読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天気が良かったのに

今日は百里基地へ行く予定だった。
朝6時前には起きて7時前には家を出る。
土曜日の朝である。
2時間弱で百里に着くはずだった。
ところがである。
家の近くの信号機で車の列、2回待ち。
なんだか交通量が多いなあと思いつつ、高速の入口に続くバイパスは大渋滞。
ナビで見ても赤い線が続いている。
体調も今ひとつだし、氷点下の冷え込みの滑走路脇で過ごすのもきつそう。
涙を飲んで渋滞から離脱した。
せっかくおニューのレンズも購入して、準備していたのだけど。
帰宅して、先日の荒天で汚れたクルマを洗う。
それからは貯まっている録画を見ることにした。
ちょっと変わり種で、WOWOWドラマの「水晶の鼓動 警視庁殺人分析班」
原作は麻見和史、読んだことのない作家だが作品の噂はちらほら。
主演が私の大好きな木村文乃ということで楽しみに見た。
ストーリーはまあまあ、飽きることはないが伏線の張り方が雑かな。
残念なのが木村文乃の演技、彼女が悪いわけではなく設定が雑。
以前に経験した事件のトラウマとかで、事あるごとに過呼吸になる。
そんなことで捜査一課が務まるのか。
さらに悲しいのが、木村文乃がつけている時計。
父の形見という昔のセイコークロノグラフ
「時計の音を聞くと落ち着く」という設定なのだけど効果音はチッチッチッ。
時計は秒針の動きを見ても分かる通り機械式である。
もっと複雑な音がするはずなんだけど、効果音はクォーツ時計の音だよなあ。
スタッフは誰も気づかなかったのだろうか。