「日本の運転マナー = 三流レベル」は本当か?

「日本の運転マナー = 三流レベル」は本当か? データ&歴史で再検証、原因は“警察”にもあったのかもしれない
というヤフーニュース。

死者1万人の時代から検証している記事。
外国の例をあげて日本のドライバーの他者への配慮の無さを解説。他にも免許制度、取得のハードルなどにも言及していた。

納得の内容だった。特に他者への配慮というのはもっともである。
あおり運転を含む交通トラブル(事故ではない)が実は横行している。このあおり運転というのが曲者で後ろから寄せてくるのを「煽り」と言う人がおおいのだが、前に出てブレーキ踏むほうが事故の確率が高い。私はたいていは法定速度は出している。空いていたり直線が続く場合は交通の流れがプラスアルファのいうことも多々ある。
それなのにかなり遅めに走っている。老人マークがついていればああそうかと思ってしまう。が追いついてしまうのをミラーで見れば「詰めてきた、煽られている」と感じるかもしれない。
さらに悪質なのがミラーを見て激昂してさらにスピードを落として嫌がらせ。ミラーでチラチラこちらを見ているのがわかる。私の後ろにノロノロの車列ができてしまうが、このドライバーには関係ない。高速道路でやれば取り締まりの対象になるが一般道では、そもそもの制限速度も低い。後車への嫌がらせ、追突させようとする行為は合法である。
先日前方にノロノロのスクールバス、真っ直ぐな道路をノロノロ、まあスクールバスだからしょうがない。ところが青信号の手前で急に減速、後ろのクルマもワーッとブレーキである。その後信号は黄色になり赤になる。バスはゆっくり停まった。電車のATCじゃあるまいし黄色になることを事前に予測してブレーキ踏むというのも超安全ではあるが実用ではないなあ。そのバスはなんと裏道、5ナンバーがやっとすれ違える道に入っていった。もちろんさらに超安全運転だろうな。交通規制がない限りどこを走ろうと自由なんだけど、狭い近道を大きい車で入っていくというのも周囲への配慮はまず無いだろう。


昨日は夏至だったが大雨で太陽は見られなかった。
ところが夕刻に雨はやみ夜遅くには月が出ていた。満月は今日だが午前10時ごろ。したがってこの写真の午前1時ごろは限りなく今日の満月に近いだろう。
さらに夏至のせいか月の高度が異常に低い。南の空の低いところを通って3時ぐらいにはマンションに隠れながら沈んでいく。