読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乳児ボツリヌス症で死亡=国内初、蜂蜜が原因

興味深いニュースである。
親の無知が招いたというのが直接原因。
しかしながら、前例がないという。
そうなれば、親の無知ともいいがたい。
話は違うが
今からうん十年前、初めて犬を飼った。
私が拾ってきた子犬だった。
初めてのことで何もわからないまま溺愛した。
しつけがダメだったのはおいといて、食べ物が問題。
普通に残飯やお菓子を与えていた。
10年以上生きたのでダメというわけではなかったが
変に太ったりしてちょっとかわいそうだった。
私が実家を出た後、またまた私が犬を拾ってきた。
実家で飼うことになったが、父親は慎重だった。
ドックフード以外は与えない。
15歳まで嘘みたいに元気な犬だった。
まるで不老不死。
ところが、15歳をすぎると目や耳がだめになり
それでも1年以上生きていたが、力尽きた。
正しい食生活は、長生きさせるのである。
人間の場合も
離乳食に何を与えるべきなのか、先人の知恵を信じるべき。
アレンジなどしてはいけないのである。
ちなみに子供は野菜が嫌い、食も細い。
それを無理やり食べさせるというのが教育だった。
今は違う。
たくさん食べるのを良しとはしない。
ただし、お菓子などの間食はいけない。
間食無しで、ジュース無しで食が細いぶんには問題ないのである。
どうせ、成長期になればお腹が空くのである。
私も子供の頃、好き嫌いが激しく、ひょろひょろで周囲を心配させたが
なんのことはない、10歳を過ぎて成長期に入るとひたすらご飯を食べていた。
10歳から17歳ぐらいまで、年間5~9センチも背が伸びた。
おまけにこの時期の大食いが響いて30過ぎてからは肥満に悩む。
食べないに越したことはない。
子供のときにガリガリなんていうのを気にすることはない。
無理に食わせることのほうが残酷なんだな。