読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー

基本的に芸能人のニュースは興味ないのだけど。
ネタが無くなると定期的に出てくるニュースがこれ。
ブラッド・ピットアンジェリーナ・ジョリーの離婚問題。
ゲス不倫も紀香も興味ないわけで、海の向こうの話など…。
先程のニュースでも取り上げられていたが
アナウンサーがアンジェリーナ・ジョリーを「アンジー」と気安く呼ぶのである。
確かにファーストネームもかなり言いにくいので。
他にアンジーと呼ばれるスターもいないからいいっちゃいいんだけど。
アンジーと言われると、私の世代ではローリング・ストーンズなんだよね。
ストーンズビートルズとほぼ同世代。
デビューもほぼ同時期。
ビートルズは66年頃から実験的な新しいサウンドを追い求めていたが
ストーンズはロックの王道を、というイメージだった。
70年にビートルズは解散してロックの世界は混沌としてきた。
そんな73年頃、「悲しみのアンジー」(原題:Angie)をリリース。
ストーンズ渾身のバラードナンバーとなる。
まだ子供の当時の私はストーンズなど知らなかったが
この曲がラジオから流れると、ビリビリと感電したような状態となる。
ビートルズのイエスタディやレットイットビーよりも優れたバラードナンバーだと思っている。
実はストーンズのファンではない。
ストーンズのアルバムも何枚か所有しているが
擦り切れるほど聞いたという記憶もない。
私にとっては「悲しみのアンジー」がストーンズなのである。
という経緯もあって、気安く「アンジー」と言われるとすごく違和感なのである。
どうでもいい話でごめんなさい。