読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トヨタヴィッツのレンタカー


現行の多分最安グレードのヴィッツである。
見てくれはかっこいい。
大きさも十分にあり現行のコンパクトとしては5ナンバー最大になる。
隣にアクアが置いてあったが、背が高い分大きく見える。
オドメーターは1万5千、レンタカーなのでボデイの傷は多少あるが塗装は確かにまだ新しい。
まず、シートに座ってセッティング。
183cmの私でも十分後ろに下がり頭上も余裕がある。
ただし、ペダル配置はダメ。もともと150cmの人も乗るだろうからかなり手前に配置。
シートを後ろにするとハンドルが遠くなってしまう。
国産のこの手のファミリーカーはある意味仕方ないのだけど。
良くないのがシートのクッション、フカフカブヨブヨ。
座り心地がかなり悪いのである。
多分1000ccのエンジンだが、パワーは必要にして十分。
CVTの制御もストレスを感じない。
エンジンにパワーがない分、軽自動車のように加速するたびにウイーンと唸りを上げるが。
アイドリングストップはついていないので、信号で止まるとアイドリング。
この時にステアリング系かダッシュボードの奥でカタカタと振動する音が気になる。
外見はすごくかっこよくなっているのだけど、中身は旧態依然。
評判の悪いステアリングフィールも初期のものよりは良くなって入るがダイレクト感がない。
さらに外見はスポーティーだけど曲がるときはものすごくアンダーがでる。
ダイレクト感がなく強いアンダーなので運転していて楽しくはないね。
115万円だから、と必ず前提をしなければならない。
ただし、実用面ではいい。
高速でも楽に100キロ+アルファで走れる、一般道でも「前の車遅いね」とメーターを見ると60キロでている。
渋滞路や混雑路は走らなかった、燃費は気にしない、雨、エアコン作動で17km/Lを超えていた。
ヴィッツ1.8台分の金額で22km/Lは走るアクアが買えるけど、と考えるとヴィッツは偉大だ。