読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英空軍のタイフーン戦闘機三沢へ

<英戦闘機飛来>“基地の街”に不安の声
というニュースである。
何が不安なのか。
「タイフーンはエンジンのパワーがすごい。騒音が心配だ」
三沢基地の騒音を巡り、集団移転を求めている岡三沢6丁目町内会の小泉愃司会長(73)は表情を険しくする。
と書いてあるのを見て驚いた。
まず、この町会長さん。
まだ見ぬ戦闘機の性能や騒音をそれなりに知っているとのこと。
かなりのマニアか、実際にヨーロッパに出向いて視察したか。
そして何よりも驚いたのが、騒音について。
三沢には米軍のF16、FA18の電子戦機のEA-18G グラウラーが配備されている。
特に18は近くで見た人ならわかると思うが、スゲー音なのである。
あれよりでかい音を出す戦闘機がこの世に存在するのかなあ??
そもそも、三沢にイギリスからお客さんが来ただけなのに
不安をあおるような報道は公平性を欠くと思うのだが。