なぜ好調? マツダ「過去最高」売上

今までそれほど売れてなかったこともある。
マツダ地獄を解消しようとしている動きがある。
シエンタやフリードなどの軟弱なクルマを作らない、硬派である。専門家のコメントを引用すると「また、マツダの技術面やデザイン面においてもミニバンとの相性が悪く、復活の可能性は低いと考えられています。」だそうだ。
良いデザイナーがいるようで、出てくるクルマがみんなかっこいい。また、シートポジションやハンドリングなどの基本的な性能や作り込みがしっかりしている。自称クルマ好きの人に訴える販促をしてきた実績。
ホンダはスポーツ、F1で優勝などでスポーツ性能をアピールしているが、実際に売れているのは軽の1boxである。マツダは派手な活動はしていないが企業イメージと売れている車種が一致している。ロードスターにハイパワーモデルを設定しないのが面白い。

次は私なりのネガティブイメージ。
マツダ地獄のような極端な話は聞かなくなったが、やはり買取価格、残価率が低い。
優れたエンジンだとは思うが、パワーが有ると評判になることがない。同じ車格同じ価格帯のライバルよりもすごく速いということがない。
足回りがよくしっかり曲がってくれるが、設定は中庸でメリハリが少ない。もちろん他社のファミリーカーよりはいいのだけど、トヨタの新型シエンタなどそこそこのコーナリング性能があるのでマツダの優位性もそれほどない。
しかしながらガチガチではない乗り心地がいいけど曲がってくれるというのはある意味理想的なセッティング。重心が高いSUVには必要な性能である。マツダはそのへんに特化している気がする。

赤が似合うクルマっていいよね。デザインがいいということだ。イタ車みたいに。