The Beatles 1962-1966 ビートルズベスト

先日、ビートルズのデジタルリマスターボックスが話題になった。
ビートルズファンの私としては是非入手したいのだが妻の抵抗にあう。
ところが私が一番聞いたアルバムはリマスター盤には無い。
それは1973年に発売された「The Beatles 1962-1966」
通称 赤盤。
当然青盤もある。
私が中学生になって天地真理山口百恵から卒業して洋楽に入った頃。
長野にいたビートルズファンの年上のいとこからいろいろ吹き込まれて
とりあえずベスト盤を聞こうと思ったのが始まりである。
購入は発売後1年ぐらい経った頃だと思う。
確か3800円ぐらいした。
国鉄初乗りが50円、駅の立ち食いかけうどんが100円の時代である。
中学生の私には覚悟のいる金額だった。
このアルバムにはベストという文字は無い。
ジョージがキャピトルに頼まれて選曲したとブックレットにコメントも入っている。
学校でもマニアの友人ができてしばらくはビートルズ一色の青春時代を送った。
ビートルズのアルバムの話をするのにベスト盤は邪道なのだが
たまに聞きたくなると手に取ってしまうのがこれである。
このCDは90年代に入手した。