読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週末はクルマ、VWゴルフ試乗


メール20文字で済むような用事のためにわざわざVWへ出かけた。
要件は10秒で終わり、あとはコーヒー飲みながら。
ゴルフを試乗しますか、ときかれる。
現行のゴルフはGTIやRまで一通り試乗していたが
案外、普通のゴルフはしばらく乗っていない。
その上、最近年次改良したそうである。
ゴルフは今年ビッグマイナーを行う予定。
最近ではコネクトというWiFi対応とか頭金10万円プレゼント
みたいなモデル末期の年度末商戦。
1.4ターボのハイライン試乗。
久々にゴルフに乗ったがシートに座ると身体がちょっと沈んで包み込まれる感じ。
ベンチに座るような国産の背の高いコンパクトと対極のフィーリングだ。
家具店に行けばわかるようにどちらのシートが高級かは明白。
国産ではレクサスやスバルのWRXSTIがこんなフィーリングだな。
ゴルフは基本的にファミリー向けコンパクトなんだけどね。
走り出すと、シートだけでなくサスペンションもぐっと沈んで道路をとらえる感じ。
スポーツカーそのもの。
そのくせ、ゴツゴツ感がなく乗り心地は極めて良い。
コーナリングもついつい攻めたくなる、限界が極めて高く設定されている。
1.4ターボは数字以上のパワー感がある。
2ペダルにも関わらずちょいとホイールスピンをしてしまった。
日本人は高価なクルマを豪華なクルマと勘違いしている。
ゴルフは高価だが外観も内装もちっとも豪華ではない。
しかしながら、乗り心地や動力性能は上質である。
先日のティグアンでも感じたことだが、アイドルストップなどの
エコに関するマネージメントも進化している。
さすが世界の自動車のランドマークだけのことはある。
もう1つ
営業所に帰ってきて、営業マンが駐車場で誘導をしようとした時車内でアラート音。
後方に人がいる、ということだ。
安全技術も新型車が出るたびにどんどん進化している。