読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久々に自動車試乗、レボーグ

午前中に義母を買い物へ連れて行く。
最近は歩くのも辛いとかで。
おかげでスーパーの美味しいお寿司を買ってもらった。
このスーパーは惣菜コーナーのお寿司と鮮魚コーナーのお寿司がある。
鮮魚コーナーのお寿司はネタも大きく美味しい。
当然ちょっと高いのだけど、美味しく頂いた。
お母さんありがとう。
その後、スバル店へ。
久しぶりのスバルである。
ちょうどレボーグ発売の頃が最後。
担当が転勤ということもあって疎遠にしていた。
早速レボーグの試乗を申し出る。
試乗車は1.6の170馬力。
レボーグのデザインは最近の国産車の中では秀逸だと思っている。
さて、スバルの新世代のダウンサイジングターボはいかがなものか。
結論から先に言うと普通のクルマだった。
どこも悪く無い。しかしながら、突出して優れてもいない。
ダウンサイジングターボは必要にして十分。
クルマが350万もすることから、コスパはそれなりだな。
ライバルのVWボルボなどと比べてアドバンテージはない。
それでも、逆の見方をすればライバルはVWボルボであって国産車ではない。
外観や内装、エンジンやサスなどよくデキている。
しかしながら、ターボの恩恵はさほど感じられない。
燃費との兼ね合いなんだろうけど、VWボルボの1.2や1.4でももっとパワフル。
それでもレボーグの購入者の大半が1.6を選ぶそうだ。
最後のレガシィと言われた4代目BL/BP系の後継機と言われているが
外見ほどのインパクトは無かったなあ。
強いていえば、国内にライバルは不在。
選択肢はこれしかない。
さらに、カタログの多くのページを割いているのがアイサイトの安全装備。
パワーや走りよりもアイサイトなんだな。