読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レイア姫死去

ニュース

人気SF映画シリーズ「スター・ウォーズ」でレイア姫を演じた米女優、キャリー・フィッシャーさんが
27日、米ロサンゼルスで心臓発作で死去した。60歳。
というニュース。
ファンとして驚いた。
60歳ということは撮影当時は20歳ということになる。
大人びているというか老けていたというか。
年齢をごまかしているのではないか。
74歳のハリソン・フォードと同世代に見える。
このところ、大物アーティストや俳優が60すぎで死んでいる。
日本では80年頃のザ・マンザイのさんま世代だ。
プリンスやデビッド・ボウイやちょっと若いがジョージ・マイケル
長生きするような生活はしていなかったのだろうけど。
今の平均寿命はあまりにも長すぎる。
長生きに越したことはないのだが、老害健康寿命が問題となっている。
脳がいかれてしまったり、身体が動かせない状態で長生きして何になる。
死ぬ数日前まで元気だったのに、というのが一番である。(ピンコロというそうだ)
年齢で早い遅いを無責任に決めつけるのは良くないということだ。
そういう意味では健康というのも才能なんだな。
いつも思うけど首相にしても大統領にしても毎日分刻みで飛び回っている。
大会社の幹部も○○議員もみんなそうだ。
学歴やら弁舌やらいろいろな努力や才能があるのだろうけど
何よりすごいのはあの歳で分刻みで走り回っているということだ。
電通なんか問題じゃない。
残業もへったくれもない。
ずーっと働いているのだ。
さらに森喜朗にしても中曽根康弘にしても辞めてからもまだまだ。
ちょっと老害の匂いもするが長生きするのならあのくらい生き生きとしたい。