読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別色の86を期間限定発売。ブレンボ装着

86も後期型になり、いよいよモデル末期にさしかかってきた。
この手の趣味の車はライフサイクルが長いとはいえ、売れたほうがいい。
マイナー直後に特別仕様車のテコ入れである。
その辺のフツーの車種ならエアロとかアルミとかナビとか
後付の装備でごまかすところだけど、86はそうではない。
しっかり走りに関わる部分にも特別仕様である。
トヨタ車にブレンボとは久しぶりなのか初めてなのか。
世の中にはブランド品なるものが、高級としてもてはやされている。
それでも、ある程度の人たちが選んで購入するからには
それなりの価値があるわけで。
クルマの業界でブレンボ、レカロは絶対的なんだな。
他の追従をゆるさない。
私も1度だけブレンボのクルマ(ホンダタイプR)を乗っていたことがあるが、これが素晴らしい。
よく止まるだけではなく、そのタッチ、フィーリングも直感的でよい。
よく効くのにロックしにくい、もちろん電子制御なしで。
その次にスバルのWRXに乗り換えたが、ブレーキングで何度も怖い思いをした。
ブレーキは速く走るキモなんだな。
外車はあまり大きいクルマは乗らないが、ワーゲン系にしてもベンツにしても
ブレーキはかなり使いやすい。
60キロプラスアルファで走っているとき、直前の信号が赤になっても
ストレスなしにスッと止まることができる。
ブレーキング中のコントロールもし易い。
ヨーロッパの交通環境が求めている性能なのか。
スバルもSTI系はそこそこのブレーキだけどまだ物足りなく感じてしまう。
ブランド品だから全て良いとは限らないが、ブレンボはかなり魅力を感じる。