読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクションカメラ、小型カメラ

アクションカメラという小型カメラが売れているという。
よくバラエティタレントがヘルメットにつけているカメラだ。
一昔前には画質が悪くて実用に耐えられないか、
テレビ局で使うような高価なものしかなかったのだけど
スマホカメラの進化にともなって一気に高性能化、低価格化した。
ドローンにつけて、という使い方も有名だし
クルマにはドライブレコーダーとして普及している。
さて、動画カメラの歴史をさかのぼってみよう。
昭和45年頃、まだ家庭用ビデオがなかった時代、
プロ用ビデオテープとして通称弁当箱、シブサンと呼ばれる
最初の(??)カセットタイプのビデオテープができる。
(家庭用とうたっていたようだが)
後に高画質のVHSなどが出てきても、シブサンの画質は良かったな。
これを使ったでかいデッキとケーブルで繋がれたカメラが
最初のビデオムービーカメラになるのだろうか。
あまりの重さに肩掛けはあきらめてカートで引きずって歩いた。
マイクも別なので、よく見るテレビの取材みたいな感じだ。
昭和50年頃ソニーのベータ、松下ビクターのVHSが発売され
いよいよ家庭用のビデオ時代になる。
それでもビデオカメラは相変わらずセパレートタイプ。
それでも何とか肩掛けが可能になったけど。
そして、昭和60年ごろにソニーからベータムービー。
テープからカメラ、バッテリーまでオールインワンで片手で持てる。
この機械を孫が生まれるからと父親が購入すると言い
私が安く購入した記憶がある。定価で25万円以上した。
父は孫を撮影だが、私は旅行に持ちだしたりしていた。
平成に入る頃になると、さらに小型化を求めてテープの規格を変える。
VHS-Cや8ミリムービーが発売、いよいよ戦国時代になる。
私はS-VHSムービー、8ミリ、そしてデジタル記憶ができる8ミリを購入した。
そして、平成20年ごろから記憶媒体がSDカードになって
手のひらに収まるようなカメラが登場。
そして、同時にアクションカメラ、ドライブレコーダーが普及するに至る。
我が家は去年最後となるだろう、SD記録タイプのムービーカメラを購入した。
が、嫁さんはスマホのカメラで動画を撮る。
スマホは撮った映像を整理編集が容易なので仕方がない。