酒が酒が飲めるぞー酒が飲めるぞ

今日も帰宅して1人で飲み始めた。
(この後、グズグズと愚痴を書くだけなので興味がない人はスルーしてください。)
マスコミは宣言解除で飲み屋が再開というのをニュースにしているが。
私は基本的に一人ぼっちである。その上低所得者なので一食1000円以上の外食なんてほぼ考えられない。さらにビールやチューハイが1杯500円とか800円なんて夢のまた夢である。
コロナで飲食店が飲み屋が大変と言われてきたけど実は私には違う世界の人の話だ。それでもこれだけマスコミに取り上げられているというのはそれだけ経済的に余裕がある人がいるということなのか。
実は所得金額には関係ないらしく飲み屋で飲む人はそれが全てという人も珍しくないとか。稼いだお金を全部外食に使ってしまう人がそれなりにいるということ。実は私の周りにいる退職金を受け取って悠々自適の人たちで外食ばかりなんていう人はほとんどいない。レストランや飲み屋で飲食をするというのはそれなりに特別な日という。そもそも私と付き合いがある大人たちは趣味を持っているので無駄遣いできないのである。
繁華街でいい気持ちになって歩いている人たちを冷静にみると平均年齢は意外に低い。最近の若者は趣味がスマホでほぼ満たされるためスマホにかける月1万円ほど以外は飲み代に使えるということか。
とは言っても私は自宅飲みで満足などしていない。冷蔵庫にある2日前の焼き鳥ではなく焼きたての焼き鳥で飲みたいのである。電子レンジで温めたブヨブヨの唐揚げではなく衣がサクサク美味しい唐揚げが食べたいと心から思っている。
コロナが悪いのではなく私の稼ぎが少なすぎるだけの話だ。(汗)