読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京・城北公園パン食べて?カラス50羽死ぬ 

ニュースの字面だけ見ると残虐な事件だと読み取れるが。
原因がパンの毒物として考えてみた。
1.害獣
かなり多くの人が感じているように、カラスは害獣である。
ゴミと糞と騒音を撒き散らしている。
鳩だって都会では害獣扱い。
一部の人の餌付けが迷惑をかけている。
2.惨殺か駆除か
ここで問題になるのが法律である。
この事件を悪いことというていで報道するのも法律違反だからだ。
この大迷惑なカラスも生類憐れみの令で守られている、ということだ。
3.野生動物との共生
なんていうのは絵に描いた餅だな。
富士山や北アルプスの中腹まで道路を作って
お土産屋が並んでいる。
夏も冬もエアコンの効いた室内で生活し
エアコンの効いた交通機関で移動している。
私達の生活で野生動物の入る隙間などない。
今や地方の農村でも野生動物との戦いがあるという。
保護も共生も絵に描いた餅だ。
4.50羽
都会のカラスの集団の凄さは多くの人が感じている。
ヒッチコックではないが、万一特定の人たちに攻撃を仕掛けられたら
逃げるすべはないだろう。
たかが50羽である。今のカラス被害の現状から考えれば砂浜の砂粒50粒。
最近鳥インフルエンザで数万羽、10万羽以上という鳥が殺処分されている。
ここは一つ、死因が疫病ということで10万羽を合法的に殺処分してほしいくらいだ。
50羽では足りないよね。