読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようやくスター・ウォーズ観ました

映画、ドラマ

夜の9時過ぎにポストに配達されていたブルーレイ。
もう遅いから明日観ようかと思ったが誘惑に負ける。
結局、10時過ぎてから観始める。
見終わってから風呂に入り、一杯飲んで今の時刻は1時半。
連休だからこその贅沢な時間の使い方だな。
さて、インプレッション。
ストーリーはまさに王道だ。
78年に初めて観た人たちを裏切らない。
その懐古趣味も嫌味がなくドキドキしてしまう。
多分、その当時を知らない若い人たちにも通じるものがあるのか。
多くの人がコメントしていたBB8が実にキュートである。
R2D2のしたたかさが薄れてかわいい方向に振っているのがいい。
キャスト
78年の主要メンバーが総出演。
脚本ではないリアルな時間の流れを感じさせてくれる。
さらに主役の女の子がやたらキュートである。
均整が取れた美人なんだけど、変にグラマーでもないし。
この辺のさじ加減は美少女アニメのディズニーならではか。
映像
ブルーレイを4Kテレビで観た。
非の打ち所のない高画質、立体感。
砂漠のシーンの立体感がすごいと思う。
さらに、宇宙船のシーンもディテールがきっちり再現されていて
実際に手元にあるモデルと見比べてしまった。
音声
ルーカスとディズニーの組み合わせで悪いはずもないのだが
一つ一つの音がきっちり描ききれているのは当たり前。
それよりも変に誇張していない、あくまでも自然なんだな。
このさじ加減が素晴らしい。
------
私の近しい人達が映画館に2度3度行ったという理由がよくわかった。
いろいろな意味でよく出来た映画なのである。