読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の小旅行と大火事


今日は両親のおつきあいで西国分寺まで親族の御見舞へ。
植物状態、人工呼吸器と数日の命だそうである。
そうなるまで元気に散歩などしていたそうだから、まだ救われるか。
東京西部にはあまり縁がない。
とは言っても、朝霞や入間など毎月のように来ているが。
丹沢や秩父の山がせまっていて驚く。
富士山も近くに見えるし、交通の便はいいし。
東京駅から見ると我が家のほうがはるかに近いのだけど
住み心地はこちらのほうがいいような気がする。
ニュースからもう一つ
昨日から糸魚川市大火のニュースを見ていた。
今回の独特な気象条件による風によって燃え広がったというのはわかる。
ポイントなのはそんな日に火事を出した火元だよな。
よりによってこんな日に、と誰もが思うことだ。
放火以外は責任を問われないという法律があるそうだが。
古い建物、密集地に住むというのはそういう覚悟も必要ということだな。
さらに近所に怪しい一人暮らしの老人、怪しいラーメン屋などがあれば
気をつけるというよりは覚悟しなければならない。
私の知人も隣のラーメン屋が火事になって大変だったと話してくれた。
我が家の近辺は比較的新しい住宅地なので
あのような燃え方をする家はほぼない。
大火はないにしても近所に老人世帯はあるし、いずれ自分も老人になるし。
気をつけるに越したことはない。
大人だけの世帯になったら、もしくはそのような年齢になったら
油を加熱するような料理はしないほうがよい。
天ぷらやフライは外食するか惣菜や弁当で買うものとすべき。
もしくは家でどうしてもというのならオール電化だろうな。
我が家も油を使う料理はIHを使っている。