読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

残業上限「月100時間未満」

先日ここで書いた、職場で香典1000円徴収を拒否、
というのにそこそこの反響があった。
気持ちはわかるが、という否定的なご意見が大半だった。
全くごもっともである。
1000円で職場の人間関係が潤滑になるのなら安いものだそうだ。
残業も私には同様に思える。
規定の勤務時間を超えて残業するかは基本的には個人の意志。
しかしながら、部署の仕事のノルマの一部でもあるし遅れれば迷惑がかかる。
結局人間関係の潤滑に残業するわけで。
私は最初から嫌われ者。
会議が長引いた時以外は残業などする気がない。
不毛な会議だって、時間になれば立ち上がって一礼して出ていきたいくらいだ。
余程同僚より能力が劣り、同じ仕事量を余分に時間がかかるようなら仕方もないが。
明らかにオーバーワークなら明日やります、と帰っちゃってもいいのでは。
そんなわけにはいかないよ、と声が聞こえてきそうだが
ニュースで取り沙汰されている自殺した人はそれができなかった。
悪くて左遷、最悪クビである。
それでいいではないか、死ぬよりははるかにマシだ。
もう1つ
私が若かった頃は土曜日も半日出勤だった。
実際、お昼に退勤できることなどほぼ無かった。
日曜出勤もそこそこあったし。
平日も20時前後まで仕方なく。
合計すれば100時間ぐらいになるのかな。
そんなんで自殺する人は、私の記憶ではいなかった。
さらに残業よりもクレーマーの処理や研修レポートなど
嫌な仕事は山ほどあったし。