読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福岡・天神で3億8千万円強奪

3億円事件である。
50年前は3億円の価値が違う。
そもそもが1万円札ではない。
現金用スーツケースが3つとかである。
今回は多分全て1万円札、1つでは無理だが2つならいけそうか。
いやいや、問題はそんなことではない。
まず、その3億円を運んでいたという男は誰なのか。
その3億円は誰のものなのか。
なぜ銀行から1人で運んでいたのか。
犯人よりも、被害者のほうが関心があるし問題でもある。
もう1つ
埼玉でマンション火災、子供3人が死傷した。
生きていると言ってもかなりの重症だそうだ。
事件は夜の10時過ぎ。
親は??となる。
なんと、仕事に出かけていた。
それも、母子家庭らしい。
つまり、放置である。
どんな結果になっても、殺人事件である。
一時停止違反やスピード違反を取り締まるより警察のすべき仕事はある。
命にかかわることなのだから。
もう1つ
松戸市の女児殺害事件、小学校の保護者会が開かれた。
犯人が保護者である、もうどうしようもない。
犯人も多分初犯だろうし。対策など無いのである。
いやいや問題はそんなことではない。
被害者のベトナム一家
祖国で葬儀をしたあとまた日本に舞い戻ってきた。
異国でかわいい娘を惨殺されてどれだけの心の痛手を、と思うのだが
それを乗り越えて、またまた松戸市に帰ってきたという。
彼らにとって何が一番なのか、私には計り知れないものがある。