読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NHKニュースでスポーツカー

NHKニュースでスポーツカーネタ。
最近人気が高まっているとか。
もともとのネタはトヨタ86のマイナーチェンジ、
スバルレボーグSTIの発売。
昭和世代の私はずっとスポーツカーを所有している。
そもそも流行りかどうかの問題ではない。
それより、メーカー側のやる気があるかどうかだろう。
スバルと三菱はほそぼそとターボカーを売っていた。
日産はフェアレディZとGTRという柱はあるのだけど高価で一般的ではない。
ホンダは波があるし、マツダは本気かどうか今ひとつ。
トヨタは久々のスポーツの86、実はスバルだけど。
スポーツカーの人気というよりも、日本メーカーのやる気があるかどうかのほうが大きい。
もう一つ
スポーツカーや大型バイクの需要は50代から70代だそうで。
理由はさておき、首を傾げる。
60代のおじさんが「若いころはナナハンにのってた」と30年ぶりにバイク。
ところが、実際はかなり危うい。
スポーツカーも同じである。
買えばいい、というものではない。
この手の趣味性の高い乗り物は運転手を選ぶ。
誰でも簡単というわけではない。
何十年もスポーツに知らん顔していて、60になってからカネに物言わせて買ったとしても
そう簡単に乗りこなせるものではない。
フィットやワゴンRの感覚で運転しているに過ぎない。
ちんたら走っている、コーナリングで膨らむ、車幅感覚が無い
などの老人が乗るスポーツカーには辟易する。
本当にバイクやスポーツカーが好きなら、ずっと乗り続けて欲しい。