読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

後輩からのおめでたいメール

それほど親しくない後輩からメール。
「愚息の入学式で武道館に行きたいけど、仕事で行けない。」
みたいなことが書かれていた。
そもそも、どこの大学か書いていない。
親しくないから、仕方ないけど。
武道館で入学式、私に報告する、ということから
在京のそこそこいい大学なんだろうね。
長男と同じだと言っていたような。
そういう家庭、家系も世の中にはあるのだなあ。
我が家にはそんな孝行息子はいないし、家系をたどっても
一族で早稲田が数人いる程度。
大したことはない。
親しくない人にも「入学しました」と言える大学なんて
親として最高の喜びだろうな。
結婚や出産もおめでとうと言われるが、言葉は悪いが
どんなバカでもできることだ。
一流の大学とか名前が通った会社に入るというのは
長い間の努力が必要になる。
入ったあとが大変なんだ、という人も多いが
やっぱり入れるだけすごいことなんだな。
心のなかで「おめでとう」と言っておこう。
もう一つ
職場によっても違うとは思うが一般論として
「愚息の入学式で有給休暇取ります」といえば
上司は了解してくれるにしても
「子供の入学式ぐらいで会社を休むな」と思うに違いない。
しかしながら、ほんの限られた5本の指に入るような大学名を告げれば
「是非行ってきなさい」と送り出してくれるに違いない。
最近の有名大学の入学式は学生の人数の2倍以上の保護者が来るそうである。