5000キロ以下の極上車。
さらにスライドドアのコンパクトは需要も多いそうで高価格となったとか。
この買取屋の後押しもあって新車購入に傾いていた。
そしてまだ試乗もしていない発表会なのに、はんこを押してしまった。

ザ・ロック映画評

1996年公開。
多分1度観たのだろうけど健忘症でほとんど覚えていない。
新鮮な気持ちで2時間以上の大作を楽しんだ。
ショーン・コネリーが円熟期、素晴らしい演技である。
ニコラス・ケイジがまだ若者、難しいキャラを演じている。
カーアクションから始まって陸海空のアクション。
細菌兵器、米軍兵士の苦悩、難攻不落の監獄、FBIの内幕など
ありったけ盛り合わせたアクション映画になっている。
途中にはトロッコアクションまである。
ショーン・コネリーインディ・ジョーンズへのオマージュかな。
反乱軍の仲間割れまでストーリーの破綻もなくのめりこめる。
細かいところでは、反乱軍の兵士が殺されていくわけだが
その殺され方も一つ一つ違いがあって、観客を飽きさせない。
さらに、一般人の犠牲者が出ない。
人質になった人も誰も傷つけられていない。
ミサイルも海に落ちた。
あくまでも極秘、隠密の作戦であることが印象付けられる。
マシンガンを撃ちまくって皆殺し、という安易な殺人がないのも感情移入しやすい。
もう一つ
日本語吹き替えで観た。
ショーン・コネリー役の若山弦蔵の声にしびれる。

エリカ様

今日のニュースを見てこれまでのエリカ様の奇行に合点がいく。
やはり薬のせいなのか。
以前にもここで書いたことだが、善悪は別として
真面目な人が真面目に仕事しているのをみても誰も何も感じない。
多少ハズレた言動のほうが芸能人としての個性になる。
エリカ様はキュートなルックス、確かな演技、わけのわからない言動
というスターの素質を持ち合わせている才能であった。
また何年後かには、その才能を私達に見せて欲しい。
この程度のことでエリカ様を嫌いになりません、私は。
もう一つ
天皇ネタで今日もニュース。
またまた大宴会だそうである。
祭事だからといいわけしているが、またまた税金で宴会したわけで。
首相のニューオータニで5000円の宴会にはケチが付いたが
天皇ともなれば何億使おうとも誰も文句は言わないのである。
ちなみに我が家の晩餐は
先程スーパーで半額で購入したサンマの塩焼きである。
傷む寸前の魚や野菜が美味しいとは言うけど。
数十円のおかずである。トホホ。

「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問

秋篠宮さまが疑問というのは随分前の話なんだけどね。
そういう話には一切聞く耳を持たないで○○の儀を押し通した。
金に糸目をつけないというのは気持ちがいいものだ。
カマスコミが先導して新天皇バンザイという世論を引っ張っている。
反対派が抗議しているそうだがそれも想定内。
外国から国賓を呼んでの接待、多くの警備費、
パレードにかかる費用、そして一夜限りの○○祭に、
いったいいくら血税を垂れ流したのだろうか。
警備の地方警官一人の費用だってばかにならない。
兵庫県警の警官が映っていた。
新幹線往復2万円、手当1日で1万円、食事宿泊1日で1万円とすれば
5日で12万。
これを平均と考えれば1万人で1200000000、12億。
これに車両、装備、機器などを加えれば経費としては…。
今回の○○祭に27億とは全体の費用から比べれば大したことない。
というのが、政府と宮内庁の見解だろうな。
パレードに買ったサイドカーバイク1台の費用で、私の職場の
トイレの扉、流しのつまり、調子が悪いコピー機印刷機
薄汚い階段の壁の塗替えなどできるのだけどねえ。
調べると政府の発表でパレード経費は36億、警察庁は38億とある。
行政などの費用は入っていない。
たった30分のドライブで80億使っちゃったわけだ。
沿道に集まった10万のファンに1万札をばらまいたとしてもたかだか10億である。
ある意味究極の快感だろうな。

菊とギロチン、映画評もどき

これも今週観た映画。
去年公開、今年の春にDVD発売。
構想三十年!瀬々敬久が今こそ撮らねばと完成させた入魂作。
だけあって、なんと3時間を超える大作である。
なんだけど、日本映画だけあって低予算でテレビドラマとそれほどかわらない。
3時間以上だからテレビドラマで5本分、一気に観るのはやや辛い。
もちろん監督も役者も演技も悪くないのでダメだというわけでもない。
大正末期から昭和へ向かう暗い世界観。
それとミスマッチな女相撲、それと左翼と軍部という感じなのかな。
監督の思い入れが大きすぎて観客がそれをすべて受け止められない。
さらにベッドシーンにしても、逮捕して拷問するシーンにしても
ちょっと違うよなあ、と思わせる。リアリティがない。
どんなにひどい暴力を受けてもすくと立ち上がる、のはなんとも。
ところどころ早送りで見てしまった。ごめんなさい。
もっと真面目に見れば良さがわかるのかもしれない。
映画評と書くのは気が引ける。
ちなみにアマゾンでも映画サイトでも5段階で3程度の評価になっていた。

レディ・プレイヤー1、映画評

BDが発売してもうすぐ1年、という去年の作品。
見終わったあと知ったのがスピルバーグ作品だということ。
なるほど2時間20分のCG満載のVRゲームの映画を最後まで早送りなしで見たわけか。
最初はオールCGのディズニーのような映画かと思いきや。
VRゲームの中のアバターの世界と現実の世界をうまいこと表現している。
前置きはこの程度で、この映画の話題性はなんと言っても70年代80年代のオマージュ。
冒頭シーンの音楽はジャンプ。
VR世界のレースで主人公が選んだマシンはBTF仕様のデローリアン。
もう一人の主人公はAKIRA仕様の金田のバイク。
追いかけてくるのはキングコング
ダンスシーンではビージーズ
映画のネタがヒントになる、とチョイスしたのがシャイニング。
ラストのバトルシーンではメカゴジラ、さらに話題になった
ガンダムRX78、ハリウッドの最高CGでガンダムが見られるというのは
マニアでなくても十分価値がある!! とか。(笑)
ラストシーンはゲームのやりすぎ注意喚起まで。
さすがスピルバーグ、もてるコネを使いまくってキャラを登場させ
若者に一言物申すまで、盛り沢山な映画である。
だから最高に面白いかというと、、?ではある。

桜ニノ剛力

桜を見る会」支援者参加を認める
というニュース。
ウンウン、いまさら??という感じだな。
オープンな抽選以外、何かで選ばれるときは何かがなければならない。
こんなの社会で何年か生きていれば常識だ。
会社での昇進にしても、○○賞にしても誰かが選考するということはそういうこと。
総理が主催とおもいきり公言しているのなら、総理が選ぶのは当然。
嫌いな人は排除するだろう。
池袋でのプリウス殺人鬼もなぜか逮捕されないということで話題になった。
コネがあればどんな状況や立場でも有利になるものだ。
私はそもそも学力もコネもお金もないわけで、下級市民として何の利益もない生活。
先月、写真が専門誌に掲載されたり
10年ちょっと前に著作が本屋に並ぶなんていうこともあったが
使えるコネもないため、ラッキーを生かして次のステップへ、ということもない。
人様から選ばれるということは、それなりのコネを持っているか
並外れた才能があるか、研究や金儲けの多大な実績があるかのどれかだ。
桜を見る会園遊会も私には縁がないのだろう。
それを他人が「不平等だ」といきがるのも方向性が違うと思うね。
もう一つ
ニノが結婚というニュース。
天下のトップアイドルだからテレビでは大ニュース扱い。
相手が2流のフリーアナウンサーというのが驚く。
トップとトップを期待してしまうのが一般市民というものだ。
裏を返せば本気度がそれだけ高いということでもある。
こんなニュースはこれ以上ふくらませようがない。
もう一つ
剛力破局というニュース。
多分以前にここで書いたことだとは思うが、当然の成り行き。
そもそもこんなカップルがうまくいくわけなどない。
金持ちの男は隣に置く極上のアクセサリーとして剛力を選んだ。
剛力はお金として社長を選んだわけだ。
アクセサリーとお金という割り切った関係性ならベストカップルなんだろうけど。
人間だから一緒にいればそれだけではないことは馬鹿でもわかる。
馬鹿でもわかる結果になったということだ。
さらに社長は会社を売って四面楚歌。
剛力はそんな浮ついた男と付き合うことで四面楚歌になったという。
多分お金は切れていないだろうが、剛力のアクセサリーとしての魅力には賞味期限がある。
そういう意味での「金の切れ目が縁の切れ目」ということになりそうだ。
わかったような書き方をしているが、馬鹿でもわかる成り行きである。