読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本カー・オブ・ザ・イヤー、ノミネート車発表

日本カー・オブ・ザ・イヤー、ノミネート車発表
というニュース。
日本と冠たるものなんだけど、大半が外車である。
ワールドワイドに考えれば、至極当然なことではあるが。
審査員はどのような基準で選考するのか。
単純にクルマのデキで考えれば、国産車はほぼ選考漏れだな。
例えばポルシェケイマンに対等に勝負できる国産車があるのか。
燃費や小回りも選考の要素だからというのは机上の話。
実際、運転してみればポルシェとマツダが同等とは考えにくい。
まして、セレナなどどの車より優れているというのか。
そこで、考えられるのがマスプロダクトとしての商品性。
セレナやステップワゴンなどクルマに興味ない人が喜んで購入している。
確かに日本での普段使いの性能は素晴らしい。
逆にクルマに興味のない人でも良さがわかる。
だったら、最初から日本人の人気投票で決めてしまえばいいことだ。
専門家が選ぶとなればこの手のクルマは除外だろうね。
かと言って、ポルシェやベンツを選ぶのでは芸がない。
かと言って、売れていないフランス車やアメ車を選ぶのも気が引ける。
という数々のしがらみやメーカーの圧力によって公平に決められるのである。
歴代の受賞を見るとマツダホンダトヨタが持ち回り。
2013でゴルフが取ったのは例外か。
誤解がないように国産カーオブザイヤーとすべきだろうね。
外車を入れてしまうと公平な選考ができなくなる。
もう一つ
マツダディーゼルのデキはかなりいいが、外車のディーゼルはもっといい。
ここは一つ、余計な競合がないところで新型プリウスで決定だな。