古いXPパソコン

家でメインで使っているのはXPパソコンである。
もう5年近くなるかな。
古くても4コア、Core 2 Quad
当時はハイエンドモデル。
RAMもたっぷり積んでのXPなので、ちょっともったいない感じ。
ビスタの頃だが業務用ではXPダウングレードが当たり前だった。
7の発売までその状態は続いた。
この代替としてすでにCore(TM) i5は部屋に届いているが
ここはひとつ、愛着のCore 2 Quadを再生することに。
年数がたっているので、HDDはあきらめる。
新しいHDDを購入しようとネットやらショップやらを見て歩くが
2Tはネットで8000円、ショップで9900円。
古いPCの再生ごっこにはちょっと高価かな。
家に転がっているバックアップ用のHDD(1T)が使えそうだ。
早速、パソコンのフタを開けてHDDの交換作業。
その後、インストールディスクを挿入すると、読み込みが始まったようだ。
そのあと、ブラウザや日本語変換やOfficeやはがきソフトなど
インストールを続ける。
XP時代の古いのも結構すんなり読み込んでくれた。
一部の7用のドライバはネットからダウンロード。
4時間位かけてなんとか元の環境に戻ってきた。
しかしながら、ネットでの作業中にいきなり画面がオチてしまい
そのまま強制終了ということが何回か。
ちょっと不安定なのが玉にキズ。