札幌ドーム、赤字6.5億円とフライングゲット

プロ野球やらせてくれないのでね」 札幌ドーム、赤字6.5億円
というヤフーニュース。

札幌は関東の人が思うよりも大都市である。人口も200万人と福岡より多い。
千歳空港から電車や一般道で札幌へ向かうとわかるのだけど住宅地の広がりも東京圏なみに広い。札幌市隣の街も合わせれば300万人の経済圏である。
ポイントはここから、それだけの人口経済圏がある、更には観光収入も格段に多い札幌だから、当然ドームのような施設も多く運用させるのかと思いきや、なのである。
つまり北の大地の人たちはそこまで動いていない、というのがポイントだ。考えるに収入とお金の使い方。
東京圏や大阪圏に比べて個人の収入がそれほどではないのか。飲食にはお金を使うが音楽イベントやスポーツイベントにそれほどお金を使わないのか。そんな理由からドームを使うようなイベントをイベント会社はやりたがらないのか。
このニュースは北の大地で生きることの難しさを教えてくれた。

今日は夏至、さらに関東は大雨になった。
私は今日は完全に休み、雨のせいで家の片付けも何もしないでゴロゴロしていた。
稼働しているブルーレイレコーダーの中で一番古いやつを久々に電源入れてHDDの中身を確認。
いつ頃の録画か、年号を調べてみると2012年春に購入したようだ。なんと12年前のタイムカプセルである。
昨日の夕刻からリモコンの電池を入れ替えて確認を始めた。まず目についたのが笑ってはいけないシリーズと鉄道絡みのバラエティ。両方ともマツコが大活躍なのである。今は大御所の雰囲気だが当時は体をはった仕事が多かったことがわかる。
めちゃイケがいくつか入っていた。今は田中先生が受け継いでいる学力テストをやってイジるネタを岡村がやっていた。その2時間スペシャルでAKBの人気メンバーが15人、あっちゃんがやめたあと、ともちんがやめる直前、二人がスキャンダルで坊主になったとか博多に飛ばされたといういじりをやっている頃。今は大女優の川栄李奈が若手で総選挙ランク外という時代だ。総選挙1位が私の推しの大島優子というまだフライングゲットが懐メロではない一番いい時代だった。
もう一つ、紅白の録画。司会は嵐、最後の方に福山くんとプリプリ、次に石川さゆり北島三郎「大トリはサブちゃんだったか」と思ったらその後、いきものがかりSMAPが出てきた。なんとも新旧入り交じっていい時代である。韓国のグループもいない。ちなみにこの頃に東京五輪が決まってサザンがテーマ音楽をという録画があった。まさか疫病で1年延期なんて誰も予言できなかったのではないか。