次の時代の宅配

宅配についてはこのところいろいろな問題が出ている。
ヤマト運輸は時間指定を簡略化した。
さらに今日ネットスーパーからのメール。
※※※
現在、配達時にお客さまがご不在であっても、当日中の再配達サービスを
承らせていただいておりましたが、再配達件数の増加により、
他のお客さまへの配達遅延が発生しております。

つきましては、誠に勝手ながら2017年6月28日(水)の配達分より、
ご不在時の『再配達サービスを廃止』させていただきます。

なお、ご不在の場合にはご注文をキャンセル扱いとさせていただき、
※※※
これまではネット通販と協調してサービス拡大だったが
ここにきて息が切れた。
サービス縮小に転じてしまった。
このメールは、いなければ渡さない、という強硬なものである。
そもそもがこのネットスーパーのサービスは宅配時間が比較的細かく設定できる。
それでもいないというのだからある意味仕方がないのだろう。
家に年頃の娘がいて夜に「駅まで迎えに来て」などと連絡があれば
「一人で帰ってこい」とも言えず渋々迎えに行くだろう。
宅配時間にそんなよんどころない事情もあるかもしれない。
ところが、実際宅配員に聞くとずいぶんひどい客も多いとか。
友人と遊びに行った、とか、腹が減ったのでコンビニに行った、などなど
ちょいと我慢すれば済むような身勝手な話が多いとのこと。
ちょっと前は、お店などの店員に威張る人、
さらにやたらクレームをつける人、
さらに最近は働いている人の気持や業務を無視した勝手な行動が困った客ということだ。
サービスの形が変わりつつある。

広告を非表示にする