読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画君の名は、アニメファンは閲覧禁止

テレビ

アニメ映画「君の名は」が大ヒットだそうで。
もちろんアニメ嫌いな私がおカネを出して見ているわけもなく。
ネットやテレビのニュースを見ての話である。
巡礼とかいってアニメに出てきた場所を訪れるとか。
おおっ、同じだ、って当たり前だろ。
その場所で絵柄を考えたのだから。
そもそもこの手の巡礼というのは、小説の世界。
文字情報で表現された場所に行ってみる、というのが本来の意味。
文字情報で頭に思い描いていた場所だから、実際に行くと感動するわけで。
太宰の「富士には月見草が似合う」という感じだ。
写生した場所に行って「絵と同じだった」というのはあまりにも幼い。
次に
昭和のオンパレード。
まず「君の名は」、私の生まれるはるか前だが
真知子巻きが流行ったことぐらいは知っている。
次に、高校生の男女が入れ替わってしまう。
これも昭和には何度となく使われた、設定だよねえ。
大林宣彦監督の尾道三部作でも扱われている。
つまり、昭和からの古典的な設定がウケているということだ。
もう一つ
日本の代表的な文化はこの手の二次元のアニメ、漫画だという。
クリエイターの努力や才能は認めるけど、結果論としてガキっぽい。
尺が違うだけどサザエさんアンパンマンと同列である。
一つ一つの作品はそれなりのクォリティだし誇れるものであるが
アニメだ漫画だとありがたがる人たちはやはり難あり。
先日の夜ふかしでもコミケについてやっていたけど、論旨は
どんなに多数集まったにしても「変な人達」、なんだよね。