さすがチャイナ

台風は奄美地方から動き出し、これまでの予測を全てはずし
九州をかすめて、四国もほぼかすめて東進している。
現在室戸岬あたりにいるはずだ。
さて、レーダーを見る。
台風を避けて、と思っていたら1機だけ台風の中心に向かってている。
中国機、チャイナイースタンと表示されている。
成田行きなんだけど、遠回りしたくないようだ。
高度は11200m。
台風の積乱雲の低いところを選んで飛んでいるのか。
それにしても、相当揺れていると思うが。
さすが、中国人は勇敢である。

台風の進路予想


まだ、鹿児島の本土と屋久島の間をウロウロしている。
形は崩れてはきたが、目がはっきりしていて勢力は強い。
さらに、テレビでは台風の直接的なことしか言わないが
毎年豪雨災害を起こす線状降水帯がはっきり現れている。
もう1つ
8月の台風の特徴だが迷走、速度も遅い。
したがって、予測が大変難しい。
難しいのはわかっているが、だからといって進路予想の範囲が
半径500キロというのはバカにしている。
気象庁は世界有数の高級なコンピュータを使っているという。
それでも進路予想が難しい。
ところが、それを科学者の確率論に基づいて結果をそのまま公表するもので
1000キロの範囲のどこか、という予想なんだが。
それなら幼稚園生でもできる予想、つまり意味がない。
降水確率40%、降れば当たった、降らなければ当たった、となる。
確率論は科学者の中での話で、実際の天気予報での確率論は逃げや保身に過ぎない。
今回の台風。
数日前の進路予想は長崎県をかすめるように日本海へ、というルート。
ところが日を追うごとに南にずれて、昨日の鹿児島市あたりで上陸という予想も外している。
確率論に基づく予報円の一番端っこを進んでいるような感じだ。
これで気象庁は仕事をしたことになるのだろうか。
台風直撃と思っていた長崎の人には大外れである。
気象災害は一度起きれば多くの人命を奪う。
だからこそ、高級な公務員の彼らは保身のためにいろいろな小細工をして
外れていない、と言いたいのだろう。
個人的には、進路予想は昔のように線一本でいい。
補足説明として予報円を示して予測が難しいとコメントしたほうが親切だろう。

ブラタモリやらない

ブラタモリの代わりに昭和の歌謡ショー。
昭和は60年もあったわけで。
どの辺をターゲットにするか。
今のところ山本リンダ辺見マリ
昭和40年代。
1970年に20代のぴちぴちだったとすれば
2017年だから47年が経っているわけで。
当然それだけ歳を取っているわけで。
70歳のおばあさんの色っぽい曲を見聴きしても
懐かしいというよりびみょーな感じになる。
もう1つ
外ではドーンと花火の音が聞こえる。
私の住む地域の花火大会が2ヶ所で行われている。
先週の隅田川の花火は雨だったが、今日は天気が良かった。
ただし、今屋上で小さく見える花火を見たが、蒸し暑くて。
エアコンの部屋でテレビか音楽を聞いている方がいい。
後輩が河川敷で花火を見ていると画像入のメッセージ。
世の中は好きな人のほうが多いらしい。

台風停滞


台風が奄美で停滞している。
少しずつは北上しているようで奄美大島は一段落したとニュースで。
飛行機はどうかと言えば
昨日から奄美地方の空港はほぼ閉鎖。
当然大型台風を避ける形で周辺に航空機はない。
それでも果敢に外周の雲スレスレに飛ぶ飛行機がある。
台風は左回りの風が吹くから東側は強い向かい風になるので避ける。
とすれば西側を通るのが近道。
普段は奄美地方の南側を通る那覇行きが珍しく宮崎鹿児島の上空を通って
奄美地方の北側を通って那覇に向かっている。
右側の席の人は四国や九州の景色が見られてラッキーである。
ただし、雲が多くて地上の景色は期待できないかも。
さらに左側の席の人は台風の巨大な積乱雲を目の当たりにできる。
これは貴重な体験、ぜひとも機窓からの景色を写真におさめるべきだな。
ちなみに昼前から羽田アプローチが南風荒天ルートになった。
東京湾に雨雲は出ていないようだが。
気温が上がり湿度も高く視界が悪くなっているせいか。

まだ来ない


腹の調子が悪く夜中に目覚めてトイレへ。
台風の状況はどうかとNHKを見てしまう。
ニュースはやっていなかったが「ひよっこ」の総集編をやっている。
眠いなあと思いつつ、お父さんが失踪する前から峰子が集団就職して
都会で苦労するところまで思わず観てしまった。
かすみちゃんはキュートでついつい見入ってしまう。
肝心の台風の情報をとパソコンを起動して見てみる。
驚いた、同じ範囲の地図なのに同じ場所に台風はいた。
時刻をみると8時間ほぼ動いていない。
南西側の島は長い時間豪雨となっているようだ。
目はやや小さくなり積乱雲の厚みも増して勢力が強くなっている感じだ。

来た


バランスの良い形の渦を巻きながら台風が近づく。
九州北部豪雨災害から1ヶ月というニュースを見たが
改めて見てもすごい被害であった。
私は当時、死者が少ない、とニュース記事を見てコメントしたが
それは大きな間違いだった。
40人近い死者が出る災害となってしまった。
広島の豪雨災害でも感じたことだが、被災地は決して急峻な山間部ではない。
それほど高くない里山、裏山という感じ。
時間雨量100ミリの豪雨が数時間も続いたということ。
その水のエネルギーの大きさは計り知れない。
今度の台風でさらに被害が広がらないことを願うのみ。

今日のミニオンズ


いざとなれば女のほうが執念深い。
今回は嫁さんの無駄遣いである。
いつも行くスーパーの食玩コーナーで売れ残り安売りするのを待っていたという。
ガチャガチャより値段は高いがフィギュアのデキはいい。