読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浅田真央会見

職場にテレビはない。
携帯のワンセグの小さな画面で昼食のときにニュースを見る。
今日はすぐに消してしまった。
なんと全チャンネル同じ映像だった。
昨日から大ニュース扱いで全てのニュース、情報番組で
ほぼおなじ内容、映像の浅田ネタを繰り返している。
ひねくれ者の私は右へならえ。が嫌いである。
どうせ週末までこのネタ、この映像をずっと見せ続けられるのだろう。
国民的大スターだから仕方がないのはわかるが、
このところの試合を見る限り引退は秒読みであることは誰の目にも明らか。
それを青天の霹靂のような扱いで報道するのもどうかと。
あくまでも一般視聴者の目線で見れば大ニュースだからこれでいいのだろうが。
いずれどこかでツッコむと思うが、気になったこと。
10日夜にブログでの引退表明。
12日午前には記者会見。
その記者会見の最後には番宣。
テレビでも独占と称してすでに特番の予告。
突然ではなくて、どうも計算された経緯があるような気がする。
引退商法だな。
国民的大スターだから、それを求める人も多いわけで悪いこととは思わないが。
もともとそんなに興味がなかった人が乗せられて踊るのは褒められるものではない。
もっと悲しいのは、報道で各方面からコメントが、というネタ。
全然関係ない現場で「引退について」ときかれて「残念です」と答えただけのものが
ニュースでは大げさに取り上げられている。
ピコ太郎など、もともとなんのつながりもないはずなのに
コメントを発表、みたいな感じになっている。
今や三流タレントになった織田くんはインタビューされるたびに
涙をながすことが話題となっている。
バカマスコミと三流タレントはいい組み合わせなのだな。
話もとい
選手生命が終わればあとはタレントとして生きるしかない。
ニュース番組のスポーツキャスターとして頑張ってほしい。
おかげで押し出されてしまう元マラソン、元バドミントン選手がいるかもしれないね。