読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シリア攻撃

アメリカ軍は最大の軍隊である。
軍隊は戦争をする集団だから、戦争をするのである。
当然、日頃の訓練も実戦を想定しているわけで。
ここで問題になるのが、訓練だけやっていればいいのかということ。
果たして訓練だけで軍隊のモチベーションが保てるのか。
これは人間だけでない、機械も同じである。
ずーっとアイドリングだけではエンジンが調子悪くなる。
定期的に戦争に参加していないといろいろな意味で維持が大変だということか。
蒸気船に驚いた文明開化の日本だって30年後には
日本海で戦争をしていたわけで。
さらにアメリカには巨大な軍事産業がある。
戦争には無限にお金がかかる、ということは無限にお金が流れるわけで。
銃規制と並んでアメリカ社会の難しい面である。