読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボート競技

ニュース

東京五輪のボート競技場所について揺れに揺れている。
何処かに決まりそうになるとどこからか横やりがはいる。
ニュースを読むと、作るコストの他に五輪後の維持コストの問題もある。
作るのも無駄、維持するのも無駄ということ。
つまりボート競技は人気がない、必要ないということなんだろうね。
のはずなんだけど、宮城や埼玉で誘致活動。
人気がない、維持費がかかるというのに、と考えていけば理由は簡単。
落ちてくるおカネ目当て。
老人と結婚する若い女性みたいなもので、財産目当て。
死ぬまでの辛抱、と同じ意味か。(例えがちょっと悪いか、該当者の方ごめんなさい)
さらに、こちらの事情をそんなに詳しく理解しているとは思えない
IOCのお偉いさんがちょこちょこ何か言ってくるらしい。
こちらも原動力は利権だろうな。平たく言えばおカネのためだ。
後ろで森が動いていることは明白。
自分たちがせっかく作成した「後でカネがかかる計画」が否定されて
小さなプライドと大きな利権がそれを許さないのだろう。
私は何年も前から五輪は反対であった。
これまでの五輪にまつわるスキャンダルや無駄遣いなど
不快なニュースのオンパレードを見ればわかる。
五輪誘致で得をしているのは、それを面白がって報道するマスコミだな。
どうせなら、エキシビジョンで各国の曲技飛行隊(アクロバット飛行チーム)をやるのはどうか。
空なら設備はいらないし。