読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スズキスペーシア、マツダのOEM


小松空港でレンタカーを借りる。
どうせ古いワゴンRかと思っていたら、数千キロのスペーシア
のOEMのフレアワゴン。
レンタカーの最初の儀式の傷の確認も「全く無し」の綺麗なクルマだった。
スマートキー、ステレオカメラ、Sエネチャージなどフル装備だ。
ないのはターボだけだな。
しかしながら、最新のスズキ車はノンターボでも十分実用。
フル加速の時は確かにモアパワーと思うが。
高速走行も上り坂で多少もたつく程度以外は快適。
やたら天井が高いので、コーナリングは多少不安定にはなるが、困るほどでない。
やはり最新の軽は良くできている。
渋滞なしの郊外を走ったが200キロ走行のトータルで燃費は17キロ台であった。
リアシートに人を乗せないのであれば、この車格はオーバークォリティだな。
こんなに背が高い必然性はない。
やはりワゴンRクラスが軽自動車の理想形となるのだろう。
それでも室内高の余裕やスライドドアの使い勝手は良い。
唯一の難点は、身長180以上の私が運転すると、ペダルが手前過ぎて右足が異常に疲れる。
この手のベンチシートのクルマの難点だな。
コンパクトでは日産のキューブがそんな感じだ。
せっかく余裕のある車内なのに、対象にしているドライバーは160センチぐらいの人なんだね。